LAMPスタックの制限

歴史的に、ローカル開発環境をセットアップするとき、WordPress開発者はMAMP、WAMP、XAMPPなどの従来のLAMPスタック(Linux + Apache + MySQL + PHP)に頼っていました。 一方、WordPress開発の進歩により、最新のWordPressインストールは、WordPressの高速化に向けて特別に調整された構成(キャッシュを重視)でNginxを実行する仮想プライベートサーバー(「VPS」)に導入されました。 ただし、MAMP、WAMP、またはXAMPPはApacheで実行されます。 WordPressの最適化はなく、キャッシュやその他の最適化手段として広く受け入れられている構成もありません。

開発者は、「開発環境が本番環境と同一であり、ステージングサーバーとテストサーバーがある場合はそれらと一致することを確認することが非常に重要である」ことに同意します。 [#]

環境をミラーリングしないことにより、Apacheベースのローカル開発環境で正常に機能しているように見えるものが本番サーバーで機能しない可能性が高くなります。 今日のLAMPスタックに対する一般的なフラストレーションは、現在、ライブサーバーまたは本番サーバーの環境と一致することはめったにないことです。 最近のWordPressホスティングの最先端のサーバー設定には、少なくともNginx、MySQL、PHP-FPM、Memcached(「d」に注意)の組み合わせが含まれています。

なぜVagrant?

環境間の微妙な違いでさえ、コードの変更、プラグイン、またはWebアプリが環境のテストまたはステージングで失敗する可能性が高くなります。その結果、他の方法でさらに開発する可能性がある場合に、トラブルシューティングに無駄な時間がかかります。 ここで、PECL memcache拡張機能またはVarnishをミックスに投入して、WordPress構成をテストする可能性を検討してください。そうすれば、’喜んで次のことを発見できます:なぜVagrant。 Vagrantを使用すると、開発用に選択したオペレーティングシステムやプラットフォームに関係なく、(文字通り)どこでも同じ環境を簡単に再作成できます。 ローカルで、またはDigitalOceanなどのVPSを使用してマシンをプロビジョニングできます。

最愛のLAMPスタックと別れる準備ができていませんか?

Vagrantを使用すると、LAMPスタックで開発を続ける人でさえ、「Vagrant … WordPressのローカル環境を立ち上げようとしたときに私が過去に抱えていたすべての問題を解決しているようです。”[#] 最後に、Vagrantは移植性があり、チームの他のメンバーが使用するのと同じ構成から開発環境を作成します。すべてのチームメンバーが、Linux、Mac OS Xで動作しているかどうかに関係なく、同じ依存関係に対して、すべて同じ方法でコードを実行していることを確認します。 、またはWindowsワークステーション。

Windowsユーザーの前提条件

Vagrantは、シェル、またはオペレーティングシステムのコマンドラインインターフェイス(「CLI」)、およびOpenSSHで構成されます。 残念ながら、SSHクライアントは通常、デフォルトではWindowsに配布されていません。 ただし、Windowsユーザーは、お気に入りのSSHクライアントを使用してVagrantに接続できます。 GitHubforWindowsで提供されているシェルの1つ。 Cygwinのターミナル。 とりわけ、GitBashまたはPuTTY。

はじめにローカルワークステーションでは、次のことを行う必要があります。

  1. の最新バージョンをダウンロードしてインストールします VirtualBox お使いのオペレーティングシステム用。
  2. 一致するVirtualBoxExtension Pack (すべてのプラットフォームで同じ)をダウンロードして、コンピューターにインストールします。
  3. VirtualBoxをインストールすると、ExtensionPackが認識されるファイルタイプになります。

  4. の最新バージョンをダウンロードしてインストールします Vagrant オペレーティングシステム用。
  5. プロジェクトの最初のステップは、Vagrantfileを構成することです。 Vagrantfile の目的は2つあります。(i。)プロジェクトのルートディレクトリをマークします(Vagrantの構成の多くはこのルートディレクトリに関連しています)。 (ii。)プロジェクトを実行するために必要なマシンとリソースの種類、およびインストールするソフトウェアとプロジェクトへのアクセス方法を説明します。

  6. Mac OS XおよびLinux-バリアントユーザー: シェルを開きます。例: ターミナルを作成し、Vagrantfileを保存するディレクトリを作成または移動します(Ubuntuでは、これは次のようになります)。
    sudo mkdir ~/[name of your choosing]cd [newly-created folder]

    Vagrantには、新しく初期化するための組み込みコマンドがあります。 -Vagrantで使用するためのディレクトリを作成しました: vagrantinit注:既存のディレクトリで vagrant init を実行して、既存のプロジェクトのVagrantをセットアップすることもできます。

  7. 次に、初期化コマンドを実行します:
    vagrant init
  8. これにより、Vagrantfileが現在のディレクトリに配置されます。 Vagrantは、プロジェクトごとに1つの Vagrantfile で実行することを目的としており、 Vagrantfile バージョン管理にコミットされることになっています(例: ギット)。 このように、そのプロジェクトで作業するすべての人は、事前の準備なしでVagrantの恩恵を受けることができます。注意すべき1つの概念は、Vagrantがボックスを使用することです。 Vagrantは、 .box ファイルをテンプレートとして使用し、そこから新しいVPSを起動します。 VPSを最初から構築するのではなく(これは時間がかかり、面倒なプロセスになります)、Vagrantはベースイメージを使用してVPSのクローンをすばやく作成します。 これらのベースイメージはboxesと呼ばれ、Vagrant環境で使用する box を指定することは、常に新しいVagrantfileを作成した後の次のステップです。

  9. 次に、次のコマンドを実行します。
    vagrant box add precise64 http://files.vagrantup.com/precise64.boxvagrant up
  10. Microsoft Windowsユーザー:コマンドラインプログラムに関係なく、次の手順は同じです。 Windowsのコマンドプロンプトを続行する場合は、(i。)キーボードで Windows キー(ii。)を押してから R を押すと、関連するCLIを開くことができます。 ] 鍵; これにより、[実行]ダイアログボックスが開きます。 さて、(iii。)タイプ:

    cmd

    and (iv.) press 入る.Next, execute the following commands (pressing 入る after each line):

    cd C:\HashiCorp\Vagrant\binvagrant box add precise64 http://files.vagrantup.com/precise64.boxvagrant init precise64vagrant up

    ノート: Sometimes, Windows workstations will spit out an error message when attempting to execute an initial Vagrant command. Restarting the computer usually remedies most post-installation issues. Later, if you get an error message to the effect that an “ssh executable is not found,” and restarting the computer did not update the path, automatically, you can set the SSH PATH by executing the following command (assuming the ssh.exe file is in the folder referenced, below):

    set PATH=%PATH%;C:\Program Files (x86)\Git\bin

上記のコマンドを実行すると、Ubuntu 12.04LTS64ビットを実行しているVirtualBoxでVPSが完全に実行されます。 コマンドvagrantssh を使用して、SSH経由でこのマシンに接続できます。

PuTTYを使用していますか?

PuTTYはOpenSSHと互換性がありません。 その結果、PuTTYはVagrantによって提供されたinsecure_private_keyを有効な秘密鍵として認識しません。 回避策は、PuTTYgenを使用して Load (つまり、 インポート)ホームディレクトリの.vagrant.dフォルダにあるinsecure_private_key、例:

  • Windows XP:C:\ Documents and Settings\{ユーザー名}\。vagrant.d\
  • Windows 7:C:\ Users\{ユーザー名}\。vagrant.d\

and convert the key file into PuTTY’s format (a .ppk file) by clicking on the Save private key button.

次に、PuTTYを起動し、次の接続情報を入力します。

  <tr><td>Session</td>
  <td></td>
  <td><b>Host Name:</b></td>
  <td>127.0.0.1</td></tr>

 <tr><td></td>
      <td></td>
     <td><b>Port:</b></td>
      <td>2222</td></tr>

     <tr><td></td>
          <td></td>
         <td><b>Connection type:</b></td>
          <td>SSH</td></tr>

      <tr><td>Connection</td>
      <td>Data</td>
      <td><b>Auto-login username:</b></td>
      <td>vagrant</td></tr>

      <tr><td>Connection/SSH</td>
      <td>Auth</td>
     <td><b>Private key file for authentication:</b></td>
     <td>Click on the <b>Browse</b> button and find the <b>.ppk</b> private key you just converted</td></tr>

      <tr><td>Session</td>
            <td></td>
            <td><b>Saved Sessions</b></td>
            <td>vagrant (and then click the <b>Save</b> button for the <b>Load, save or delete a stored session</b> area)</td></tr></table>

最後に、PuTTYウィンドウの下部にある Open ボタンをクリックして、Ubuntu VPSに自動的にログインします。’の再生が終了したら、次のコマンドですべての痕跡を削除できます。コマンドvagrantdestroyボックスの使用およびはじめに|の後続のセクション VagrantDocs は非常に優れています。独自のカスタムVagrantボックスでビルドを続行する場合は、より完全なプロジェクトを設定するためのウォークスルーについて、そのガイドを参照してください。 ボックスをすべてセットアップしたら、WordPressやその他の必要なソフトウェアパッケージをデプロイできます。 ただし、「フライングソロ」について少し臆病な場合は…

恐れることはありませんが、オープンソースコミュニティの力はここにあります!

Vagrantを使用してローカルでWordPressを開発するためのジャンプスタートを取得したい場合は、GitHubでWordPress開発用のさまざまなVagrantVagrantsをチェックしてください(Vagrantの世界とそれがどのように役立つかを探る開発を効率的にし、本番システムと同期させます。チームのすべてのメンバーが、プロジェクトのオペレーティングシステムを気にせずに、プロジェクトの同じ環境で開発できるようにしながら、私たちが慣れ親しんだ一般的なMAMPまたはXAMPPセットアップを置き換えることによってローカルマシン)。 VaryingVagrant Vagrants を使用すると、単純な vagrant up コマンドを実行してインスタンスを起動できます。これにより、Nginx、PHP-FPM、およびMySQLが自動的にインストールされます。 ; 構成ファイルの移動とSQLダンプのインポートに進む前に、最初のコマンドの数分後に、ブラウザーで既存の開発サイトに移動するか、新しいWordPressインストールを開始できます。 [#]

そして、それ以上の苦労なしに:

  1. 少なくとも、上記のはじめにの手順1〜3を完了してください。
  2. OS XおよびLinux-バリアントユーザー: ターミナルを開き、作業を保存するディレクトリを作成するか、そこに移動します(Ubuntuでは、これは次のようになります)。
    sudo mkdir -p /srv/[name of your choosing]cd /srv/[newly-created folder]

    とクローンさまざまなVagrantVagrants GitHubから、次のコマンドを実行します。

    sudo git clone https://github.com/10up/varying-vagrant-vagrants [local folder name of your choosing]

    Windowsユーザー: ダウンロードしてインストールした GitHub for Windows クリックすることができますボタン(デフォルトのストレージディレクトリは下で変更できますツール => オプション –デフォルトのシェルに加えて); または、GitHub for Windowsを使用したくない場合は、次のことができます。 ダウンロードローカルディレクトリへのリポジトリのZIPファイル。これを使用します。 Vagrantfile 、そこから抽出します。

  3. 次に、ターミナルまたはWindowsのコマンドプロンプトで、新しいディレクトリ
    cd [new local folder w/repository from Step 2, above]

    に移動し、次のコマンドを実行します:

    vagrant up
  4. これで、VPSが実行されます( vagrant up を初めて使用する場合でも、Vagrantには約1時間かかる場合があります。 あらかじめパッケージ化されたすべてのソフトウェアと関連する更新をダウンロードするため、30〜60分)。 Webブラウザで192.168.50.4に移動して、すぐにテストしてください。 WordPressの使用を開始するには、もう1つの手順が必要です。

  5. local.wordpress.dev192.168.50.4; [#] にマップされるように、ローカルマシン’のhostsファイルを変更します
  6. マップしたら、ブラウザで local.wordpress.dev にアクセスすると、WordPressの初期インストールが表示されます。 それに従って、Vagrantで最初のWordPress開発環境を作成します。 開発中のテーマとプラグインは、相対的な www / wordpress-default / wp-content/ディレクトリに移動できます。

From here, you should experiment. If you are familiar with object caching, the common plugins for working with PECL memcache can be installed. Memcached itself is already installed and running for when you’re ready. If you start poking around the internal ドキュメンテーション for さまざまなVagrantVagrants, you’ll see quite a few places where you can hook in with customizations of your own to continue to extend the development environment. For alternative approaches, that have also done a lot of the upfront legwork for you, check out: Vagrant入門| スコットウォーレン or WordPress開発のためのVagrant入門| マイクグリーン.

追加リソース

いつものように、このハウツーで概説されている手順についてサポートが必要な場合は、以下の質問を提起して、DigitalOceanコミュニティに支援を求めてください。

投稿者: Pablo Carranza
カテゴリー サブカテゴリ 分野 価値