前書き

*データタイプ*は、プログラミング言語で特定のタイプのデータを分類するために使用されます。 たとえば、数字と文字列は異なるタイプのデータであり、JavaScriptによって異なる方法で処理されます。

これは重要です。使用する特定のデータ型によって、割り当てられる値と実行できる内容が決まるためです。 つまり、JavaScriptで変数を使用して操作を行うには、特定の変数のデータ型を理解することが重要です。

このチュートリアルでは、JavaScriptでデータ型がどのように機能するか、および言語固有の重要なデータ型について説明します。 これはデータ型の網羅的な調査ではありませんが、JavaScriptで利用可能なオプションに慣れるのに役立ちます。

動的な入力

JavaScriptには動的データ型があります。つまり、型チェックはコンパイル時ではなく実行時に行われます。 Pythonのhttps://www.digitalocean.com/community/tutorials/understanding-data-types-in-python-3 [データタイプ]も動的に入力されます。

動的に型付けされた言語では、同じ名前の変数を使用して異なるデータ型を保持できます。

たとえば、「+ let 」キーワードによって変数として定義されている変数「 t 」(「 let +」は特定の変数のスコープを制限していることに注意してください)を割り当てて、異なるデータ型を保持したり、初期化することができますしかし未定義のまま:

let t = 16;         // t is a number
let t = "Teresa";   // t is a string
let t = true;       // t is a Boolean
let t;              // t is undefined

上記の各変数「+ t +」は、JavaScriptで使用可能な任意のデータ型に設定できます。使用する前にデータ型で明示的に宣言する必要はありません。

番号

JavaScriptには数値タイプが1つしかありません。整数と浮動小数点数の個別の指定はありません。 このため、数値は小数の有無にかかわらずJavaScriptで記述できます。

let num1 = 93;
let num2 = 93.00;

上記のどちらの場合でも、データ型は数値であり、数値に小数点があるかどうかに関係なく同じです。

次の例のように、JavaScriptで科学的な指数表記を使用して、非常に大きいまたは小さい数字を短縮できます。

let num3 = 987e8;       // 98700000000
let num4 = 987e-8;      // 0.00000987

JavaScriptの数字は、15桁まで正確であると見なされます。 つまり、16桁目に達した後に数値が丸められます。

let num5 = 999999999999999;     // remains as 999999999999999
let num6 = 9999999999999999;    // rounded up to 10000000000000000

JavaScriptの数値型には、数値の表現に加えて、次の3つの記号値があります。

  • + Infinity +-無限に近づく*正*の数値を表す数値

  • + -Infinity +-無限に近づく*負の*数を表す数値

  • + NaN + n ot * a * n umberを表す非数値を表す数値

JavaScriptで利用可能な最大数以外の数を計算すると、「+ Infinity 」または「 -Infinity +」が返されます。 これらは、ゼロで除算する場合など、未定義の値に対しても発生します。

let num7 = 5 / 0;   // will return Infinity
let num8 = -5 / 0;  // will return -Infinity

技術的には、数値がJavaScriptの上限を表す数値「+ 1.797693134862315E + 308 」を超えると、「 Infinity +」が表示されます。

同様に、数値が下限の「+ -1.797693134862316E + 308 」を超えると、「-Infinity +」が表示されます。

数値 `+ Infinity +`もループで使用できます:

while (num9 != Infinity) {
   // Code here will execute through num9 = Infinity
}

正当な番号ではない番号については、 `+ NaN `が表示されます。 数値と非数値に対して数学演算を実行しようとすると、 ` NaN +`が返されます。 これは、次の例の場合です。

let x = 20 / "Shark";   // x will be NaN

数値として評価できないため、数値 `+ 20 `は文字列 `” Shark “`で除算できないため、 ` x `変数の戻り値は ` NaN +`です。

ただし、文字列を数値として評価できる場合は、JavaScriptで数式を実行できます。

let y = 20 / "5";   // y will be 4

上記の例では、文字列 `” 5 “`はJavaScriptで数値として評価できるため、そのように扱われ、除算の数学演算子 `+ / +`で機能します。

値 `+ NaN `を操作で使用される変数に割り当てると、他のオペランドが有効な数値であっても、値は ` NaN +`になります。

let a = NaN;
let b = 37;
let c = a + b;  // c will be NaN

JavaScriptには1つの数値データ型しかありません。 数字を使用する場合、入力した数字は数字のデータ型として解釈されます。 JavaScriptは動的に入力されるため、入力するデータの種類を宣言する必要はありません。

文字列

  • string *は、1つ以上の文字(文字、数字、記号)のシーケンスです。 文字列は、テキストデータを表すという点で便利です。

JavaScriptでは、文字列は一重引用符「」+または二重引用符「」+のいずれかに存在するため、文字列を作成するには、一連の文字を引用符で囲みます。

let singleQuotes = 'This is a string in single quotes.';
let doubleQuotes = "This is a string in double quotes.";

単一引用符または二重引用符のどちらを使用するかを選択できますが、どちらを選択した場合でも、プログラム内で一貫性を保つ必要があります。

プログラム「Hello、World!」は、以下の「+ alert()」のフレーズ「 Hello、World!+」を構成する文字が文字列であるため、コンピュータープログラミングで文字列を使用する方法を示しています。

hello.html

<!DOCTYPE HTML>
<html>
<head>
<script>
function helloFunction() {
   alert("Hello, World!");
}
</script>
</head>
<body>
<p><button onclick="helloFunction()">Click me</button></p>
</body>
</html>

コードを実行して「+ Click me +」ボタンをクリックすると、次の出力を含むポップアップが表示されます。

OutputHello, World!

他のデータ型と同様に、変数に文字列を保存できます。

let hw = "Hello, World!";

変数を呼び出して、文字列を `+ alert()+`に表示します。

hello.html

...
<script>
let hw = "Hello, World!";
function helloFunction() {
   alert(hw);
}
</script>
...
OutputHello, World!

私たちが探している結果を達成するためにそれらを操作するために、プログラム内の文字列に対して実行できる多くの操作があります。 文字列は、ユーザーに情報を伝達するため、およびユーザーがプログラムに情報を戻すために重要です。

ブール値

  • Boolean データ型は、 true または false *の2つの値のいずれかです。 ブールは、コンピューターサイエンスのアルゴリズムに情報を与える数学の論理分岐に関連付けられている真理値を表すために使用されます。

ブールデータ型が表示されるときはいつでも、数学者のジョージブールの名前が付けられているため、大文字の* B *で始まります。

数学の多くの操作は、trueまたはfalseに評価される答えを提供します。

  • より大きい

  • 500> 100 + true +

  • 1> 5 + false +

  • 未満

  • 200 <400 + true +

  • 4 <2 + false +

  • 等しい

  • 5 = 5 + true +

  • 500 = 400 + false +

他のデータ型と同様に、変数にブール値を保存できます。

let myBool = 5 > 8; // false

5は8より大きくないため、変数 `+ myBool `の値は ` false +`になります。

JavaScriptでより多くのプログラムを記述すると、ブール値がどのように機能するか、trueまたはfalseのいずれかに評価されるさまざまな関数および操作がプログラムのコースを変更する方法に慣れます。

配列

  • array *は、単一の変数内に複数の値を保持できます。 これは、値のリストを配列内に含めて、それらを反復処理できることを意味します。

配列内にある各アイテムまたは値は*要素*と呼ばれます。 インデックス番号を使用して、配列の要素を参照できます。

文字列が引用符の間の文字として定義されるように、配列は角括弧 `+ [] +`の間の値を持つことによって定義されます。

たとえば、文字列の配列は次のようになります。

let fish = ["shark", "cuttlefish", "clownfish", "eel"];

変数「+ fish +」を呼び出すと、次の出力が表示されます。

["shark", "cuttlefish", "clownfish", "eel"]

配列は、要素値を追加、削除、変更できるという点で可変であるため、非常に柔軟なデータ型です。

オブジェクト

JavaScript * object データ型には、 name:value *ペアとして多くの値を含めることができます。 これらのペアは、データを保存およびアクセスする便利な方法を提供します。 オブジェクトリテラルの構文は、名前と値のペアで構成され、コロンで区切られ、両側に中括弧があります + {} +

通常、IDに含まれる情報など、関連するデータを保持するために使用されるJavaScriptオブジェクトリテラルは、プロパティ間に空白が含まれるこのようになります。

let sammy = {firstName:"Sammy", lastName:"Shark", color:"blue", location:"ocean"};

あるいは、特に名前と値のペアが多数あるオブジェクトリテラルの場合、各コロンの後に空白を入れて、このデータ型を複数の行に書き込むことができます。

let sammy = {
   firstName: "Sammy",
   lastName: "Shark",
   color: "blue",
   location: "Ocean"
};

上記の各例のオブジェクト変数 + sammy +`には、4つのプロパティがあります: `+ firstName ++ lastName ++ color +、および + location +。 これらはそれぞれ、コロンで区切られた渡された値です。

複数のデータ型の使用

作成する各プログラムには複数のデータ型が含まれますが、通常は同じデータ型内で操作を実行することに注意してください。 つまり、数値に対して数学を実行したり、文字列をスライスしたりします。

数値を追加したり文字列を連結したりできる「+」演算子のように、データ型全体で機能する演算子を使用すると、予期しない結果が生じる可能性があります。

たとえば、数字と文字列を一緒に使用して `+`演算子を使用する場合、数字は文字列として扱われます(したがって連結されます)が、データ型の順序が連結に影響します。

したがって、次の連結を実行する変数を作成すると、JavaScriptは以下の各要素を文字列として解釈します。

let o = "Ocean" + 5 + 3;

`+ o +`変数を呼び出すと、次の値が返されます。

OutputOcean53

ただし、数字でリードする場合、プログラムランタイムが `” Ocean “`に達すると、2つの数字が文字列として解釈される前に2つの数字が追加されるため、返される値は2つの数字の合計になります文字列:

let p = 5 + 3 + "Ocean";
Output8Ocean

これらの予期しない結果のため、操作とメソッドを、それら全体ではなく1つのデータタイプ内で実行する可能性があります。 ただし、JavaScriptは、他の一部のプログラミング言語が行うように、データ型を混合するときにエラーを返しません。

結論

この時点で、JavaScriptで使用できる主要なデータ型のいくつかをよりよく理解する必要があります。

JavaScript言語でプログラミングプロジェクトを開発すると、これらの各データ型が重要になります。