序章

Ruby on Rails(略してRoR)は、Rubyで記述された非常に人気のあるフルスタックWebアプリケーション開発フレームワークです。 これにより、MVC(model-view-controller)パターンに準拠するWebアプリケーションを迅速に開発できます。

このチュートリアルでは、FreeBSD10.1サーバーでRVMを使用してRubyonRails開発環境をセットアップする方法について説明します。

前提条件

始める前に、必要なのは次のとおりです。

  • FreeBSD10.1ドロップレット。

  • root権限を持つユーザー。 (デフォルトの freebsd ユーザーは問題ありません。)

ステップ1—bashをデフォルトシェルとして設定する

このチュートリアルでは、Rubyバージョンマネージャー(略してRVM)を使用してRubyをインストールします。 RVMはbash3.2.25以降で最適に動作するため、このステップでは、bashをインストールし、デフォルトのシェルとして設定します。

始める前に、FreeBSD10.1サーバーにログインします。

  1. ssh [email protected]your_server_ip

次に、pkgを使用して最新バージョンのbashをインストールします。

  1. sudo pkg install bash

bashを機能させるには、/etc/fstabに行を追加する必要があります。 eeまたはお好みのテキストエディタを使用してファイルを開きます。

  1. sudo ee /etc/fstab

以下に示すように、ファイルの最後にfdesc /dev/fd fdescfs rw 0 0という行を追加します。

/ etc / fstab
# Custom /etc/fstab for FreeBSD VM images
/dev/gpt/rootfs /       ufs     rw      2       2
/dev/gpt/swapfs none    swap    sw      0       0
fdesc	/dev/fd		fdescfs		rw	0	0

ファイルを保存して終了し、新しいエントリをマウントします。

  1. sudo mount -a

これでbashがインストールされたので、chshコマンドを使用してbashをデフォルトのシェルとして設定します。

  1. sudo chsh -s bash

bashの使用を開始するには、ログアウトしてサーバーに再度ログインします。 ログアウトしたくない場合は、次のように入力してbashセッションを手動で開始できます。

  1. bash

ステップ2—RVMのインストール

このステップでは、RVMをインストールします。

RVMインストーラーをダウンロードするには、最初にcurlをインストールする必要があります。

  1. sudo pkg install curl

/tmpディレクトリに移動します。

  1. cd /tmp

https://get.rvm.ioからRVMインストーラースクリプトをダウンロードします。

  1. curl -sSL https://get.rvm.io -o installer.sh

最後に、スクリプトを使用して、RVMの最新の安定したリリースをインストールします。

  1. bash installer.sh stable

RVMはシェルのスタートアップコンフィギュレーションにいくつかの変更を加えるため、これらの変更をアクティブ化するための推奨される方法は、現在のセッションからログアウトして再度ログインすることです。 または、次を実行して、現在のセッションに変更を手動で適用することもできます。

  1. . ~/.rvm/scripts/rvm

ステップ3—Rubyをインストールする

これで、RVMを使用して任意のバージョンのRubyをインストールできます。 2.2.2 は、2015年6月現在入手可能な最新の安定バージョンであるため、このバージョンをインストールします。

  1. rvm install 2.2.2

これには少し時間がかかります。 インストールが完了したら、システムで使用可能なルビーを一覧表示します。

  1. rvm list

インストールが成功すると、次のように表示されます。

rvmリスト出力
rvm rubies

=* ruby-2.2.2 [ i386 ]

# => - current
# =* - current && default
#  * - default

Ruby2.2.2が$PATHに存在することを確認するには、次のように入力します。

  1. ruby -v

次のようなメッセージが表示されます。

ルビー-v出力
ruby 2.2.2p95 (2015-04-13 revision 50295) [x86_64-freebsd10.1]

ステップ4— RubyonRailsをインストールする

このステップでは、RubyonRailsをインストールします。

Ruby on Railsはgemであるため、gem install railsを使用してRubyGems(Rubyのパッケージ管理フレームワーク)を使用して簡単にインストールできます。 ただし、このインストールには、他の多くのgem(一部はコンパイルする必要があります)とそれらのドキュメントファイルが含まれているため、完了するまでに時間がかかります。 --no-rdoc --no-riフラグを追加すると、このコマンドを大幅に高速化できます。これにより、ドキュメントのインストールがスキップされます。

オプションでドキュメントなしでRubyonRailsをインストールします。

  1. gem install rails --no-rdoc --no-ri

Rails Assets Pipelineが機能するには、サーバーにJavascriptランタイムが存在する必要があります。 入手する最も簡単な方法は、pkgを使用してNode.jsをインストールすることです。

  1. sudo pkg install node-devel

ステップ5—テストプロジェクトの作成

Railsのインストールが完了したので、/tmpディレクトリ内に空のプロジェクトを作成してテストしましょう。

/tmpディレクトリにまだいない場合は、そのディレクトリに移動します。

  1. cd /tmp

railsコマンドを使用して、 test-project (または任意のプロジェクト)という新しいプロジェクトを作成します。

  1. rails new test-project

プロジェクトディレクトリを入力します。

  1. cd test-project/

そして最後に、Railsコンソールを起動してみてください。

  1. rails c

Railsのインストールが成功すると、次のプロンプトが表示されます。

railscプロンプト
Loading development environment (Rails 4.2.1)
2.2.2 :001 >

exitと入力すると、プロンプトを終了できます。

  1. exit

結論

このチュートリアルでは、FreeBSD10.1サーバーでRubyonRailsをセットアップする方法を学びました。 これで、FreeBSDサーバーをRailsプロジェクトの開発環境として使用できます。

その際、RVMを使用してRubyをインストールする方法も学びました。 RMVについて詳しく知りたい場合は、RVMを使用してRuby環境を管理する方法に関するこのチュートリアルを確認してください。