このチュートリアルの以前のバージョンは、 MelissaAndersonによって作成されました。

序章

MongoDB は、多くの最新のWebアプリケーションで使用されているドキュメント指向のデータベースです。 デフォルトでは、インストールされているのと同じサーバーから発信された接続のみが許可されます。 MongoDBをリモートで管理したり、別のアプリケーションサーバーに接続したりする場合は、デフォルトの構成にいくつかの変更を加える必要があります。

このチュートリアルでは、信頼できるリモートコンピューターからのアクセスを安全に許可するようにMongoDBインストールを構成します。 これを行うには、ファイアウォールルールを更新して、MongoDBが接続をリッスンしているポートへのリモートマシンアクセスを提供してから、構成ファイルを更新してIPバインディング設定を変更します。 次に、最後のステップとして、リモートマシンがデータベースに正常に接続できることをテストします。

前提条件

このチュートリアルを完了するには、次のものが必要です。

  • Ubuntu20.04を実行しているサーバー。 このサーバーには、root以外の管理ユーザーとUFWで構成されたファイアウォールが必要です。 Ubuntu20.04初期サーバーセットアップガイドに従ってこれをセットアップします。
  • サーバーにインストールされているMongoDB。 このチュートリアルは、MongoDB 4.4以降がインストールされていることを前提としています。 このバージョンをインストールするには、 Ubuntu20.04にMongoDBをインストールする方法に関するチュートリアルに従ってください。
  • MongoDBインスタンスにアクセスする2番目のコンピューター。 簡単にするために、このチュートリアルでは、このマシンが別のUbuntu 20.04サーバーであり、Ubuntu20.04初期サーバーセットアップガイドに従って非ルート管理ユーザーとUFWファイアウォールが構成されていることを前提としています。 ただし、データベースサーバーでリモート接続を有効にする実際の手順を説明する手順1と2は、リモートマシンが実行しているオペレーティングシステムに関係なく機能します。

最後に、このチュートリアルを完了する必要はありませんが、データベースの管理ユーザーアカウントを作成し、認証を有効にして、MongoDBのインストールを保護することを強くお勧めします。 これを行うには、 Ubuntu20.04でMongoDBを保護する方法に関するチュートリアルに従ってください。

ステップ1—ファイアウォールを調整する

前提条件の初期サーバーセットアップチュートリアルに従い、サーバーでUFWファイアウォールを有効にしたと仮定すると、MongoDBインストールにインターネットからアクセスできなくなります。 同じサーバー上で実行されているアプリケーションでローカルでのみMongoDBを使用する場合は、これが推奨される安全な設定です。 ただし、リモートの場所からMongoDBサーバーに接続できるようにする場合は、新しいUFWルールを追加して、データベースがリッスンしているポートへの着信接続を許可する必要があります。

lsofコマンドを使用して、MongoDBインストールがリッスンしているポートを確認することから始めます。 このコマンドは通常、システムで開いているすべてのファイルのリストを返しますが、-iオプションと組み合わせると、ネットワーク関連のファイルまたはデータストリームのみが一覧表示されます。

次のコマンドは、lsof -iによって生成された出力をmongoという名前の文字列を検索するgrepコマンドにリダイレクトします。

  1. sudo lsof -i | grep mongo

この出力例は、MongoDBがデフォルトポート27017で接続をリッスンしていることを示しています。

Output
mongod 82221 mongodb 11u IPv4 913411 0t0 TCP localhost:27017 (LISTEN)

ほとんどの場合、MongoDBには、アプリケーションをホストしている別のサーバーや、リモートのMongoDBインスタンスの管理に使用されるローカルマシンなど、特定の信頼できる場所からのみアクセスする必要があります。 これを構成する1つの方法は、MongoDBサーバーで次のコマンドを実行することです。これにより、MongoDBのデフォルトのポートへのアクセスが可能になり、他の信頼できるマシンのIPアドレスのみが明示的に許可されます。

次のコマンドを実行し、trusted_machine_ipをMongoDBインスタンスへのアクセスに使用する信頼できるリモートコンピューターのIPアドレスに変更してください。

:信頼できるマシンのIPアドレスがわからない場合は、次のcurlコマンドを実行できます。 これにより、Webサイトicanhazip.comにアクセスし、コマンドを実行したマシンのIPアドレスが返されます。

curl -4 icanhazip.com

また、前のコマンドの出力で、MongoDBのインストールがデフォルト以外のポートでリッスンしていることが示された場合は、このコマンドで27017の代わりにそのポート番号を使用します。

  1. sudo ufw allow from trusted_machine_ip to any port 27017

今後、別のマシンからMongoDBにアクセスしたい場合は、trusted_machine_ipの代わりに新しいマシンのIPアドレスを使用してこのコマンドを再実行してください。

ufwを使用して、ファイアウォール設定の変更を確認できます。

  1. sudo ufw status

出力には、リモートサーバーからポート27017へのトラフィックが許可されていることが示されます。

Output
Status: active To Action From -- ------ ---- OpenSSH ALLOW Anywhere 27017 ALLOW trusted_machine_ip OpenSSH (v6) ALLOW Anywhere (v6)

サービスへのアクセスを制限するためのより高度なファイアウォール設定は、 UFW Essentials:Common Firewall RulesandCommandsにあります。

次に、MongoDBをサーバーのパブリックIPアドレスにバインドして、リモートマシンからアクセスできるようにします。

ステップ2—パブリックbindIPを構成する

この時点で、ポートが開いていても、MongoDBは現在ローカルループバックネットワークインターフェイスである127.0.0.1にバインドされています。 これは、MongoDBがインストールされているサーバーで発生した接続のみを受け入れることができることを意味します。

リモート接続を許可するには、MongoDB構成ファイル(/etc/mongod.conf)を編集して、信頼できるリモートコンピューターが到達できるIPアドレスにMongoDBを追加でバインドする必要があります。 このようにして、MongoDBインストールは、リモートマシンからMongoDBサーバーに対して行われた接続をリッスンできるようになります。

お好みのテキストエディタでMongoDB構成ファイルを開きます。 次の例では、nanoを使用しています。

  1. sudo nano /etc/mongod.conf

network interfacesセクションを見つけてから、bindIpの値を見つけます。

/etc/mongod.conf
. . .
# network interfaces
net:
  port: 27017
  bindIp: 127.0.0.1

. . .

この行にコンマを追加し、その後にMongoDBサーバーのパブリックIPアドレスを追加します。

/etc/mongod.conf
. . .
# network interfaces
net:
  port: 27017
  bindIp: 127.0.0.1,mongodb_server_ip

. . .

これは、MongoDBをインストールしたサーバーのIPアドレスである必要があり、信頼できるリモートマシンのIPアドレスではないことに注意してください

ファイルを保存して閉じます。 nanoを使用した場合は、CTRL + XYENTERの順に押してください。

次に、MongoDBを再起動して、この変更を有効にします。

  1. sudo systemctl restart mongod

その後、MongoDBインストールは、ポート27017へのアクセスを許可したマシンからのリモート接続を受け入れることができるようになります。 最後のステップとして、ステップ1でファイアウォールの通過を許可した信頼できるマシンが、サーバーで実行されているMongoDBインスタンスに到達できるかどうかをテストできます。

ステップ3—リモート接続のテスト

パブリックにルーティング可能なIPアドレスで発生する接続をリッスンするようにMongoDBインストールを構成し、サーバーのファイアウォールを介してMongoのデフォルトポートへのリモートマシンアクセスを許可したので、リモートマシンが接続できることをテストできます。

:前提条件のセクションで説明したように、このチュートリアルでは、リモートマシンがUbuntu20.04を実行している別のサーバーであると想定しています。 手順1と2で概説したリモート接続を有効にする手順は、リモートマシンが実行しているオペレーティングシステムに関係なく機能するはずですが、この手順で説明するテスト方法は、オペレーティングシステム間で普遍的に機能するわけではありません。

信頼できるコンピューターがMongoDBインスタンスに接続できることをテストする1つの方法は、ncコマンドを使用することです。 ncは、 netcat の略で、TCPまたはUDPとのネットワーク接続を確立するために使用されるユーティリティです。 IPアドレスとポート番号の両方を指定できるため、このような場合のテストに役立ちます。

まず、SSHを使用して信頼できるサーバーにログインします。

  1. ssh sammy@trusted_machine_ip

次に、-zオプションを含む次のncコマンドを実行します。 これにより、ncは、データを送信せずに、ターゲットサーバー上のリスニングデーモンのみをスキャンするように制限されます。 前提条件のインストールチュートリアルから、MongoDBがサービスデーモンとして実行されていることを思い出してください。このオプションは、接続のテストに役立ちます。 また、コマンドの冗長性を高めるvオプションが含まれているため、netcatは他の方法では返さない出力を返します。

信頼できるリモートサーバーから次のncコマンドを実行し、mongodb_server_ipをMongoDBをインストールしたサーバーのIPアドレスに置き換えてください。

  1. nc -zv mongodb_server_ip 27017

信頼できるサーバーがMongoDBデーモンにアクセスできる場合、その出力は接続が成功したことを示します。

Output
Connection to mongodb_server_ip 27017 port [tcp/*] succeeded!

互換性のあるバージョンのmongoシェルがリモートサーバーにインストールされていると仮定すると、この時点で、ホストサーバーにインストールされているMongoDBインスタンスに直接接続できます。

接続する1つの方法は、次のように接続文字列URIを使用することです。

  1. mongo "mongodb://mongo_server_ip:27017"

:推奨される Ubuntu 20.04でMongoDBを保護する方法チュートリアルに従った場合、認証されていないユーザーに対するデータベースへのアクセスが遮断されます。 この場合、次のように、有効なユーザー名を指定するURIを使用する必要があります。

  1. mongo "mongodb://username@mongo_server_ip:27017"

シェルは、ユーザーのパスワードを入力するように自動的に促します。

これで、MongoDBサーバーが信頼できるサーバーからの接続を受け入れることができることを確認しました。

結論

これで、リモートサーバーからMongoDBインストールにアクセスできます。 この時点で、信頼できるサーバーからリモートでMongoDBデータベースを管理できます。 または、信頼できるサーバーで実行し、データベースをリモートで使用するようにアプリケーションを構成することもできます。

管理ユーザーを構成して認証を有効にしていない場合は、リモートサーバーにアクセスできるすべてのユーザーがMongoDBインストールにアクセスできます。 まだ行っていない場合は、 Ubuntu 20.04でMongoDBを保護する方法のガイドに従って、管理ユーザーを追加し、さらにロックダウンすることを強くお勧めします。