多くの可動部分がAngularプロジェクトに関与しており、 Angular CLI (コマンドラインインターフェイス)は、プロジェクトの開始、コンポーネント、ルート、サービスの生成、プロジェクトの提供、およびテストを実行します。

この投稿はAngular2以降を対象としています。

AngularCLIのインストール

最初のステップは、npmからインストールすることです。

$ npm install -g @angular/cli

これにより、AngularCLIがグローバルにインストールされます。 npmが文句を言う場合は、sudoを使用してコマンドを実行してみてください。

$ sudo npm install -g @angular/cli

新しいプロジェクトを開始する

まず、ターミナルを使用してプロジェクトの親ディレクトリとなるディレクトリに移動し、次に次のコマンドを実行します。

$ ng new app-name

これにより、すぐにコーディングを開始できるように、すべてが整ったAngularプロジェクトが作成されます。 新しいプロジェクトのディレクトリ構造がどのようになるかの例を次に示します。

├── README.md
├── angular-cli.json
├── **e2e …**
├── karma.conf.js
├── **node\_modules …**
├── package.json
├── protractor.conf.js
├── **src …**
└── tslint.json

プロジェクトにサービスを提供する

これにより、デフォルトで http:// localhost:4200でローカルサーバーが実行されます。 また、プロジェクトの変更を監視し、ページを自動的に更新します。 プロジェクトディレクトリ内から次のコマンドを実行します。

$ ng serve

ng生成

ng generate を使用して、 components routers pipes services 、[ X149X]ディレクティブ