1.自動的にインストールする

{空} 1。 “apt-cache search”コマンドでApacheパッケージを検索する

apt-cache search apache

{空} 2。 Apacheのパッケージ名 “apache2″を取得し、 “apt-get” installコマンドを発行します。このインストールには “sudo”特権が必要です。

sudo apt-get install apache2

{空} 3。完了したら、インターネットブラウザ(FirefoxやIEなど)を実行します。ブラウザのURLテキストボックスに「


http://localhost


」と入力します。

{空} 4。あなたのブラウザで “It it!”という言葉が表示されたら、ApacheがUbuntuに正常にインストールされていることを意味します。

  • Apache Httpサーバーはどこにインストールされていますか?

    “find

    “コマンドを発行すると、Apacheのすべてのフォルダとファイルの場所が表示されます。

[email protected]:~$ sudo find/-name apache2/var/lock/apache2/var/run/apache2/var/log/apache2/var/cache/apache2/usr/sbin/apache2/usr/lib/apache2/usr/share/doc/apache2/usr/share/doc/apache2.2-common/examples/apache2/usr/share/apache2/usr/share/bug/apache2/etc/default/apache2/etc/logrotate.d/apache2/etc/cron.daily/apache2/etc/init.d/apache2/etc/apache2

2.手動でインストールする

{空} 1。 Apacheウェブサイトからhttp://httpd.apache.org/download.cgi[Apache Http server]をダウンロードしてください(例:httpd-2.2.13.tar.gz)

{空} 2。 “tar”コマンドで解凍します。

tar xvfz httpd-2.2.13.tar.gz

{空} 3。 “./configure”コマンドでフォルダの場所を設定します。

 ./configure --prefix=/usr/local/apache --enable-shared=max

  • 注意

    オプション

    -prefix

    はサーバがインストールされるパスを示し、

    -enable-shared ** はロードモジュールのサポートを有効にしていますので、将来的にはインストール時にオンにして機能を拡張するかカスタマイズしてくださいサーバーを再コンパイルしないでください。

{空} 4。 “make”コマンドでビルドします。

make

{空} 5。 “install”コマンドでインストールするには、このインストールに “sudo”特権が必要です。

sudo make install

{空} 6。完了すると、すべてのApache HTTPサーバーのファイルとフォルダーは/usr/local/apacheにあります。

手動または自動でインストールする必要がありますか?

これはあなたのニーズと専門知識に本当に依存しています。 “apt-get”コマンドはすべてのフォルダ構造を適切に割り当て、init.dファイルで起動スクリプトを作成し、多くのインストール後設定を自動的に設定します。あなたが怠け者であり、フォルダ構造を気にしないなら、これは間違いなく最良の選択です。

ただし、インストール中にApacheフォルダ構造をカスタマイズし、マシンで何が起きたかを完全に制御する必要がある場合は、手動による方法が必要です。私にとって..怠惰なapt-getのインストールは、より速い方法です:)