1.はじめに

このチュートリアルでは、warファイルをJBossサーバーにデプロイする方法を見ていきます。

手動で、またはEclipseから直接ファイルを適切なディレクトリに配置することによってwarファイルをデプロイできます。

2. WARファイルを手動でデプロイする

warファイルがすでにあり、それをJBossにデプロイしたい場合は、** standalone/deployments__のJBossインストールディレクトリに移動して、そこにファイルを貼り付けることができます。

展開が機能するモードは2つあります。


  • manual:

    デプロイメントスキャナーは直接監視しようとしません

展開フォルダ代わりに、スキャナはマーカーファイルに依存しています。ユーザーがマーカーファイルを追加することは、スキャナーにコンテンツを展開するように指示する一種のコマンドとして機能します。


  • auto:

    スキャナはデプロイメントフォルダを直接監視します。

新しいコンテンツを自動的にデプロイし、タイムスタンプが変更されたコンテンツを再デプロイする。

設定ファイル____standalone.xmlでモードを指定できます。

<deployment-scanner
  name="default"
  path="deployments"
  scan-enabled="true"
  scan-interval="5000"
  relative-to="jboss.server.base.dir"
  auto-deploy-zipped="true"
  deployment-timeout="60"/>

デフォルトでは、値は

true

です。そのため、warファイルを配置フォルダーに配置すると、自動的に配置されます。 JBossは

.deployed

マーカーファイルを自動的に作成します。これはコンテンツがデプロイされたことを示します。

ただし、新しいwarファイルをdeploymentフォルダーにコピーする前に以前のデプロイメントを削除すると、JBossはデプロイメントが削除されたことを示す

.undeployed

マーカーファイルを作成します。その場合は、展開を開始するためにマーカーファイルを手動で削除する必要があります。


auto-deploy-zipped

の値が

false

に設定されている場合は、デプロイメントを開始するために

.deployed

マーカーファイルを手動で作成する必要があります。

3. Eclipseを使ってデプロイする

Eclipseで動的Webプロジェクトを作成し、JBossサーバーを追加してから、サーバー上で実行するようにアプリケーションを設定することができます。内部的には、Eclipseはアプリケーションのwarファイルを作成し、それをJBossディレクトリに配置します。

index.html

ファイルを作成し、それを指すように

__welcome-file


in


web.xml

__を設定できます。

アプリケーションが正常にデプロイされたかどうかをテストするには、Webブラウザを起動して次の形式でURLにアクセスします。


_http://localhost:

_

<portnumber>/<projectname>

インデックスページが表示されれば、アプリケーションは正常にデプロイされています。

4.まとめ

この記事では、デプロイメントフォルダーとEclipseを使用して、warファイルをJBossサーバーにデプロイする方法を調べました。

また、自動および手動のデプロイメントモード、およびそれらがJBossのマーカーファイルとどのように連携するかについても説明しました。