1概要

このチュートリアルでは、XMLと

<property-placeholder>

、またはJava設定と

@ PropertySource

を介したSpringでのPropertiesの設定方法と使用方法を説明します。

  • Spring 3.1 ** 以前は、Springに新しいプロパティファイルを追加してプロパティ値を使用することは、それほど柔軟で堅牢ではありませんでした。

  • Spring 3.1 ** 以降、新しい

    Environment

    および

    PropertySource

    抽象化によってプロセス全体が簡略化されました。

さて、もし

を超えてproperties

を使う方法や、実際にSpringアプリケーションのためのプロジェクト設定を行う方法に行きたいのなら、/link-project-configuration-with-spring[この記事も探せ]を間違いなくリンクする。