リンク:/spring-cloud-aws-ec2[前の記事]では、EC2に焦点を当てていました。それでは、リレーショナルデータベースサービスに進みましょう。


1 RDSサポート


1.1. 簡単な設定

  • Spring Cloud AWSは、RDSデータベース識別子とマスターパスワードを指定するだけで自動的に

    DataSource

    を作成できます** ユーザー名、JDBCドライバー、および完全なURLはすべてSpringによって解決されます。

AWSアカウントに、マスターパスワードが

se3retpass



spring-cloud-test-db

というDBインスタンス識別子を持つRDSインスタンスがある場合、

DataSource

を作成するために必要なのは、

application.properties

の次の2行だけです。

cloud.aws.rds.spring-cloud-test-db
cloud.aws.rds.spring-cloud-test-db.password=se3retpass

RDSのデフォルト以外の値を使用する場合は、他に3つのプロパティを追加できます。

cloud.aws.rds.spring-cloud-test-db.username=testuser
cloud.aws.rds.spring-cloud-test-db.readReplicaSupport=true
cloud.aws.rds.spring-cloud-test-db.databaseName=test


1.2. カスタムデータソース

Spring Bootがないアプリケーションやカスタム設定が必要な場合は、** Javaベースの設定を使って

DataSource

を作成することもできます。

@Configuration
@EnableRdsInstance(
  dbInstanceIdentifier = "spring-cloud-test-db",
  password = "se3retpass")
public class SpringRDSSupport {

    @Bean
    public RdsInstanceConfigurer instanceConfigurer() {
        return () -> {
            TomcatJdbcDataSourceFactory dataSourceFactory
             = new TomcatJdbcDataSourceFactory();
            dataSourceFactory.setInitialSize(10);
            dataSourceFactory.setValidationQuery("SELECT 1");
            return dataSourceFactory;
        };
    }
}

また、正しいJDBCドライバの依存関係を追加する必要があることにも注意してください。


2結論

この記事では、AWS RDSサービスにアクセスするさまざまな方法について説明しました。次回とリンク:/spring-cloud-aws-messaging[シリーズの最後の記事]では、AWSメッセージングのサポートについて説明します。




  • «** 前へ