昨年の初めに、私は自分の読書習慣を追跡し、Baeldungで** ここで最高のものを共有することにしました。それ以来、レビューを逃していません。

  • さあ…​**


1 SpringとJava



>> Spockでユニットテストを書くフレームワーク:仕様の紹介、パート3


[t]

この記事はSpockを使ったテストを探求し続けていますが、今回は仕様を詳しく調べます。

Javaの

Unsafe

で何が起こっているのかについての短い更新

9


How to Support Java 6, 8, 9 in a Single API


単一のAPIでのJava 6、8、9

][]

パブリックAPIで複数のJavaバージョンをサポートするための非常に興味深いアプローチ。あなたがパブリックAPIを構築または維持しているなら – 確かにチェックする価値があります。

そして、あなたがマーケティングに興味があるのであれば、副次的に、これはあなたがあなたの製品をサポートするコンテンツを作り出す方法について賢くなる良いピースです。



> > Hibernateの割り当てられたジェネレータをシーケンスまたはIDカラムと組み合わせる方法


[]
  • エンティティのアイデンティティは、単に

    @ Id

    をタップして1日で呼び出すよりもはるかに複雑です。

読む価値もあります:

ウェビナーとプレゼンテーション:

アップグレードする時期:


2テクニカル



>>賢明な突然変異テスト:続行しないでください殺しまくる


[]

ミューテーションテストにより、

コードカバレッジである偽のメトリックは

わずかに偽になります。セットアップは簡単なので、ぜひ試してみてください。



>>ゴールデンマスターテストを書かない方法


[]

いつものように、十分にテストされた、変更が容易なシステムにたどり着くことの複雑さへのしっかりとした深い掘り下げ

おもしろくて確かに役に立つ

DDoS攻撃がどのように機能するか

、ターゲットが通常どのように選択されるか、そしてあなたがそれについて何ができるかについて見てください。

ヒント – 適切なログ記録は、パターンを早期に確認するのに役立ちます。それに反応する – まあ、それが起こっていることを知ることほど簡単ではありません。



>>コーディング標準を使うべきですか?


[]

私は、誰かに何かを納得させようとしていたところで、コーディングの標準的な議論(「議論」と呼びましょう)を公平に共有しています。

これは決して楽しいことではなく、ほとんど常に非生産的なので、今は別の方法でこの問題に取り組む傾向があります(ヒント – 私は初期の頃よりずっと柔軟です)

この記事では、そのプロセスのいくつかについて説明し、チームがコーディング標準を引き出す際に

利用して

使用できる非常に良い点をいくつか示します。

読む価値もあります:


3黙想



>> The Majestic Monolith


[]

モノリスは悪いラップを持っています。モノリスがどこでより理にかなっているのか、そしてどの種類のシステムがマイクロサービスアーキテクチャを本当に必要としているのかを理解することは本当に重要です。

その早い決断はあなたがする必要があるところに到達するためにあなたに何ヶ月もの余分な開発作業を節約する明らかな可能性を持っています。



>>有効なコードレビューのための前提条件


[]

コードを見直そうとする試みはたくさんあります。前向きな、学習に適した便利なコードレビュー文化** は、ほとんどありません。

そしてそれは、そのプラクティスがうまく機能するためにはいくつかのものが整っていることを必要とするからである – それは確かにそうです。



>>私の賭けを忘れました:PCは違います死んだ…​まだ


[]

一般的なハイテク業界がどれほど速く前進しているかについてのいくつかの楽しみが読みます。



>>ソフトウェアのデプロイ方法


[]

これは投稿ではなく、小さな本です🙂

それはまた、あなたの作品をそこに出してうまくやるために必要なことについての、知的で、はっきりと書かれた記事です。

「展開時のストレス」(実際の病状)を取り除き、製造に行くときの10倍の寒さ要因を取り除くためにだけ読んでおく価値があります。



>> InfrastructureAsCode


[]

DevOpsの世界ではよく知られている方法であり、うまくいけばそれ以外でも同様です。

私は、この記事が前のシリーズと同じように成長し続けることを期待しています。これは、非常に興味深いEvolving Publicationの概念に従ったものです。

読む価値もあります: