1.概要

この簡単なチュートリアルでは、IntelliJ IDEAの「自動インポート」機能の各オプションについて説明します。

2.自動インポート

IntelliJ IDEAには、

設定>エディタ>自動インポート

で設定できるオプションがいくつかあります。

/uploads/import1-100×27.png%20100w

これらの各オプションを見てみましょう。

2.1. インポートポップアップを表示

有効にすると、IDEAはコード内のクラス参照に下線を引き、追加するインポートを提案します。

リンク:/uploads/import2-100×38.png%20100w[]

選択肢がいくつかある場合、Ideaは選択肢のリストからインポートを選択させます。

/uploads/import3-100×21.png%20100w

2.2. その場で輸入を最適化

これにより、IDEAは未使用のインポートを自動的に削除し、[コードスタイル]設定に従って他のものを並べ替えます。

2.3. 明白なインポートをその場で追加

また、インポートが必要なクラスへの参照を追加するときにインポートを自動的に追加する方法もあります。

2.4. 静的メソッドとフィールドのインポート候補を表示

最後のオプションでは、統計のインポートポップアップ機能を有効にします。

ただし、([インポートポップアップを表示]なしで)このオプションのみを有効にしても、クラスのインポート候補は有効になりません。

/uploads/import4-100×9.png%20100w

3.まとめ

クラス内のインポートを完全に制御することを好む開発者もあれば、この技術的なタスクを処理するためにIDEに依存する開発者もいます。

どちらもIntelliJ IDEA IDEが持っているさまざまな設定オプションから恩恵を受けるかもしれません。