1概要

このクイックチュートリアルでは、Kotlinで配列を初期化する方法について説明します。


2 a

__rrayOf

__ライブラリメソッド

Kotlinには、提供された列挙値を指定された型の配列に変換する組み込み

arrayOf

メソッドがあります。

val strings = arrayOf("January", "February", "March")


3プリミティブ配列


arrayOf

メソッドをプリミティブ値と共に使用することもできます。

ただし、Kotlinはプリミティブ値を対応するオブジェクトラッパークラスに自動ボックス化します。これはパフォーマンスに悪影響を及ぼします。このオーバーヘッドを回避するために、Kotlinはプリミティブ配列を幅広くサポートしています。 ** double、float、long、int、char、short、byte、booleanの型には、専用の

arrayOf

メソッドがあります。

専用の

__arrayOf

__methodを使用して、プリミティブなint配列を簡単に初期化できます。

val integers = intArrayOf(1, 2, 3, 4)


4インデックスを使用した遅延初期化

インスタンス化時に配列の値を定義したくない場合があります。

この場合、


_ null

_

valueの配列を作成できます。

インスタンス化の後、配列のフィールドにアクセスして設定することができます。

これを行うにはいくつかの方法がありますが、一般的な方法はKotlinの

indices

プロパティを使用することです。 rangeを使用して

for

ループ内の配列の値にアクセスし設定することができます。

この方法を使用して、配列を平方数で初期化しましょう。

val array = arrayOfNulls<Number>(5)

for (i in array.indices) {
    array[i]= i **  i
}


5イニシャライザを使用した値の生成

  • プリミティブ配列とオブジェクト配列はどちらも2番目のパラメータとして初期化関数を受け取るコンストラクタを持ちます。この初期化関数は、入力パラメータとしてインデックスを取り、関数を使用してそれを適切な値に変換し、それを配列に挿入します。

一行に二乗数で配列を初期化することができます。

val generatedArray = IntArray(10) { i -> i **  i }

前述のように、この種のコンストラクタはオブジェクト配列にも使用できます。

val generatedStringArray = Array(10) { i -> "Number of index: $i"  }


6. 結論

このチュートリアルでは、Kotlinで配列を初期化する方法を見ました。私たちはプリミティブ配列の幅広いサポートを発見しました。また、配列コンストラクターを初期化関数と共に使用して簡潔なコードを作成する方法についても説明しました。

いつものように、コードはhttps://github.com/eugenp/tutorials/tree/master/core-kotlin[GitHubで利用可能]で利用可能です。