序章

アプリケーションのさまざまなコンポーネントの復旧計画を立てたら、それをサポートするために必要なバックアップシステムを設定する必要があります。 このチュートリアルでは、バックアップソリューションとしてBaculaを使用することに焦点を当てます。 Baculaなどの本格的なバックアップシステムを使用する利点は、個々のファイルレベルでバックアップと復元を完全に制御でき、最適なものに応じてバックアップと復元をスケジュールできることです。

Backup Diagram

DigitalOcean Droplet Backups (Droplet全体のスナップショットバックアップ)などのソリューションは、セットアップが簡単で、毎週のバックアップのみが必要な場合は、ニーズに十分対応できる場合があります。 DigitalOceanバックアップを選択する場合は、データベースのホットバックアップの作成セクションに従って、データベースのホットバックアップを設定してください。

チュートリアルのこの部分では、Baculaをセットアップして、アプリケーションセットアップ(db1、app1、app2、およびlb1)を構成するサーバーの必須バックアップの毎日のバックアップを維持します。リカバリプラン-基本的に、これはBaculaを使用してLAMPスタックのバックアップを作成する方法を示すチュートリアルです。 また、Percona XtraBackupを使用して、MySQLデータベースのホットバックアップを作成します。 最後に、rsyncを使用して、リモートデータセンターのサーバーにバックアップのコピーを作成します。 これにより、セットアップにbackupsremotebackups(別のデータセンターにあります)の2つのサーバーが追加されます。

始めましょう。

バックアップサーバーにBaculaをインストールする

次のチュートリアルに従って、backupsサーバーにBaculaをセットアップします。Ubuntu14.04にBaculaサーバーをインストールする方法。

次に、このチュートリアルの Organize Bacula Director Configuration(Server)セクションに従ってください:Baculaを使用してUbuntu14.04サーバーをバックアップする方法。 (バックアップするサーバー上で)Baculaクライアントをセットアップするときにディレクター名が必要になります。 BaculaClientのインストールと設定セクションに到達したら停止します。

設定するすべてのバックアップジョブにRemoteFileプールを使用することに注意してください。 そうは言っても、先に進む前にいくつかの設定を変更することをお勧めします。

各サーバーにBaculaクライアントをインストールする

このチュートリアルのBaculaクライアントのインストールと構成セクションに従って、バックアップする各サーバー(db1、app1、app2、およびlb1)にBaculaクライアントをインストールします。バックアップ方法Baculaを搭載したUbuntu14.04サーバー。 ファイルセットの追加(サーバー)セクションに到達したら停止します。

FileDaemon Name (通常は「-fd」が付加されたホスト名)と Director Password (Baculaサーバーが各クライアントに接続するために使用するパスワード)が必要になることに注意してください。各サーバーのbacula-fd.confファイルから。

Baculaクライアントをバックアップサーバーに追加する

Baculaサーバーのbackupsで、Baculaクライアントをインストールした各サーバーの/etc/bacula/conf.d/clients.confファイルにクライアントリソースを追加します。

clients.confファイルを開きます。

  1. sudo vi /etc/bacula/conf.d/clients.conf

これは、データベースサーバーdb1のクライアントリソース定義の例です。 Name の値は、 FileDaemon リソースの名前と一致する必要があり、 Password は、Directorリソースのパスワードと一致する必要があることに注意してください。 、クライアントサーバー上-これらの値は、各Baculaクライアントサーバー上の/etc/bacula/bacula-fd.confにあります。

projects.conf —クライアントリソース定義の例
Client {
  Name = db1-fd
  Address = db1.nyc3.example.com
  FDPort = 9102
  Catalog = MyCatalog
  Password = "PDL47XPnjI0QzRpZVJKCDJ_xqlMOp4k46"          # password for Remote FileDaemon
  File Retention = 30 days            # 30 days
  Job Retention = 6 months            # six months
  AutoPrune = yes                     # Prune expired Jobs/Files
}

残りのBaculaクライアントサーバーごとに同様のクライアントリソースを作成します。 この例では、終了時に4つのクライアントリソースが必要です。 db1-fd app1-fd app2-fd 、および lb1 -fd。 これにより、 backupsサーバー上のBaculaDirectorが、各サーバー上のBaculaクライアントに接続できるように構成されます…

保存して終了。

このセクションの詳細については、[X54X]Baculaを使用したUbuntuサーバーのバックアップ方法チュートリアル