###序章

VNC、または「仮想ネットワークコンピューティング」は、キーボードとマウスを使用してリモートサーバー上のグラフィカルデスクトップ環境と対話できるようにする接続システムです。 これにより、コマンドラインにまだ慣れていないユーザーにとって、リモートサーバー上のファイル、ソフトウェア、および設定の管理が容易になります。

このガイドでは、Ubuntu 16.04サーバーにVNCをセットアップし、SSHトンネルを介して安全に接続します。 使用するVNCサーバーは、高速で軽量のリモートコントロールパッケージであるTightVNCです。 この選択により、低速のインターネット接続でもVNC接続がスムーズかつ安定することが保証されます。

##前提条件

このチュートリアルを完了するには、次のものが必要です。

  • Ubuntu16.04初期サーバーセットアップチュートリアルを介してセットアップされたUbuntu16.04ドロップレット。これには、sudo非rootユーザーが含まれます。 このチュートリアルは任意のサイズのドロップレットを使用して完了することができますが、小さいドロップレット上に構築されたVNCには、大きいドロップレットよりも機能の制限が多い場合があることに注意してください。

  • SSHトンネルを介したVNC接続をサポートするVNCクライアントがインストールされたローカルコンピューター。 Windowsを使用している場合は、TightVNC、RealVNC、またはUltraVNCを使用できます。 Mac OS Xユーザーは、組み込みの画面共有プログラムを使用することも、RealVNCなどのクロスプラットフォームアプリを使用することもできます。 Linuxユーザーは、vinagrekrdc、RealVNC、TightVNCなどの多くのオプションから選択できます。

##ステップ1—デスクトップ環境とVNCサーバーのインストール

デフォルトでは、Ubuntu 16.04 Dropletにはグラフィカルデスクトップ環境またはVNCサーバーがインストールされていないため、それらをインストールすることから始めます。 具体的には、最新のXfceデスクトップ環境用のパッケージと、公式のUbuntuリポジトリで入手可能なTightVNCパッケージをインストールします。

サーバーに、XfceおよびTightVNCパッケージをインストールします。

  1. sudo apt-get update
  2. sudo apt install xfce4 xfce4-goodies tightvncserver

インストール後にVNCサーバーの初期構成を完了するには、vncserverコマンドを使用して安全なパスワードを設定します。

  1. vncserver

パスワードと表示専用パスワードを入力して確認するように求められます。 表示専用パスワードでログインするユーザーは、マウスまたはキーボードでVNCインスタンスを制御することはできません。 これは、VNCサーバーを使用して他の人に何かをデモンストレーションしたい場合に便利なオプションですが、必須ではありません。

vncserverを実行すると、サーバーが使用するデフォルトの構成ファイルと接続情報が作成され、VNCのインストールが完了します。 これらのパッケージがインストールされたら、VNCサーバーを構成する準備が整います。

##ステップ2—VNCサーバーの構成

まず、VNCサーバーが起動したときに実行するコマンドを指示する必要があります。 これらのコマンドは、ホームディレクトリの下の.vncフォルダにあるxstartupという構成ファイルにあります。 前の手順でvncserverを実行したときに起動スクリプトが作成されましたが、Xfceデスクトップのコマンドの一部を変更する必要があります。

VNCが最初にセットアップされるとき、ポート5901でデフォルトのサーバーインスタンスを起動します。 このポートはディスプレイポートと呼ばれ、VNCでは:1と呼ばれます。 VNCは、:2:3などの他のディスプレイポートで複数のインスタンスを起動できます。 VNCサーバーを使用する場合、:X5900+Xを参照するディスプレイポートであることに注意してください。

VNCサーバーの構成方法を変更するため、最初にポート5901で実行されているVNCサーバーインスタンスを停止する必要があります。

  1. vncserver -kill :1

出力は次のようになり、PIDが異なります。

Output
Killing Xtightvnc process ID 17648

新しいxstartupファイルの構成を開始する前に、元のファイルをバックアップしましょう。

  1. mv ~/.vnc/xstartup ~/.vnc/xstartup.bak

次に、nanoまたはお気に入りのテキストエディタを使用して新しいxstartupファイルを作成します。

  1. nano ~/.vnc/xstartup

これらのコマンドをファイルに貼り付けて、VNCサーバーを起動または再起動するたびに自動的に実行されるようにしてから、ファイルを保存して閉じます。

~/.vnc/xstartup
#!/bin/bash xrdb $HOME/.Xresources startxfce4 &

ファイルの最初のコマンドxrdb $HOME/.Xresourcesは、サーバーユーザーの.Xresourcesファイルを読み取るようにVNCのGUIフレームワークに指示します。 .Xresourcesは、ユーザーが、端末の色、カーソルのテーマ、フォントのレンダリングなど、グラフィカルデスクトップの特定の設定を変更できる場所です。 2番目のコマンドは、サーバーにXfceを起動するように指示するだけです。ここには、サーバーを快適に管理するために必要なすべてのグラフィカルソフトウェアがあります。

VNCサーバーがこの新しいスタートアップファイルを適切に使用できるようにするには、実行可能特権をサーバーに付与する必要があります。

  1. sudo chmod +x ~/.vnc/xstartup

ここで、VNCサーバーを再起動します。

  1. vncserver

サーバーは、次のような出力で起動する必要があります。

Output
New 'X' desktop is your_server_name.com:1 Starting applications specified in /home/sammy/.vnc/xstartup Log file is /home/sammy/.vnc/liniverse.com:1.log

##ステップ3—VNCデスクトップのテスト

このステップでは、VNCサーバーの接続をテストします。

まず、VNCのlocalhost接続に安全に転送するSSH接続をローカルコンピューターに作成する必要があります。 これは、LinuxまたはOSXのターミナルから次のコマンドで実行できます。 userserver_ip_addressを、サーバーのsudo非rootユーザー名とIPアドレスに置き換えることを忘れないでください。

  1. ssh -L 5901:127.0.0.1:5901 -N -f -l username server_ip_address

PuTTYなどのグラフィカルSSHクライアントを使用している場合は、接続IPとしてserver_ip_addressを使用し、プログラムのSSHトンネル設定でlocalhost:5901を新しい転送ポートとして設定します。

次に、VNCクライアントを使用して、localhost:5901でVNCサーバーへの接続を試みることができます。 認証するように求められます。 使用する正しいパスワードは、手順1で設定したものです。

接続すると、デフォルトのXfceデスクトップが表示されます。 次のようになります。

VNC connection to Ubuntu 16.04 server

次に示すように、ファイルマネージャを使用するか、コマンドラインからホームディレクトリ内のファイルにアクセスできます。

Files via VNC connection to Ubuntu 16.04

##ステップ4—VNCサービスファイルの作成

次に、VNCサーバーをsystemdサービスとしてセットアップします。 これにより、他のsystemdサービスと同様に、必要に応じて起動、停止、再起動できるようになります。

まず、お気に入りのテキストエディタを使用して、/etc/systemd/system/[email protected]という新しいユニットファイルを作成します。

  1. sudo nano /etc/systemd/system/[email protected]

以下をコピーして貼り付けます。 User の値と、 PIDFILE の値のユーザー名を、ユーザー名と一致するように変更してください。

/etc/systemd/system/[email protected]
[Unit] Description=Start TightVNC server at startup After=syslog.target network.target [Service] Type=forking User=sammy PAMName=login PIDFile=/home/sammy/.vnc/%H:%i.pid ExecStartPre=-/usr/bin/vncserver -kill :%i > /dev/null 2>&1 ExecStart=/usr/bin/vncserver -depth 24 -geometry 1280x800 :%i ExecStop=/usr/bin/vncserver -kill :%i [Install] WantedBy=multi-user.target

ファイルを保存して閉じます。

次に、システムに新しいユニットファイルを認識させます。

  1. sudo systemctl daemon-reload

ユニットファイルを有効にします。

  1. sudo systemctl enable [email protected]

@記号に続く1は、サービスが表示される表示番号を示します。この場合は、前述のデフォルトの:1です。 VNCサーバーがまだ実行中の場合は、現在のインスタンスを停止します。

  1. vncserver -kill :1

次に、他のsystemdサービスを開始するのと同じように開始します。

  1. sudo systemctl start [email protected]

次のコマンドで開始したことを確認できます。

  1. sudo systemctl status [email protected]

正しく起動した場合、出力は次のようになります。

出力
[email protected] - TightVNC server on Ubuntu 16.04
   Loaded: loaded (/etc/systemd/system/[email protected]; enabled; vendor preset: enabled)
   Active: active (running) since Mon 2016-04-25 03:21:34 EDT; 6s ago
  Process: 2924 ExecStop=/usr/bin/vncserver -kill :%i (code=exited, status=0/SUCCESS)

...

 systemd[1]: Starting TightVNC server on Ubuntu 16.04...
 systemd[2938]: pam_unix(login:session): session opened for user finid by (uid=0)
 systemd[2949]: pam_unix(login:session): session opened for user finid by (uid=0)
 systemd[1]: Started TightVNC server on Ubuntu 16.04.

##結論

これで、Ubuntu16.04サーバーでセキュリティで保護されたVNCサーバーが稼働しているはずです。 これで、使いやすく使い慣れたグラフィカルインターフェイスを使用して、ファイル、ソフトウェア、および設定を管理できるようになります。