1概要

このクイックチュートリアルでは、Mavenビルドツールのコアプラグインの1つである

clean

プラグインについて説明します。

他のコアプラグインの概要については、

この記事

を参照してください。


2プラグインの目標


clean

ライフサイクルには

clean

という名前のフェーズが1つだけあり、それは自動的に同じ名前のプラグインの唯一の目的に結び付けられます。

したがって、この目標はコマンド

mvn clean

を使用して実行できます。


clean

プラグインはすでにスーパーPOMに含まれているため、プロジェクトのPOMに何も指定しなくても使用できます。

このプラグインは、その名前が示すように、前回のビルド時に生成されたファイルとディレクトリを消去します。


3構成


filesets

パラメータを使用してクリーンアップするディレクトリを追加できます。

<plugin>
    <artifactId>maven-clean-plugin</artifactId>
    <version>3.0.0</version>
    <configuration>
        <filesets>
            <fileset>
                <directory>output-resources</directory>
            </fileset>
        </filesets>
    </configuration>
</plugin>

このプラグインの最新バージョンはhttps://search.maven.org/classic/#search%7Cga%7C1%7Cg%3A%22org.apache.maven.plugins%22%20AND%20a%3A%22maven-cleanに記載されています。 -plugin%22[ここ]。


output-resources

ディレクトリに生成されたリソースが含まれている場合、デフォルト設定では削除できません。今行った変更により、

clean

プラグインはデフォルトのディレクトリに加えてそのディレクトリを削除するように指示されます。


4結論

この記事では、

clean

プラグインについて説明し、それをカスタマイズする方法を説明しました。

このチュートリアルの完全なソースコードはhttps://github.com/eugenp/tutorials/tree/master/maven[over on GitHub]にあります。




  • «** 前へ