ステータス:非推奨

この記事では、サポートされなくなったバージョンのCentOSについて説明します。 現在CentOS6を実行しているサーバーを運用している場合は、サポートされているバージョンのCentOSにアップグレードまたは移行することを強くお勧めします。

理由:
CentOS 6は、2020年11月30日に保守終了(EOL)に達しました and no longer receives security patches or updates. For this reason, this guide is no longer maintained.

代わりに参照してください:
このガイドは参照として役立つ場合がありますが、他のCentOSリリースでは機能しない場合があります。 可能な場合は、使用しているCentOSのバージョン用に作成されたガイドを使用することを強くお勧めします。

序章

(この記事の執筆時点では、現在の安定版リリースはNode.jsの場合はv0.10.15、NPMの場合は1.3.5です)

現在、ソースからNode.jsをコンパイルすることは、少し気が遠くなるように思えるかもしれません。 それは恐怖感をかき立てることさえあるかもしれません、結局のところ、それは以前ほど正常ではありません。 しかし、恐れることはありません。思ったよりもはるかに簡単で、開始から終了まで約15分かかります。

自分でコンパイルする理由の1つは、最新バージョンまたはベータリリースバージョンを入手できることです。 CentOSはパッケージの最新リリースバージョンを持っていることで知られていないので、これはあなたが行う方法を知っている何かでなければならないかもしれません。 ただし、このアプローチには大きな落とし穴があります。 更新があったときに警告するパッケージマネージャーはありません。 2つ目の、しかしマイナーな落とし穴は、更新がある場合、古いバージョンをアンインストールしてから、このチュートリアルと同じ方法で新しいソースをコンパイルすることです。 それを覚えておいてください、そして新しいバージョンがリリースされたときにアラートを受け取るために彼らの電子メールニュースレターにサインアップするのは賢明かもしれません。

これは初心者レベルのチュートリアルであり、次のことを前提としています。

  • 新しいCentOS6(x64)VPS(DigitalOceanから)があります
  • ルートレベルの権限があります

‘sudo’を使用する場合は、指定されたコマンドの前にsudoを追加することを知っておく必要があります。

前提条件

DigitalOceanが提供する最低限のインストールに付属していないものをいくつかインストールする必要があります。 それでは、それらをインストールして、ソースコードをコンパイルできることを確認しましょう。 また、約20の依存関係パッケージが一覧表示され、それらを受け入れて、システムにすべてをインストールさせます。

yum install gcc gcc-c++ automake autoconf libtoolize make

ソースコードを入手する

Node’のウェブサイトからソースコードをダウンロードする必要があります。 ホームページには、ダウンロードを強制する大きな緑色のボタンがあります。 これで、ローカルコンピューターにダウンロードする必要はなく、VPSにダウンロードする必要があります。 VPSで、ディレクトリ「opt」に移動します。 なぜその特定のディレクトリに変更するのですか? さて、昔は、「/ opt」は、AT&T、Sun、DEC、サードパーティベンダーなどのUNIXベンダーが「Option」パッケージを保持するために使用していました。 すなわち あなたが余分なお金を払ったかもしれないパッケージ。 その答えがここで雄弁に説明されていることがわかりました。

cd /opt

このディレクトリは空なので、コンパイルするソースコードを保持するのに適した場所です。 しかし今、VPSでパッケージを入手する必要があります。 ツール「wget」を使用してダウンロードします。

wget http://nodejs.org/dist/v0.10.15/node-v0.10.15.tar.gz

パッケージがVPSにあるので、tarファイルからパッケージを抽出します。

tar zxvf node-v0.10.15.tar.gz

使用されるオプションは次のとおりです。「z」はtarがgzipで圧縮されていることを指定し、「x」は抽出を示し、「v」は逆変換を示し、「f」はアーカイブファイルを指定します。 これらのオプションを組み合わせると、tarballファイルがgzipで圧縮されており、抽出する必要があることがtarに通知されます。

これで解凍されたソースコードができたので、ディレクトリにアクセスしてインストールする必要があります。 したがって、そのディレクトリに移動します。

cd node-v0.10.15

このフォルダには、特定のアーキテクチャとカーネル用に特別にコンパイルする必要のあるrawファイルが含まれています。 コンパイル中に指示を与えるためにいくつかのファイルを作成する必要があります。 心配しないでください、これは非常に簡単に行われます。 このようなほとんどのソースコードパッケージには、これらすべてのファイルを作成してオプションを設定する「configure」と呼ばれるbashスクリプトが付属しています。 したがって、configureスクリプトを実行します。

./configure

完了するのに数秒しかかからないはずです、そしてそれはたくさんのものを出力します。 「失敗」または「終了コード」とそれに続く一連のエラーが表示されない限り、正常に完了します。 成功したと思いますので、次のステップに進みます。

すべてのコードを未加工の形式からコンパイルする必要があります。実行するのは非常に簡単なコマンドです。

make

さあ、飲み物を手に取ったり、砂を作ったり、あるいは短い昼寝をしたりしましょう。 これには約5分かかる場合があります。 考えてみてください。これをコンパイルするのにかかる時間内に、いくつかのVPSを起動できます。 すべての依存ファイルを調べてコンパイルし、リンクして、システムで使用できるように設定します。 画面に一連の長いコマンドが点滅します。 あなたは何もする必要はありません、それはそれ自体ですべて実行されます。 座って見ることもできますが、個人的には、コンピューターの実行中に立ち上がって数分間コンピューターを離れることをお勧めします。そうすれば、時間をより有効に活用できます。

完了すると、あと1つのステップしかありません。 もうすぐそこにいるので、今はあきらめないでください。 最後のステップは、コンパイルされたすべてのファイルをVPS上の他のさまざまなフォルダーに移動して、システムがそれらを使用できるようにすることで、実際にシステムにインストールすることです。 これは迅速なプロセスであり、この場合もプロセスは1つのコマンドで処理されます。

make install

完了するまでに少し時間がかかるはずです。完了したら、Node.jsとNPMの両方がインストールされていることを確認できます。

node --version
v0.10.15

npm --version
1.3.5

上記のバージョンが表示されている場合は、それだけです。 これですべて完了し、Node.jsを最初から正常にコンパイルできました。 NPMを介してノードモジュールのインストールを開始できます。または、VPSにアプリが既にある場合は、ノードを起動してアプリを提供できます。