1.概要

優れたIDEは開発者の生産性にとって重要です。 IntelliJは現在、主要なIDEの1つであり、多くのプログラミング言語をサポートしています。

このチュートリアルでは、Javaプログラミング言語に焦点を合わせて、IntelliJのいくつかの基本構成から始めます。開発者の生産性を向上させるためのIntelliJの最も一般的なショートカットも記載します。

2. IntelliJをインストールする

まず、https://www.jetbrains.com/help/idea/install-and-set-up-product.html[私たちのプラットフォーム用にIntelliJをダウンロードしてインストールします]。これから取り上げる機能については、UltimateまたはCommunityエディションのどちらでも大いに役立ちます。

3. IntelliJの基本プロジェクト構成

3.1. JDKの設定

ただし、

Java開発を行うには、JDKを使用してIntelliJを構成する必要があります。

グローバルにもプロジェクトごとにも構成できます。

まず、

__Switch IDE Boot JDK

__オプションを使用してグローバルJDKを設定する方法を見てみましょう。

Switch IDE Boot JDKオプションを見つける最も簡単な方法は、「アクションの検索」ウィザードを使用することです。

[ヘルプ]メニューから、または

Ctrl Shift A

または


_Cmd Shift A .

_





と入力することで、そこにアクセスできます。

次に、新しいJavaプロジェクトを作成します。

3.2. Javaプロジェクトの作成

新しいJavaプロジェクトを作成するために、

File→ New→ Project

から


New project wizard ** を起動しましょう。

リンク:/uploads/Intellij__new-project.jpg[]

次に、単純なJavaプロジェクトを作成するために

Java

を選択します。

さらに、このウィンドウでは、必要に応じてプロジェクト固有のJDKを設定できます。

次の画面では、IntelliJは開始点として

Hello World

のようなテンプレートプロジェクトを提供しますが、Finishを選択して始めましょう。

基本的なプロジェクト構造が完成したので、

src

フォルダーを選択して右クリックするか、または

Alt Insert

と入力してJavaクラスを追加します。このメニューから「__Javaクラス」を選択し、名前を付けるためのダイアログを表示します。

3.3. ライブラリの設定

Javaプロジェクトは通常、多くの外部またはサードパーティのライブラリに依存しています。

Maven

とhttps://www.baeldung.com/gradle[Gradle]は、これを管理するための典型的な方法ですが、** 方法を見てみましょうこれは本来IntelliJで使用されています。

JDKの設定と同様に、


グローバルレベルとプロジェクトレベルでライブラリを設定することもできます。


グローバルライブラリはすべてのプロジェクトで共有されています。プロジェクト構造ダイアログ(

File→ Project Structure





にアクセスすると、グローバルライブラリとプロジェクト固有のライブラリの両方を追加できます。

ライブラリを追加するには、まずダウンロードする必要があります。通常、外部ライブラリの共通のソースはMavenリポジトリです。したがって、IntelliJでは、事前に設定されたMavenリポジトリから直接ダウンロードすることができます。そしてもちろん、

リポジトリが設定されていなければ、

**

Maven Central

を検索します。

IntelliJは____commons-lang3.jarを指定のフォルダにダウンロードします。それとともに、プロジェクトのクラスパスにも追加されます。

もちろん、この方法でライブラリを追加することはIntelliJ特有であり、より堅牢なオプションほど移植性がないことを忘れないでください。ただし、単純なプロジェクトには便利です。

次のセクションでは、このライブラリを使って簡単なJavaプログラムを実行します。

4.アプリケーションの実行またはデバッグ

4.1. 実行/デバッグ構成

Javaプログラムを実行する前に、先ほど追加したクラスにコードを追加しましょう。追加したライブラリを使用して

__StringUtils.reverse()

__を呼び出し、プログラムの引数として指定されたテキストを元に戻します。

System.out.println(StringUtils.reverse(args[0]));

今、IntelliJでこのメインメソッドを実行するための2つのアプローチがあります。

まず、メインクラスから

__Ctrl + Shift + F10


または

Control + Shift + R/Dを実行します。 ** IntelliJは一時的な実行設定を作成します。

ただし、プログラム引数として

__String


をアプリケーションの


StringReversal


アプリケーションに渡す必要があるため(


args[0]

__部分)、一時的な実行構成は機能しません。

それで、恒久的な

Run/Debug Configuration

を作成できます。

[ナビゲーションの実行]バーの[

設定の編集

]ウィンドウ(

Run→ Edit Configurations

)を使用して行います。

ここでは、__Main Classで実行するクラスの名前を指定します。

これが機能するには、メインメソッドが必要です。

この場合は

String、



baeldung







Program Argument

としてアプリケーションに渡します。

ここではデモを行いませんが、アプリケーション用にJVMオプションと環境変数も設定できます。

一時的な実行設定とは反対に、IntelliJはこの設定を保存し、ボタンをクリックするだけでいつでも実行することができます。


4.2. Javaアプリケーションのデバッグ

IntelliJは多くの言語をデバッグするための素晴らしいサポートをしています。例として、

__String Reversal

__utilityをデバッグしましょう。

ほとんどのIDEと同様に、サイドパネルをクリックして、エディタからクラスの任意の行にブレークポイントを追加できます。

これで、Run/Debug設定からdebugアイコンをクリックしてクラスをデバッグできます。

この場合、プログラムは上記のように9行目で中断されます。

この時点で、

Step Into



F7



StringUtils.reverse()

method


_、Step Over




F8

)行、または

Resume Program



F9_

)のいずれかを実行できます。つまり、次のブレークポイントまで、またはアプリケーションの最後まで実行します。

通常、ほとんどのIDEでは、ユーザーがJavaクラスの行をブレークポイントとしてマークします。さらに、** IntelliJを使用すると、単なる改行ポイント以外の設定も可能になります。


  • Temporary Breakpoint –

    一度だけ実行される改行ポイント


  • Exceptionブレークポイント–

    Javaのあらゆる例外クラスのブレークポイント。

その例外がスローされようとしているときにデバッガは一時停止します。
**

メソッドブレークポイント–

に入るとき、または出るときに実行されるもの。

方法
**

Field Breakpoint –

そして、フィールドが変更されたときに実行されるもの

ブレークポイントも条件付きロジックを持つことができます。


Breakpoints

ダイアログ

Run→ View Breakpoints



Ctrl Shift F8

または

Cmd Shift F8

)でプロジェクト内のすべてのブレークポイントを表示および設定できます。

4.3. 建物のアーティファクト

すべての問題をテスト、デバッグ、および修正したので、アプリケーションを出荷する準備が整いました。そのため、アプリケーション用にデプロイ可能なバイナリを作成する必要があります。

  • IntelliJで展開可能な.jarバイナリを自動的に作成できます。 **

まず、

プロジェクト構造



Ctrl Alt Shift SまたはCmd;

)で、新しい成果物を宣言する必要があります。


「アーティファクト」

を選択してから、プラスボタンをクリックします。

次に、JAR成果物を選択し、JARに依存関係も追加します。


https://www.baeldung.com/uploads/Intellij


artifacts-1-100×54.jpg%20100w[]

/uploads/Intellij


artifacts.jpg

次に、[Run/Debug Configuration]ダイアログに戻ります。

そこで、Before LaunchウィンドウにBuild Artifactタスクを追加する必要があります。

その結果、Run/Debug設定を実行するたびに、新しい実行可能ファイル

jar

がアプリケーション用に作成されます。

  • この場合も、成果物の作成はIDEに依存しません** このメカニズムはIntelliJに固有のものです。依存関係管理について説明したのと同様に、ビルド管理ツールを使用することをお勧めします。

5. IntelliJの一般的なショートカット

ショートカットは、開発者の生産性を向上させる上で非常に便利です。以下は最も一般的なもののための簡単なチートシートです。

5.1. ナビゲーション


  • 検索クラス –

    Ctrl N/Cmd O



  • すべてのファイルを検索 –


    ダブルシフト


  • 最近のファイル –

    Ctrl + E/Cmd + E


  • ファイルを切り替える –

    Ctrl + Cmdタブ



  • タイプ階層 –


    Ctrl H/Control H


  • 階層の呼び出し –

    Ctrl Alt H/Ctrl Alt H


  • ファイル構造のポップアップ –

    Ctrl F12/Cmd F12(すべてのメソッドと

フィールド)


宣言に移動 – ** Ctrl B/Cmd b


  • 実装へ行く –

    Ctrl Alt B/Cmd Alt B


  • プロジェクト構造の表示 –

    Ctrl Alt Shift S/Cmd。

5.2. 編集者


  • コード補完 –

    Ctrlスペース/コントロールスペース


  • メソッドパラメータ情報 –

    Ctrl P/Cmd P


  • メソッド/クラス文書情報 –

    Ctrl Q/Control J


  • コードの再フォーマット –

    Ctrl Alt L/Cmd Alt L


  • インポートの最適化 –

    Ctrl Alt O/Control Alt O


  • 二重線 –

    Ctrl D/Cmd D


  • 行を削除 –

    Ctrl Y/Cmd Delete


  • コード選択 –

    Ctrl W/Alt Up


  • クイックアクションを表示 –

    Alt Enter/Alt Return



  • System.out.println




    sout

    Ctrl Enter/

    sout

    コントロール

スペース



public static void main

– **

psvm

Ctrl入力/

psvm

コントロール

+スペース


System.out.println __メソッドの戻り値** –


methodName()。sout[Enter]



メソッドの戻り値をローカル変数に代入** – __methodName()。var

[Enter]__

5.3. リファクタリング


  • クラス/メソッド名の変更 –

    Shift F6


  • 抽出方法 –

    Ctrl Alt M/Cmd Alt M


  • 変数の抽出 –

    Ctrl Alt V/Cmd Alt V


  • 抽出フィールド –

    Ctrl Alt F/Cmd Alt F


  • 定数の抽出 –

    Ctrl Alt C/Cmd Alt C


  • 抽出パラメーター –

    Ctrl Alt P/Cmd Alt P

6.まとめ

この記事では、IntelliJのいくつかの基本構成について説明しました。

例として、Javaプロジェクトの作成、ライブラリーの追加、デバッグ、および成果物の作成をすべてIntelliJで行いました。

最後に、一般的なアクションのショートカットを調べました。