序章

MongoDBは、無料のオープンソースのNoSQLデータベースです。 これは、データベーススキーマ設計に高いパフォーマンス、スケーラビリティ、および多くの柔軟性を提供するため、今日のWebアプリケーションで使用される最も人気のあるデータベースの1つです。 このチュートリアルでは、FreeBSD10.1にMongoDBをインストールして実行する方法を学びます。

前提条件

このチュートリアルに従うには、次のものが必要です。

  • SSH経由でアクセス可能なFreeBSD10.1サーバー
  • root権限を持つユーザー。 DigitalOceanのデフォルトのfreebsdユーザーは問題ありません
  • SSHキー

FreeBSDドロップレットには、リモートアクセス用のSSHキーが必要です。 freebsd ユーザーが自動的に作成され、SSHキーがこのユーザーアカウントに追加されます。 FreeBSDのrootパスワードは電子メールで送信されません。 SSHキーの設定については、FreeBSDサーバーでSSHキーベースの認証を設定する方法をお読みください。

注: FreeBSD 10.1のインストールと使用については、 Get Getting Started withFreeBSDチュートリアルシリーズをご覧ください。

ステップ1—パッケージ管理ツールのインストール

次のコマンドを使用して、FreeBSD10.1ドロップレットにログインします。

  1. ssh [email protected]your_server_ip

FreeBSDは、pkgと呼ばれるツールを使用してバイナリパッケージを管理します。 次のように入力して、リポジトリカタログを更新します。

  1. sudo pkg update -f

ステップ2—MongoDBをインストールする

pkgを使用する準備ができたので、次のコマンドを実行して、MongoDBとそのすべての依存関係をインストールします。

  1. sudo pkg install mongodb

mongodbをインストールする前に、最初にpkgを更新するように求められる場合があります。 プロンプトが表示されたら、Yを押します。 pkgが更新されると、MongoDBのインストールが自動的に開始されます。

インストールされるパッケージのリストが表示され、続行するかどうかの確認を求められます。 Yを押してインストールを開始します。

ステップ3—起動時にMongoDBを自動的に起動できるようにする

起動時にMongoDBを自動的に起動するには、/etc/rc.confファイルを編集する必要があります。 ルート権限が必要なため、sudoを使用する必要があります。 nanoを使用する場合は、次のコマンドを使用してインストールする必要があります。

  1. sudo pkg install nano

nanoをデフォルトのパスに追加するには、ログアウトしてから再度ログインする必要がある場合があります。

それ以外の場合は、viを使用できます。

  1. sudo vi /etc/rc.conf

ファイルの最後に次の行を追加して、FreeBSDサーバーの起動時にMongoDBのプライマリデーモンが自動的に起動できるようにします。

mongod_enable="YES"

ステップ4—MongoDBを起動する

これで、サーバーを再起動してMongoDBを自動的に起動できます。 それを望まない場合は、serviceコマンドを使用してMongoDBを手動で起動できます。

  1. sudo service mongod start

MongoDBが稼働しています。

ステップ5—MongoDBを構成する

オプションで、構成の詳細を/usr/local/etc/mongodb.confに追加して、MongoDBをカスタマイズできます。

たとえば、ポート 27017 (デフォルトのポート)ではなく、ポート 9000 で実行するには、mongodb.confに次を追加します。

/usr/local/etc/mongodb.conf
net:
    port: 9000

mongodb.confを変更するたびに、MongoDBを再起動して変更を有効にする必要があります。

  1. sudo service mongod restart

オプションの完全なリストについては、 MongoDBリファレンス:構成ファイルオプションを参照してください。

ステップ6—インストールの確認

mongoシェルを使用してデータベースに接続します。

  1. sudo mongo

別のポートでMongoDBを実行するように構成を変更した場合は、代わりに以下を実行してください。

  1. sudo mongo --port <your-port-number>

すべてがうまくいけば、次の出力が表示されます。

MongoDB shell version: 2.6.7
connecting to: test
Welcome to the MongoDB shell.
For interactive help, type "help".
For more comprehensive documentation, see
	http://docs.mongodb.org/
Questions? Try the support group
	http://groups.google.com/group/mongodb-user
> 

32ビットのFreeBSDサーバーでは、次の警告も表示されます。

Server has startup warnings: 
2015-05-13T19:01:49.548+0100 [initandlisten] 
2015-05-13T19:01:49.548+0100 [initandlisten] ** NOTE: This is a 32 bit MongoDB binary.
2015-05-13T19:01:49.548+0100 [initandlisten] **       32 bit builds are limited to less than 2GB of data (or less with --journal).
2015-05-13T19:01:49.548+0100 [initandlisten] **       Note that journaling defaults to off for 32 bit and is currently off.
2015-05-13T19:01:49.548+0100 [initandlisten] **       See http://dochub.mongodb.org/core/32bit
2015-05-13T19:01:49.548+0100 [initandlisten]

これらの警告は開発環境またはテスト環境では無視できますが、MongoDBの本番インスタンスは64ビットサーバーでのみ実行することをお勧めします。

結論

この短いチュートリアルでは、パッケージ管理ツールを使用して、FreeBSD10.1サーバーにMongoDBをインストールする方法を学びました。 MongoDBのインスタンスで何ができるかについて詳しくは、MongoDB2.6マニュアルを参照してください。