RxJavaは、Java環境用のhttp://reactivex.io[Reactive Extensions]実装です。

ライブラリは、イベントドリブンプログラミングへの洗練されたアプローチを表すことができる機能的および反応的技術の組み合わせを利用します – 値は時間とともに変化し、消費者が入ってくるとデータに反応する場所。



>> RxJavaの紹介


一番上から – これはライブラリ全体の高レベルの概要とFunctional-Reactiveの概念です。



>> RxJavaとBackpressure


まず、RxJavaの署名機能、つまりスロットルについて見ていきます。



>>カスタムオペレータの実装


ここでは、カスタム演算子を使用して

Observables

を操作する方法を説明します。



>> RxJavaエラー処理


ここでは、例外処理の慣用的な方法について説明します。



>> RxJavaのテスト


最後に、RxJavaパイプラインをテストする方法を説明します。



>>レトロフィット付きRxJava


さらに、RxJavaとhttp://square.github.io/retrofit/[Retrofit]との統合についても説明します。



>> Vertx RxJava


…​そしてhttp://vertx.io[Vertx]で。