console.table()を使用すると、コンソールにデータを表形式で表示できます。 複雑な配列やオブジェクトを視覚化する必要がある場合に非常に便利です。 配列またはオブジェクトの表形式のデータを表示できます。

var someArray = [
 "Blowin' in the Wind",
 "Like a Rolling Stone",
 "Knockin' On Heaven's Door"
];

console.table(someArray);

// Array of arrays:
var anotherArray = [
 ["One", "Two"],
 ["Three", "Four"],
 ["Five", "Six"]
];

console.table(anotherArray);

そして、これがオブジェクトの例です:

function HitSingle(title, artist,
  year, album) {
  this.title = title;
  this.artist = artist;
  this.year = year;
  this.album = album;
}

var favHit = new HitSingle(
    "Like a Prayer",
    "Madonna",
    "1989",
    "Like a Prayer"
    );

console.table(favHit);

console.table()には、オプションの2番目の引数があります。列の名前を持つ配列です。

それを試してみてください! コンソールを開いて結果を確認します。 ただし、console.table()はIEではサポートされていないことに注意してください。