1概要

この簡単なチュートリアルでは、Javaで円の面積を計算する方法を説明します。

よく知られている数学式である

r ^ 2 ** PI

を使用します。

2.円の面積計算方法

まず計算を実行するメソッドを作成しましょう。

private void calculateArea(double radius) {
    double area = radius **  radius **  Math.PI;
    System.out.println("The area of the circle[radius = " + radius + "]: " + area);
}

2.1. コマンドライン引数として半径を渡す

これでコマンドライン引数を読み、面積を計算することができます。

double radius = Double.parseDouble(args[0]);
calculateArea(radius);

プログラムをコンパイルして実行すると、

java CircleArea.java
javac CircleArea 7

次のような出力が得られます。

The area of the circle[radius = 7.0]: 153.93804002589985

2.2. キーボードから半径を読む

半径値を取得するもう1つの方法は、ユーザーからの入力データを使用することです。

Scanner sc = new Scanner(System.in);
System.out.println("Please enter radius value: ");
double radius = sc.nextDouble();
calculateArea(radius);

出力は前の例と同じです。

3.サークルクラス

セクション2で見たように面積を計算するメソッドを呼び出すことに加えて、円を表すクラスを作成することもできます。

public class Circle {

    private double radius;

    public Circle(double radius) {
        this.radius = radius;
    }

   //standard getter and setter

    private double calculateArea() {
        return radius **  radius **  Math.PI;
    }

    public String toString() {
        return "The area of the circle[radius = " + radius + "]: " + calculateArea();
    }
}

いくつか注意する必要があります。まず第一に、面積は半径に直接依存しているので変数として保存しないでください。そうすれば簡単に計算できます。次に、面積を計算するメソッドは

toString()

メソッドで使用されるため、プライベートです。 **

toString()

メソッドは、クラス内のどのパブリックメソッドもオーバーライドされる可能性があり、それらの動作が予想される動作とは異なる可能性があるため、呼び出すべきではありません。

Circleオブジェクトをインスタンス化することができます。

Circle circle = new Circle(7);

出力は、もちろん、以前と同じになります。

4.まとめ

この簡潔で簡潔な記事では、Javaを使用して円の面積を計算するさまざまな方法を示しました。

いつものように、完全なソースコードはhttps://github.com/eugenp/tutorials/tree/master/core-java[over on GitHub]にあります。