序章

バージョン管理は、現代のソフトウェア開発に不可欠なツールになっています。 バージョン管理システムを使用すると、ソフトウェアをソースレベルで追跡できます。 変更を追跡し、前の段階に戻り、ベースコードから分岐して、ファイルとディレクトリの代替バージョンを作成できます。

最も人気のあるバージョン管理システムの1つは、gitです。 多くのプロジェクトはファイルをGitリポジトリに保持しており、GitHub、GitLab、Bitbucketなどのサイトでは、Gitとのコードの共有と貢献がこれまでになく簡単になっています。

このガイドでは、CentOS7サーバーにGitをインストールする方法を示します。 ソフトウェアをいくつかの異なる方法でインストールする方法について説明します。それぞれに独自の利点があり、すぐにコラボレーションを開始できるようにGitを設定する方法も説明します。

前提条件

このガイドを開始する前に、最初に完了する必要のあるいくつかの手順があります。

sudo権限を持つ非rootユーザーでインストールおよび構成されたCentOS7サーバーが必要になります。 まだこれを行っていない場合は、 CentOS 7初期サーバーセットアップガイドの手順1〜4を実行して、このアカウントを作成できます。

root 以外のユーザーを取得したら、それを使用してCentOSサーバーにSSHで接続し、Gitのインストールを続行できます。

ステップ1—Gitをインストールする

Gitをインストールする最も簡単な方法は、CentOSのデフォルトのソフトウェアリポジトリからです。 これが最速の方法ですが、この方法でインストールされたGitバージョンは、利用可能な最新バージョンよりも古い可能性があります。 最新のリリースが必要な場合は、ソースからgitをコンパイルすることを検討してください。

CentOSのネイティブパッケージマネージャーであるyumを使用して、CentOSのリポジトリで利用可能な最新のgitパッケージを検索してインストールします。

  1. sudo yum install git

コマンドがエラーなしで完了すると、gitがダウンロードおよびインストールされます。 正しく機能していることを再確認するには、Gitの組み込みバージョンチェックを実行してみてください。

  1. git --version

そのチェックでGitのバージョン番号が生成された場合は、Gitの設定に進むことができます。

ステップ2—Gitを設定する

gitがインストールされたので、正しい情報が添付されたコミットメッセージが生成されるように、自分に関する情報を構成する必要があります。 これを行うには、git configコマンドを使用して、コミットに埋め込む名前と電子メールアドレスを指定します。

  1. git config --global user.name "Your Name"
  2. git config --global user.email "[email protected]"

これらの構成が正常に追加されたことを確認するために、次のように入力して設定されたすべての構成項目を確認できます。

  1. git config --list
Output
user.name=Your Name user.email=[email protected]

この構成により、エラーメッセージが表示され、送信後にコミットを修正する手間が省けます。

結論

これで、gitがインストールされ、システムで使用できるようになります。 Gitの使用方法の詳細については、次のより詳細な記事をご覧ください。