Advanced Package Toolは、より一般的に APT として知られ、Debianおよびその派生オペレーティングシステム(UbuntuやLinux Mintなど)でソフトウェアパッケージをインストール、更新、削除、または管理するために使用されるツールのコレクションです。 APTは、リポジトリ、またはソフトウェアパッケージのコレクションを保持する特別なディレクトリを使用して機能します。

Debianプロジェクトは、APTユーザーがaptコマンドラインプログラムとネットワーク接続を介してインストールできる何千ものソフトウェアパッケージを保持する公式リポジトリを維持しています。 ユーザーは、サードパーティのリポジトリやローカルに保存されたリポジトリからパッケージをインストールすることもできます。

APTおよびその他のパッケージ管理ユーティリティの詳細については、パッケージ管理の基本に関するガイドを参照してください。