1概要

この記事では、Mavenがローカルのすべての依存関係をローカルに保存する場所、つまりMavenローカルリポジトリ内の場所に焦点を当てます。

簡単に言うと、Mavenビルドを実行すると、プロジェクトのすべての依存関係(jar、プラグインjar、その他のアーティファクト)はすべて後で使用するためにローカルに保存されます。

また、この種のローカルリポジトリ以外にも、Mavenは3種類のリポジトリをサポートしています。


  • Local

    – ローカルDevマシン上のフォルダの場所


  • Central

    – Mavenコミュニティによって提供されるリポジトリ


  • Remote

    – 組織所有のカスタムリポジトリ

それでは、ローカルリポジトリに注目しましょう。


2ローカルリポジトリ

Mavenのローカルリポジトリは、開発者のマシン上のフォルダの場所です。ここには、すべてのプロジェクト成果物がローカルに格納されています。

Mavenビルドが実行されると、Mavenは自動的にすべての依存関係jarをローカルリポジトリにダウンロードします。

通常、このフォルダは____という名前です。

OSに基づいて、このフォルダへのデフォルトパスは次のとおりです。

Windows: C:\Users\<User__Name>\.m2

Linux:/home/<User__Name>/.m2

Mac:/Users/<user__name>/.m2

そしてもちろん、LinuxでもMacでもどちらでも:

Linux/Mac: ~/.m2


3デフォルトの場所にリポジトリはありません

リポジトリがこのデフォルトの場所に存在しない場合は、既存の設定が原因である可能性があります。

この設定ファイルはMavenのインストールディレクトリの

conf

というフォルダにあり、

settings.xml

という名前が付けられています。

不足しているローカルリポジトリの場所を決定する関連設定は次のとおりです。

<settings>
    <localRepository>C:/maven__repository</localRepository>
    ...

これが基本的にローカルレポジトリの場所を変更する方法です。もちろん、その場所が変更された場合、そのレポジトリはデフォルトの場所には見つかりません。

__注:以前の場所に保存されているファイルは自動的には移動されません。


4結論

このクイックチュートリアルでは、Mavenのローカルリポジトリのデフォルト設定とレポの場所を変更するためのカスタム設定について見てきました。