1.概要

このクイックチュートリアルでは、http://wildfly.org/



ヒープメモリサイズを増やす方法について見ていきます。

当然、サーバー上で実行されている多数のアプリケーションを処理するには、メモリー・サイズを大きくすると便利です。

2.スタートアップファイルを使う

スタンドアロンモードでは、ヒープメモリを増やすためにスタートアップファイルの設定を更新することができます。

WildFlyのインストールホームディレクトリでは、

bin

フォルダ内に

standalone.conf

(UNIXベースのシステム用)または

standalone.conf.bat

(Windowsシステム用)ファイルがあります。

それを開き、次の行で

-Xmx

オプションを更新することができます(要件に従って数を変更してください)。

JAVA__OPTS="-Xms64m -Xmx512m ..."

これにより、サーバーの起動中にヒープメモリが設定されます。

3.環境変数を使う


JAVA

OPTS__環境変数を設定することでデフォルトのヒープメモリサイズを設定することもできます。環境変数はコマンドプロンプト/ターミナルから設定できます。

  • Windowsの場合:**

set JAVA__OPTS=-Xms256m -Xmx1024m ...

  • Unix/Linuxの場合:**

export JAVA__OPTS=-Xms256m -Xmx1024m ...

これが設定されると、WildFlyサーバーを起動している間、結果をログで見ることができます。

JAVA__OPTS already set in environment; overriding default settings with values ...

4.まとめ

このクイックチュートリアルでは、WildFlyのヒープメモリサイズを簡単に変更する方法を見つけました。

あなたは私たちのhttps://www.baeldung.com/java-servers[以前の記事]でJava開発のために利用可能なさまざまな人気のあるサーバーを探索することができます。