Vue.jsについて話すときは、通常、コンポーネントについて話します。 コンポーネント、コンポーネント、コンポーネント。 ただし、コンポーネントはVueで記述できるのみのものではなく、それも良いことです。 コンポーネントに修飾子を適用したい場合はどうなりますか? そこで、ディレクティブが登場します。 あなたがそれを知っているかどうかにかかわらず、あなたはすでにそれらを使用しています。 v-if v-model 、およびv-forはすべてディレクティブの例です。 今日は、これなしでは生きていけない重要なタスクを実行する重要なディレクティブを追加する方法を紹介します。 その要素の背景を素敵なベイビーブルーに設定します。

ディレクティブの作成

それでは、その厚さに取り掛かりましょう。 AnnoyingBackgroundDirective.jsという名前の新しいファイルを作成します。

それでは、ディレクティブを書いてみましょう。 ディレクティブは、いくつかの特別な関数を備えた単なるオブジェクトです。

AnnoyingBackgroundDirective.js
import Vue from 'vue';

const defaultBackgroundColor = '#86bbff'

// Initialize the annoying-background directive.
export const AnnoyingBackground = {
  bind(el, binding, vnode) {
    // Allow users to customise the color by passing an expression.
    const color = binding.expression || defaultBackgroundColor

    // el might not be present for server-side rendering.
    if (el) {
      // Set the element's background color.
      el.style.backgroundColor = color
    }
  }
}

// You can also make it available globally.
Vue.directive('annoying-background', AnnoyingBackground)

コンポーネントで使用するには、v-というプレフィックスが付いたコンポーネントテンプレートに追加するだけです。

TotallyNormalComponent.vue
<template>
  <div>
    <p v-annoying-background>Baby blue looks good on me.</p>
    <p v-annoying-background="#0f0">I prefer neon green.</p>
  </div>
</template>

<script>
import { AnnoyingBackground } from './AnnoyingBackgroundDirective.js';

export default {
  directives: {
    AnnoyingBackground
  }
}
</script>

詳細

ディレクティブには5つの可能なフックがあります。

  • bind(element, binding, vnode)-ディレクティブが最初にコンポーネントまたは要素にバインドされたときに呼び出されます。
  • inserted(element, binding, vnode)-コンポーネントまたは要素がその親ノードに挿入されたときに呼び出されます。 まだDOMに含まれていない可能性があります。
  • update(element, binding, vnode, oldVnode)-含まれているコンポーネントが更新されたときに呼び出されますが、その子が更新される前に呼び出される可能性があります。
  • componentUpdated(element, binding, vnode, oldVnode)-含まれているコンポーネントが更新されたが、その子が更新された後に呼び出されます。
  • unbind(element, binding, vnode)-ディレクティブがコンポーネントまたは要素からバインド解除されたときに呼び出されます。

引数は次のとおりです。

  • element-ディレクティブがバインドされている要素。 未定義の可能性があります。
  • binding-(これは楽しいものです。)ディレクティブに渡される引数、値、および修飾子が含まれます。 binding.name-ディレクティブの名前。 binding.value-ディレクティブに渡されるJS式の値(存在する場合)。 (すなわち。 v-directive = “{cake:’chocolate’}”-> binding.value.cake ===’chocolate’)binding.oldValue-ディレクティブの以前の値。updateおよびcomponentUpdatedでのみ提供されます。 binding.expression-文字列としての値式:v-directive = “{cake:’chocolate’}”-> binding.expression ==='{cake:’chocolate’}’binding.arg-に渡される引数ディレクティブ(ある場合)。 v-directive:myArg-> binding.arg===’myArg’binding.modifiers-ブール値としてディレクティブに渡される修飾子を含むオブジェクト。 v-directive.modifier.modifier2-> JSON.stringify(binding.modifiers)=== {“modifier”:true、 “modifier2″:true}
  • vnode-これはVueのレンダラーによって使用される仮想ノードです。 何をしているのかわからない限り、これに触れないでください。 :P
  • oldVnode-上記のvnodeの以前のバージョン。 更新フックでのみ使用できます。

そうですね、ディレクティブの作成は本当に簡単ですが、必要に応じて、ディレクティブを使用して多くのクレイジーなことを行うことができます。 これがドキュメントです。

ボーナスラウンド

  • 条件付きディレクティブを作成してみてください! ヒント:おそらく vNodeAPIにフックする必要があります。 ごめん。

[itemprop = articleSection] ul ul li :: before {content:“”; 左:36px; マージントップ:9px; 位置:絶対; border-top:6pxソリッド透明; border-bottom:6pxソリッド透明; border-left:4px solid#EFBB35; border-top:4px solid#EFBB35; border-bottom:4px solid#EFBB35; border-right:4px solid#EFBB35; } [itemprop = articleSection] ul ul li、[itemprop = articleSection] ul ul li code {font-size:1rem; }