1前書き

このチュートリアルでは、JBossアプリケーションサーバを起動および停止する方法について説明します。

まず、このサーバーの動作モードを調べます。さらに、これらの各動作モードでサーバーを起動および停止する方法についても説明します。

  • JBossはRedHatによって開発されたオープンソースhttps://www.baeldung.com/java-servers[application server]であり、現在はWildFlyとして知られています。/downloads/[WildFly Webサイト]。

このサーバーを2つの異なるモードで操作できます。ただし、これらのモードの主な違いはサーバーの管理にあります。


2 JBossスタンドアロンサーバー

  • このモード** では、各スタンドアロンサーバーインスタンスは独立したプロセスです。そのため、これらの各サーバーを個別に管理する必要があります。

言い換えれば、** マルチサーバー構成が必要な場合には、スタンドアロンサーバーの複数のインスタンスを起動できます。

ただし、各サーバーに個別にアプリケーションをデプロイする必要があります。


2.1. 設定と設定

スタンドアロンの起動スクリプト、すなわちOSX/Linux用の

standalone.sh

とWindows用の

standalone.bat

は、


  • standalone.conf/standalone.conf.bat

    :のJVM設定を定義します。

スタンドアロンサーバーインスタンス
**

standalone.xml

:サーバーのデフォルト設定を定義します。


$ JBOSS

HOME/standalone/configuration__にあります。

JBossは同じディレクトリにいくつかの代替設定も提供します。


  • standalone-ee8.xml

    :__standalone.xmlと同じ、ただしEE8

有効なテクノロジ
**

standalone-ha.xml

:Java Enterprise Edition 7 Webプロファイル認定

高可用性を備えた構成
**

standalone-full.xml

:Java Enterprise Edition 7のフルプロフィール

必要なすべてのEE 7テクノロジーを含む認定構成
**

standalone-full-ha.xml

:Java Enterprise Edition 7のフルプロフィール

高可用性を備えた認定構成


2.2. サーバーの起動

OSX/Linuxの端末またはWindowsのコマンドプロンプトを開き、

$ JBOSS

HOME/bin__ディレクトリに移動します。

さらに、次のコマンドを実行して、デフォルト設定でスタンドアロンサーバーを起動します。

standalone.sh

OSX/LinuxまたはWindowsの場合

standalone.bat

同様に、次のコマンドを実行して、スタンドアロンサーバーを代替構成、たとえばEE8機能で起動することができます。

standalone.sh --server-config=standalone-ee8.xml

OSX/LinuxまたはWindowsの場合

standalone.bat --server-config=standalone-ee8.xml

さらに、起動が成功したかどうかを確認するには、ブラウザを開いて


http://localhost:8080/


に移動します。デフォルトのWildFlyウェルカムページが表示されます。


2.3. サーバーを停止する

サーバーを停止するには、単に「CTRL C」を押すだけです。

さらに、

jboss-cli

は、サーバーの実行中のインスタンスにコマンドを発行するために利用できます。たとえば、サーバーをシャットダウンするのに使用できます。

新しい端末またはコマンドプロンプトを開いて実行しましょう。

./jboss-cli.sh --connect command:shutdown

OSX/LinuxおよびWindowsの場合

./jboss-cli.bat --connect command:shutdown


3管理ドメインサーバー

  • このモードでは、単一のコントロールポイントからサーバーの複数のインスタンスを管理できます** これらのサーバーは論理的に単一ドメインのメンバーです。ここでは、単一のドメインコントローラプロセスが中央管理制御点として機能します。

デフォルトでは、JBossはサーバーのインスタンスをいくつか提供します。これらのインスタンスは

$ JBOSS

HOME/domain/servers__ディレクトリにあります。


3.1. 設定と設定

ドメイン起動スクリプト(OSX/Linuxの場合は

domain.sh

、Windowsの場合は

domain.bat

)は次のものを使用します。


  • domain.conf/domain.conf.bat

    :のJVMプリファレンスを定義します。

ドメイン下のサーバー
**

domain.xml

:ドメインの設定を定義します。見つけられる


$ JBOSS

HOME/domain/configuration__の下にあります。

さらに、これらのサーバーを操作するためのカスタム構成を、スタンドアロンサーバーの代替構成と同様に定義できます。


3.2. サーバーの起動

管理対象ドメインでサーバーを起動するプロセスは、スタンドアロンサーバーと同じです。ただし、

standalone.sh/domain.batではなく、

domain.sh/domain.bat__を使用します。

その結果、これは単一ドメインの下で複数のサーバーインスタンスをスピンアップします。


3.3. サーバーを停止する

すべてのサーバーを停止するには、単に「CTRL + C」を押すだけです。さらに、

jboss-cli

を使用して特定のサーバーを停止できます。

新しい端末またはコマンドプロンプトを開いて実行しましょう。

jboss-cli.sh --connect

OSX/LinuxまたはWindowsの場合

jboss-cli.bat --connect

現在、ドメインコントローラに接続しています。ここでは、サーバーの複数のインスタンスにコマンドを発行できます。たとえば、このドメインの下にあるすべてのサーバーを表示するには、次の手順を実行します。

----/host=master:read-children-names(child-type=server-config)
----

同様に、サーバーの特定のインスタンスを停止するには、以下を実行します。

----/host=master/server-config=<server-name>:stop
----

したがって、このサーバーのステータスを確認できます。

----/host=master/server-config=<server-name>:read-resource(include-runtime=true)
----


4結論

このショートガイドでは、さまざまな設定でアプリケーションサーバーを起動および停止する方法について説明しました。

さらに読むために、https://www.baeldung.com/jboss-war-deploy[JBossアプリケーションサーバー上に

war

ファイルをデプロイする]のプロセスを説明する記事があります。