1.概要

文字列の書式設定とテキスト出力の生成は、プログラミング中によく起こります。多くの場合、出力をフォーマットするために文字列に新しい行を追加する必要があります。

改行文字の使い方を説明しましょう。

2.文字列に新しい行を追加する

オペレーティングシステムには、新しい行の始まりを示すための特殊文字があります。たとえば、Linuxでは


、新しい行は「

\ n」と表示されます。

Windowsでは、改行は“


\ r \ n” __ を使用して表されます。

  • Javaで新しい行を追加するのは、文字列の最後に「

    \ n」

    、「

    \ r」

    、「


    _ \


    r

    _

    \ n」を含めるのと同じくらい簡単です。

2.1. CRLF改行の使用

この例では、2行のテキストを使用して段落を作成します。

具体的には、

line2



line1

の後の新しい行に表示します。

Unix/Linux/新しいMacベースのOSでは、「__ \ n」を使用できます。

String line1 = "Humpty Dumpty sat on a wall.";
String line2 = "Humpty Dumpty had a great fall.";
String rhyme = line1 + "\n" + line2;

WindowsベースのOSを使用している場合は、「__ \ r \ n」を使用できます。

rhyme = line1 + "\r\n" + line2;

古いMacベースのOSでは、“ __ \ r”を使用できます。

rhyme = line1 + "\r" + line2;

新しい行を追加する3つの方法を示しましたが、プラットフォームに依存するのは残念です。

2.2. プラットフォームに依存しない改行の使用

コードをプラットフォームに依存しないようにする場合は、システム定義の定数を使用することもできます。

たとえば、

System.lineSeparator()

を使用して行区切りを指定する

rhyme = line1 + System.lineSeparator() + line2;

  • あるいは、

    System.getProperty(“ line.separator”)

    :** を使用することもできます。

rhyme = line1 + System.getProperty("line.separator") + line2;

3. HTMLに新しい行を追加する

HTMLページの一部である文字列を作成しているとします。 ** その場合は、HTMLのbreakタグ

<br>

。を追加できます。

  • Unicode文字も使用できます。

改行するためにいくつかのHTML要素で

“ \ n”

を使うこともできます。

全体的に見て、HTMLで改行する方法は3つあります。使用しているHTMLタグに応じて、どちらかを使用することを決定できます。

3.1. HTMLブレークタグ

改行にはHTMLのbreakタグ

<br>

を使用できます。

rhyme = line1 + "<br>" + line2;

改行するための

<br>

タグは、

<body>



<p>



<pre>

などのほとんどすべてのHTML要素で機能します。ただし、

<では機能しないことに注意してください。 textarea>

タグ

3.2. 改行文字

テキストが

<pre>

または

<textarea>

タグで囲まれている場合は、改行するために__ \ nを使用できます。

rhyme = line1 + "\n" + line2;

3.3. Unicode文字

改行するには、Unicode文字

“&#13;”

(キャリッジリターン)と

“&#10;”

(改行)を使用できます。たとえば、

<textarea>

タグでは、次のいずれかを使用できます。

rhyme = line1 + "&#10;" + line2;
rhyme = line1 + "&#13;" + line2;


<pre>

タグの場合、以下の両方の行が機能します。

rhyme = line1 + "&#10;" + line2;
rhyme = line1 + "&#10;&#13;" + line2;

4.まとめ

この記事では、Javaで文字列に改行文字を追加する方法について説明しました。

また、

System.lineSeparator()

および

System.getProperty(“ line.separator”)

を使用して、改行用のプラットフォームに依存しないコードを記述する方法も説明しました。

そして最後に、HTMLページを生成する場合に備えて、改行を追加する方法をまとめました。

このチュートリアルの完全な実装はhttps://github.com/eugenp/tutorials/tree/master/java-strings[over on GitHub]にあります。