ステータス:非推奨

この記事では、サポートされなくなったバージョンのCentOSについて説明します。 現在CentOS6を実行しているサーバーを運用している場合は、サポートされているバージョンのCentOSにアップグレードまたは移行することを強くお勧めします。

理由:
CentOS 6は、2020年11月30日に保守終了(EOL)に達しました and no longer receives security patches or updates. For this reason, this guide is no longer maintained.

代わりに参照してください:
このガイドは参照として役立つ場合がありますが、他のCentOSリリースでは機能しない場合があります。 可能な場合は、使用しているCentOSのバージョン用に作成されたガイドを使用することを強くお勧めします。

次のDigitalOceanチュートリアルは、CentOS7サーバーにRubyon Railsをインストールする方法の概要を示しているため、すぐに役立つ可能性があります。

RubyonRailsについて

Ruby on Railsは、さまざまなWebアプリケーションをすばやく作成するためのフレームワークをWeb開発者に提供するアプリケーションスタックです。

Ruby on Railsをインストールするには、3つの別々のプロセスが必要です。Ruby、Ruby Gems、Railsの順にインストールする必要があります。

設定

このチュートリアルの手順では、ユーザーがroot権限を持っている必要があります。 これを設定する方法は、手順3と4の初期サーバー設定チュートリアルで確認できます。

ステップ1-Rubyをインストールする

仮想サーバーにRubyをインストールする最も簡単な方法は、yumパッケージインストーラーを使用することです。

sudo yum install ruby

プロンプトに「はい」と答えると、Rubyがインストールされます。

次に、Rubyの依存関係を追加する必要があります。

ターミナルに次のように入力します。

sudo yum install gcc g++ make automake autoconf curl-devel openssl-devel zlib-devel httpd-devel apr-devel apr-util-devel sqlite-devel
sudo yum install ruby-rdoc ruby-devel

処理中に、プロンプトがさまざまなパッケージをインストールする許可を求める場合があります。 先に進み、毎回「はい」と言ってください。

ステップ2—RubyGemsをインストールする

Rubyをインストールすると、rubygemを簡単にインストールできます。

次のコマンドをターミナルに入力します。

sudo yum install rubygems

プロンプトに同意したら、RubygemをVPSにインストールする必要があります。 ただし、このプロセスで問題が発生した場合は、別の方法を使用してRubyGemsをインストールできます。

ソースからRubyGemsをインストールする方法

何らかの理由でyumインストーラーが機能しない場合は、次の手順に従って、ソースからrubygemをインストールできます。

まず、rubyコードを保存するための新しいディレクトリを作成します。

sudo mkdir ~/src
sudo cd ~/src

次に、先に進んで、rubygemsを新しいフォルダーにダウンロードできます。 (次のサイトにアクセスすると、いつでも最新の利用可能な宝石にアクセスできます。

http://rubygems.org/pages/download)

wget http://rubyforge.org/frs/download.php/69365/rubygems-1.3.6.tgz?tar -zxvf rubygems-1.3.6.tgz
cd rubygems-1.3.6

これで、RubyGemをインストールする準備が整いました。

sudo ruby setup.rb

プロンプトに「はい」と答えると、gemのインストールが完了します。

これで、仮想サーバーにRailsをインストールする準備が整いました。

ステップ3—Railsをインストールする

すべてが最新で正しく設定されていることを確認するために、2つの更新をすばやく実行する必要があります。

宝石をチェックしてください:

sudo gem update

次に、システム全体を確認します。

sudo gem update --system

すべてが処理されたら、Railsをインストールします。

開始するには、ターミナルを開いて次のように入力します。

sudo gem install rails

このプロセスにはしばらく時間がかかる場合がありますので、しばらくお待ちください。

特に腹立たしいと感じている場合は、次のように入力できます。

sudo gem install rails -V

ターミナルはプロセスのすべての詳細を表示するので、それが機能していることを確認できます。

表示されるプロンプトに「はい」と答えると、レールの取り付けが完了します。

これでRubyonRailsが正常にインストールされました。

続きを見る

VPSにインストールされたRubyonRailsをセットアップしたら、サイトのSSL証明書の作成またはFTPサーバーのインストールに進むことができます。

EtelSverdlov著