スーパーユーザーは幅広い権限を持つアカウントであり、システム管理に役立ちます。 このアカウントは、「root」、「administrator」、「supervisor」などの他の名前でも知られています。

スーパーユーザーの特権には制限がなく、ユーザーの追加や削除、ソフトウェアのインストールと削除など、潜在的に危険なアクションを含め、システムで利用可能なアクションを実行できます。 これらの幅広い特権とそれに伴う潜在的な危険性のため、通常の作業用に他の非スーパーユーザーアカウントを作成し、日常業務でスーパーユーザーアカウントを使用しないようにすることをお勧めします。

Unixライクなシステムでは、sudoグループのメンバーである非スーパーユーザーアカウントを作成できます。 sudoグループのメンバーは、コマンドの前にsudoを追加して、一時的にスーパーユーザーの権限に昇格することができます。 これにより、rootアカウントに切り替えることなく管理タスクを実行できます。

Sudo対応ユーザーを追加する方法のチュートリアルのいずれかに従って、スーパーユーザーとsudo対応アカウントについて詳しく知ることができます。