1前書き

私たちのコードが実行されているOSを把握する方法はいくつかあります。

この短い記事では、JavaでOSの検出を行うことに集中する方法について説明します。


2実装

1つの方法は、

System

.

getProperty(os.name)

を使用してオペレーティングシステムの名前を取得することです。

2番目の方法は、

Apache Commons Lang

APIの

SystemUtils

を利用することです。

両方を見てみましょう。


2.1. システムプロパティの使用

OSを検出するために

System

クラスを利用することができます。

それをチェックしよう:

public String getOperatingSystem() {
    String os = System.getProperty("os.name");
   //System.out.println("Using System Property: " + os);
    return os;
}


2.2.

SystemUtils

– Apache Commons Lang

Apache Commons Langによる

SystemUtils

は、もう1つの人気のあるオプションです。そのような詳細を適切に処理するのは素晴らしいAPIです。

__SystemUtilsを使ってOSを調べましょう。

public String getOperatingSystemSystemUtils() {
    String os = SystemUtils.OS__NAME;
   //System.out.println("Using SystemUtils: " + os);
    return os;
}


3結果

私たちの環境でコードを実行しても同じ結果が得られます。

Using SystemUtils: Windows 10
Using System Property: Windows 10


4結論

このクイック記事では、JavaからOSをプログラム的に検索/検出する方法を説明しました。

いつものように、この記事のコード例はhttps://github.com/eugenp/tutorials/tree/master/core-java[over on GitHub]にあります。