序章

Ajenti は、Linuxサーバー用のオープンソースのWebベースのコントロールパネルです。 サーバーを構成して最新の状態に保つために必要なほとんどのアクションを実行するためのグラフィカルユーザーインターフェイスを提供します。 Webmin に精通している場合、Ajentiは同じ目的で設計されていますが、よりシンプルで使いやすくなっています。 繰り返しになりますが、それはより単純であるという事実のために、それはそれほど多くの機能を提供しません。 シンプルでありながらしっかりとしたコントロールパネルに目を楽しませたい場合は、Ajentiをチェックする価値があります。

Ajenti Control Panel - Dashboard

1. VPSに接続する

仮想サーバーへのSSH接続を確立し、rootとして認証します。 ルートを使用したくない場合は、「sudosu」を使用してルートシェルを作成することもできます。

ssh [email protected]

最新のパッケージファイルをダウンロードします。

apt-get update

2. キーのインポート/Ajentiリポジトリの追加

2.1. リポジトリキーのインポート

リポジトリキーは、パッケージが正当なソースからのものであることを検証するために使用されるため、感染した可能性のあるパッケージのインストールを防ぎます。

次のコマンドは、キーをダウンロードして、システムに自動的に追加します。

wget http://repo.ajenti.org/debian/key -O- | apt-key add -

2.2. APTリポジトリの追加

次のコマンドを使用して、リポジトリをsources.listに追加できます。

echo "deb http://repo.ajenti.org/ng/debian main main ubuntu" >> /etc/apt/sources.list

または、必要に応じて、お気に入りのテキストエディタで/etc/apt/sources.listを開き、そこにリポジトリのURLを貼り付けることもできます。

nano /etc/apt/sources.list

ファイルの最後に移動して、次の行を貼り付けます

deb http://repo.ajenti.org/debian main main debian

変更を保存し(ctrl + o)、終了します(ctrl + x)。

3. Ajentiのインストール

パッケージソースを更新し、ajentiパッケージをインストールします。

apt-get update && apt-get install ajenti -y

次のコマンドを実行してAjentiを起動します

service ajenti restart

ファイアウォールを使用している場合は、ポート8000を開いて、コントロールパネルにアクセスできるようにしてください。

4. Ajentiにログインします

Webブラウザーを開き、 https://yourdomain.com:8000またはhttps:// your-ip:8000に移動します。

ほとんどの場合、サーバーの証明書に問題があることを示す警告が表示されます。 これは危険ではありません。使用された証明書は、自己生成されたものであるため、信頼できる当事者によって発行されたものではないことを意味します。 信頼できる証明書を既にお持ちの場合は、代わりにそれを使用できます。 ただし、これはこのチュートリアルの範囲外です。 SSLを無効にするオプションも提供されますが、SSLを使用するとトラフィックが暗号化され、ログイン資格情報がプランテキストで送信されないため、SSLを有効のままにしておくことをお勧めします。

デフォルトのログイン資格情報:

ユーザー名:root

パスワード:admin

5. Ajentiの構成

ログインしたら、最初のステップはrootユーザーのパスワードを変更することです。 これを行うには、[構成]メニューに移動します。

rootアカウントの「パスワードの変更」をクリックして、新しいパスワードを入力します。

Change password

また、新しいユーザーを作成して、ユーザーにアクセスを許可する機能を選択することもできます。 これを行うには、最初に[作成]をクリックし、次に[名前なし]をクリックして新しい名前を入力して名前を設定し、最後に名前の左側にあるアイコンをクリックして権限を設定します。

Create user

完了したら、ページ上部の[保存]をクリックします。

他の設定を変更した場合は、コントロールパネルを再起動して変更を適用することも忘れないでください。

Ajentiのカスタマイズ

ダッシュボードを使用すると、多くの有用な情報を一度に表示できます。 デフォルトでは、ウェルカムウィジェットのみが表示されます。 点線の領域からウィジェットをつかんで下にドラッグすると、ウィジェットを削除できます。

「ウィジェットの追加」をクリックして新しいウィジェットを追加し、希望の位置にドラッグすることができます。

Ajenti Control Panel - Dashboard

プラグイン

Ajentiの機能のほとんどは、プラグインによって提供されます。 すでに多くのプラグインが利用可能であり、利用可能なプラグインの数は時間の経過とともに増加します。

「プラグイン」ページで、より多くのプラグインを表示およびインストールできます。 一部のプラグインはデフォルトで無効になっています。これは、プラグインの制御に使用されるアプリケーションがインストールされていないことが原因である可能性があります。 後でAjentiにプラグインがあるアプリケーションをインストールする場合は、Ajentiコントロールパネルを再起動すると、有効になります。

ウェブサイトの設定

Ajentiコントロールパネルを使用して、Webサーバーをインストールおよび構成し、最後にWebサイトをアップロードできます。

LAMP(Linux Apachhe MySQL PHP)は、現時点でLinux用の最も一般的なWebサーバーのセットアップです。 NginxやLighttpdなどの他の選択肢もありますが、このチュートリアルではApacheのみを取り上げます。

Webサーバーのインストール

  1. メニューの「パッケージ」をクリックし、「検索」タブを選択します。
  2. テキストフィールドに「apache2」と入力し、「検索」をクリックします。 リストから「apache2」を見つけ、チェックマークのアイコンをクリックしてパッケージを選択します。 サーバーが64ビットの場合はapache2:amd64を選択し、そうでない場合はapache:i386を選択する必要があります。
  3. テキストフィールドに「php5」と入力し、[検索]をクリックします。 リストから「php5:all」を見つけて、チェックマークのアイコンをクリックします。
  4. テキストフィールドに「mysql-server」と入力し、「検索」をクリックします。 リストから「mysql-server:all」を見つけて、チェックマークのアイコンをクリックします。
  5. 「適用」ボタンをクリックしてパッケージをインストールします。 これにより、コントロールパネルに新しいタブが開きます。新しいタブで質問されたら、yと入力してEnterキーを押す必要があります。
  6. MySQLのroot(管理者)ユーザーのパスワードを設定するように求められます。 パスワードを入力してEnterをクリックし、パスワードの確認を求められたら同じ操作を行います。
  7. インストールが完了すると、ターミナルタブが自動的に閉じられます。
  8. これでWebサイトが公開され、WebブラウザでIPまたはドメインを使用してアクセスできます。

Ajentiを再起動します

これでWebサーバーがインストールされましたが、プラグインは再起動時に更新されるため、Ajentiには表示されません。

  1. メニューの「設定」をクリックします
  2. 「再起動」をクリックしてAjentiコントロールパネルを再起動し、プラグインを有効にします

再度ログインする必要があります。そうすると、Apacheがメニューに表示され、Apacheの起動、停止、リロード、再起動、および構成を行うことができます。

あなたのウェブサイトをアップロードする

Ajentiにはファイルブラウザがありますが、SFTPを使用してファイルをアップロードする方がはるかに効果的で簡単です。 FileZillaは最も一般的に使用されるクライアントですが、任意のSFTPクライアントを使用できます。

  1. sftp:// your-ipに接続し、要求されたらrootユーザーのユーザー名とパスワードを入力します。
  2. フォルダ/var/wwwに移動します
  3. ディレクトリからindex.htmlを削除します
  4. ローカルファイルブラウザ(Explorer)からFilezillaのリモートフォルダにファイルをドラッグし、すべてのアップロードが完了するのを待ちます。

このチュートリアルでは、 info.php というテストファイルをアップロードして、ApacheとPHPの両方がインストールされて機能していることを確認します。

index.phpの内容:

<?php
phpinfo();
?>

ローカルコンピューターで任意のテキストエディターを使用して、info.phpとして保存し、Webルート(/ var / www)にアップロードするか、以下に示すようなコマンドラインを使用することができます。

nano /var/www/index.php

ファイルが作成されてエディターが開いたら、上記のphpコードを貼り付け、 ctrl + x を押し、ファイルを保存するかどうかを尋ねられたら、yを押します。確認。

ファイルが保存されたので、 http:// your-ip に移動すると、「はい、Webサーバーは機能します!」というテキストの白いページが表示されます。 この場合、Webサーバーのインストールに成功しています。 ページが応答しない場合、またはテキストが表示されない場合は、すべての手順を実行し、サーバーファイアウォールがポート80および443での接続を許可していることを確認してください。

SFTPまたはSSHクライアントを使用して、いつでも新しいファイルをアップロードしたり、既存のファイルを編集したりして、Webサイトを更新できます。

スクリーンショット

ファイルシステム

Filesystems

cronジョブ

Cron jobs

パッケージ管理

Package management

サービス

Services

プロセス

Processes

投稿者:ラッシー