ステータス:非推奨

この記事では、サポートされなくなったバージョンのCentOSについて説明します。 現在CentOS6を実行しているサーバーを運用している場合は、サポートされているバージョンのCentOSにアップグレードまたは移行することを強くお勧めします。

理由 CentOS 6は2020年11月30日に保守終了(EOL)に達し、セキュリティパッチまたはアップデートを受信しなくなりました。 このため、このガイドは維持されなくなりました。

代わりに参照:このガイドは参照として役立つ場合がありますが、他のCentOSリリースでは機能しない場合があります。 可能な場合は、使用しているCentOSのバージョン用に作成されたガイドを使用することを強くお勧めします。

次のDigitalOceanチュートリアルは、CentOS 7サーバーへのphpMyAdminのインストールの概要を示しているため、すぐに役立つ場合があります。

序章


多くのWebサイトやアプリケーションでは、大量の情報を保存および管理するためにデータベースが必要です。 MySQLとMariaDBは、柔軟性、パワー、およびユビキタス性のために、人気のあるデータベース管理システムです。

多くのユーザーにとって、データベースの管理はコマンドラインから困難です。 Webインターフェースの使用を好む人にとって、phpMyAdminはコマンド駆動型管理の優れた代替手段です。

このガイドでは、CentOS6.4VPSにphpMyAdminをインストールして設定する方法について説明します。 手順は他のバージョンでもかなり似ているはずです。

ステップ1—LAMPスタックをインストールする

phpMyAdminをインストールする前に、サーバーにApache、MySQL、およびPHPをインストールする必要があります。 基盤となるオペレーティングシステムとともに、これはLAMPスタック(Linux、Apache、MySQL、PHP)として知られています。

次のように入力することで、デフォルトのyumリポジトリから必要なコンポーネントをインストールできます。

  1. sudo yum install httpd mysql-server php php-mysql

Webサーバー、データベースサーバー、および動的処理言語がサーバーにインストールされ、使用できるようになります。

ステップ2—LAMPスタックを構成する

次に、インストールしたばかりのコンポーネントを構成する必要があります。

Webサーバーを起動します

まず、Webサーバーをオンにします。 次のコマンドはApacheを起動します。

  1. sudo service httpd start

WebブラウザでサーバーのIPアドレスにアクセスして、サーバーが稼働していることを確認します。

http://server_IP_addr

デフォルトのCentOSApacheテストページが表示されます。 ブラウザを使用したくない場合は、curlを使用してページの生のHTMLを表示できます。

curl 127.0.0.1

結果の最初の部分には、次のようなテキストが含まれている必要があります。

Output
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.1//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml11/DTD/xhtml11.dtd"> <head> <title>Apache HTTP Server Test Page powered by CentOS</title> <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8" /> <style type="text/css"> . . .

このページが表示されている場合は、Webサーバーが稼働しています。

MySQLを構成する

次に、データベースであるMySQLを構成できます。 次のように入力してサービスを開始します。

  1. sudo service mysqld start

最初にすべきことは、いくつかの危険なデフォルトをロックダウンする単純なセキュリティスクリプトを実行することです。 また、root管理ユーザーのデータベースパスワードを設定することもできます。

  1. sudo mysql_secure_installation

最初の質問では、MySQLデータベースのcurrentパスワードを入力するように求められます。 パスワードはまだ設定していないので、Enterキーを押してください。 その後、データベースのパスワードをすぐに選択して確認できます。 残りのすべてのプロンプトでEnterキーを押して、デフォルト値を選択します。

次のように入力すると、データベースのパスワードが正しく設定されていることをテストできます。

  1. mysql -u root -p

発行したデータベースパスワードの入力を求められます。 入力後、MySQLセッションにドロップする必要があります。

exitと入力して、シェルセッションに戻ります。

  1. exit

これでデータベースを使用する準備が整いました。

ステップ3—phpMyAdminをインストールします

これで、phpMyAdminパッケージをインストールする準備が整いました。 このソフトウェアは、CentOS6のデフォルトリポジトリでは使用できません。 ただし、EPELリポジトリ(Enterprise Linux用の追加パッケージ)では使用できます。

次のように入力することで、EPELリポジトリへのアクセスをシステムに追加できます。

  1. sudo yum install epel-release

新しいリポジトリを受け入れたら、次のように入力してphpMyAdminパッケージをインストールできます。

  1. sudo yum install phpmyadmin

これにより、phpMyAdminがインストールされます。 ただし、それでも構成する必要があります。

ステップ4—phpMyAdminを設定する

セキュリティ上の理由から、phpMyAdminインターフェイスへのアクセスを特定のIPアドレスにロックダウンする必要があります。

あなたのIPアドレスを見つけてください

データベースへのアクセスに使用する予定のコンピューターのIPアドレスを知っている必要があります。 これは、許可されていない人が接続できないようにするためのセキュリティ上の予防措置です。

注:これは、VPSのではなくであり、自宅または職場のコンピューターのIPアドレスです。

Webブラウザで次のサイトのいずれかにアクセスすると、より優れたWebがIPアドレスをどのように認識するかを確認できます。

いくつかの異なるサイトを比較し、それらすべてが同じ価値を提供することを確認してください。 これを書き留めます。

Apacheファイルを構成する

phpMyAdminパッケージは、Webアクセスの構成に使用されるApache仮想ホストファイルをインストールします。 次のコマンドでファイルを開きます。

  1. sudo nano /etc/httpd/conf.d/phpMyAdmin.conf

デフォルトでは、この構成では、ソフトウェアをホストしているのと同じコンピューターからのアクセスのみが許可されます。 データベース、Webサーバー、および管理ソフトウェアは、自宅のコンピューターではなくVPSでホストされているため、これらの値を調整する必要があります。

ここで、自宅のコンピューターに関するIP情報が役立ちます。 127.0.0.1へのすべての参照を、見つけたIPアドレスに変更します。

変更する必要がある場所は4つあります。

/etc/httpd/conf.d/phpMyAdmin.conf
. . .
Require ip your_workstation_IP_address
. . .
Allow from your_workstation_IP_address
. . .
Require ip your_workstation_IP_address
. . .
Allow from your_workstation_IP_address
. . .

ファイルを保存して閉じます。

次のコマンドを使用してサーバーを再起動する必要があります。

  1. sudo service httpd restart

ステップ5—結果を確認してください!

これで、インターフェースが構成され、アクセスできるようになります。

WebブラウザでVPSIPアドレスに続けて「/phpmyadmin」を指定します

http://VPS_IP_address/phpmyadmin

ログインするように求められます。 ユーザーrootとMySQL構成段階で選択したパスワードを使用します。

https://assets.digitalocean.com/articles/cent_phpmyadmin/login.png