1概要

Spring Boot__は、Spring Bootアプリケーションを簡単に作成するための親POMを提供します。

ただし、継承元の親がすでにある場合は、** 親POMを使用することが常に望ましいとは限りません。

このクイックチュートリアルでは、親スターターなしでBootを使用する方法を見ていきます。

** 2親POMなしの

スプリングブート

  • そのため、親

    pom.xml

    は依存性とプラグイン管理の面倒を見ます** そのため、それから継承することはアプリケーションの中で貴重なサポートを提供します。あなたは

    私たちの前の記事

    で親スターターに基づいてアプリケーションを構築する方法に関するより多くの詳細を見つけることができます。

ただし実際には、** 私たちはデザインルールや他の好みによって異なる親を使うことを強いられるかもしれません。

幸いなことに、

Spring Boot

は親スターターから継承する代わりになります。

  • 親のPOMを利用しなくても、

    scope = import

    を指定して

    spring-boot-dependencies

    artifactを追加することで、依存関係管理から利益を得ることができます。

<dependencyManagement>
     <dependencies>
        <dependency>
            <groupId>org.springframework.boot</groupId>
            <artifactId>spring-boot-dependencies</artifactId>
            <version>1.5.6.RELEASE</version>
            <type>pom</type>
            <scope>import</scope>
        </dependency>
    </dependencies>
</dependencyManagement>

次に、Springの依存関係を追加して

Spring Boot

機能を利用することから始めます。

<dependency>
    <groupId>org.springframework.boot</groupId>
    <artifactId>spring-boot-starter-web</artifactId>
</dependency>

  • 一方、親POMがないと、プラグイン管理の恩恵を受けることができなくなります** これは、

    spring-boot-maven-plugin

    を明示的に追加する必要があることを意味します。

<build>
    <plugins>
        <plugin>
            <groupId>org.springframework.boot</groupId>
            <artifactId>spring-boot-maven-plugin</artifactId>
        </plugin>
    </plugins>
</build>


3依存バージョンの上書き

Bootによって管理されているバージョンとは異なるバージョンを特定の依存関係に使用する場合は、

spring-boot-dependencies

が宣言される前に、

dependencyManagement

セクションで宣言する必要があります。

<dependencyManagement>
    <dependencies>
        <dependency>
            <groupId>org.springframework.boot</groupId>
            <artifactId>spring-boot-starter-data-jpa</artifactId>
            <version>1.5.5.RELEASE</version>
        </dependency>
    </dependencies>
   //...
</dependencyManagement>

対照的に、

dependencyManagement

タグの外側の依存関係のバージョンを宣言するだけでは機能しなくなります。


4結論

このクイックチュートリアルでは、親の

pom.xmlを使わずに

Spring Boot__を使用する方法を説明しました。

例のソースコードはhttps://github.com/eugenp/tutorials/tree/master/spring-boot-ops[over on GitHub]にあります。