序章

Vestaコントロールパネルは、Webサイト、電子メール、データベース、およびDNS機能を備えた無料のオープンソースコントロールパネルです。 このチュートリアルでは、UbuntuまたはCentOSサーバーにコントロールパネルをインストールし、デフォルトの管理インターフェイスポートを更新し、既存のインストールからユーザーデータを移行する方法を学習します。

注: 2018年4月8日、VestaCPに脆弱性が発見され、攻撃者がホストシステムを侵害し、他のサーバーを標的とする悪意のあるトラフィックを送信する可能性がありました。 その結果、DigitalOceanはVestaCPのデフォルトを無効にしました port 8083. このチュートリアルでは、使用するインストールを更新します port 5600 代わりは。 この脆弱性に関する最新情報については、以下をお読みください。 このコミュニティのQ&A投稿

前提条件

このチュートリアルを完了するには、次のリソースが必要です。

  • Ubuntu16.04またはCentOS7サーバー
  • サーバーを指すドメイン名。 DigitalOceanでホスト名を設定する方法では、DigitalOceanコントロールパネルでドメインを管理する方法を説明します。 このチュートリアルでは、panel.example.comを使用します
  • ns1.example.comns2.example.comをサーバーに向けている2つのAレコード

VestaCPのインストール

SSH経由でサーバーにログインします。 VestaCPは個々のユーザーアカウントの作成を処理するため、このチュートリアルでは、rootユーザーとしてログインして初期設定を行うことを前提としています。

ログイン後、に移動します /tmp 一時ディレクトリとインストールスクリプトをダウンロードします。

cd /tmp
curl -O https://assets.digitalocean.com/vesta/install-vesta-do.sh

このスクリプトは、公式のVestaCPインストールスクリプトのラッパーです。 お気に入りのテキストエディタで開いて、その機能を確認できます。 公式スクリプトを使用してソフトウェアをインストールし、使用する管理インターフェースを更新します port 5600.

スクリプトを実行可能にします。

chmod +x install-vesta-do.sh

最後に、スクリプトを実行してVestaCPをインストールします。 VestaCPのインストールページにある公式インストールスクリプトでサポートされているオプションのいずれかを渡すことができます。 を使用します --force そうしないと、インストーラーが一部のマシンの既存のadminグループについて文句を言う可能性があるためです。

./install-vesta-do.sh --force

スクリプトはインタラクティブにいくつかの質問をし、インストールを完了するのに約5〜15分かかります。 管理インターフェースのURLが、管理者ログイン情報とともに印刷されます。

Output
Congratulations, you have just successfully installed Vesta Control Panel https://panel.example.com:8083 username: admin password: a-random-password

注:これらの初期URLは引き続き使用されるため、正しくありません。 port 8083. インストール出力の最後の行は次のようになります

Configuring to use port 5600 as admin port

すべて更新 port 8083 への参照 port 5600 接続を試みる前に。 たとえば、URLの例はhttps://panel.example.com:5600になります。 最初のインストール後、ユーザーへの後続の電子メールはすべて正しいポートを使用します。

これで、VestaCPがサーバー上で稼働しています。 既存のVestaCPがインストールされている場合は、次の手順に進みます。次の手順で、ユーザーデータを新しいサーバーに移行します。

サーバー間でのVestaCPユーザーデータの移行

VestaCPには、ユーザーデータのバックアップと復元に役立つスクリプトがいくつか付属しています。 これらのスクリプトを使用して、すべてのユーザーを移行します。

移行元のサーバーで、 v-backup-users すべてのユーザーをバックアップするには:

v-backup-users

注: command not found バックアッププログラムの実行時にエラーが発生した場合は、更新が必要になる場合があります PATH 実行することによって:

export PATH=$PATH:/usr/local/vesta/bin

これは、VestaCPのインストール後にログアウトして再度ログインすると、自動的に処理されます。

このコマンドはステータス情報を出力しません。 結果のバックアップファイルを確認するには、 /backup:

ls /backup
Output
admin.2018-04-11_13-07-02.tar exampleuser.2018-04-11_13-07-02.tar

上記の出力は、バックアップされた2人のユーザーadminexampleuserを示しています。 これらのファイルを新しいサーバーに転送するには、 scp 効用。 次の手順は、バックアップファイルが1つでも複数でも同じように機能します。

新しいサーバーでパスワード認証を使用している場合は、次のように、古いサーバーから新しいサーバーにファイルを直接転送するのが最も簡単です。

scp /backup/* [email protected]panel.example.com:/backup/

パスワードの代わりにSSHキーを使用する場合、これは簡単には機能しません。 その場合、ファイルをローカルマシンにダウンロードしてから、新しいサーバーにアップロードするのが最も簡単です。 最初にファイルを保持するための一時的なローカルディレクトリを作成します。 ローカルコマンドラインで、次の手順を実行します。

mkdir /tmp/vesta-backups
scp [email protected]old-server.example.com:/backup/* /tmp/vesta-backups/
scp /tmp/vesta-backups/* [email protected]panel.example.com:/backup/

今、バックアップで .tar 新しいサーバーにアップロードされたファイル /backup ディレクトリで、新しいサーバーに再度ログインして、 v-restore-user プロセスを完了するためのコマンド:

v-restore-user admin admin.2018-04-11_13-07-02.tar

に注意してください v-restore-user コマンドには、のファイル名が必要です。 .tar ファイル、ですが、ファイルへのフルパスではありません。 指定したファイル名は、 /backup ディレクトリ。

このコマンドは、復元したアイテムの要約を出力します。 復元する必要のあるユーザーごとにこのコマンドを繰り返し、ユーザー名と .tar 必要に応じてファイル名。 これで移行は完了です。

結論

このチュートリアルでは、VestaCPコントロールパネルをインストールし、デフォルトの管理インターフェイスのポートを更新し、既存のインストールからユーザーデータを移行しました。 VestaCPソフトウェアを使用してWebサイトと電子メールをセットアップする方法の詳細については、 Ubuntu14.04にVestaCPをインストールしてWebサイトをセットアップする方法のステップ3と4を参照してください。 公式ドキュメントも参照できます。