前書き

WordPressは、PHPとMySQLを使用する無料のオープンソースWebサイトおよびブログツールです。 WordPressは現在、インターネット上で最も人気のあるCMS(コンテンツ管理システム)であり、その機能を拡張するための20,000以上のプラグインがあります。 これにより、WordPressは、Webサイトを迅速かつ簡単に起動して実行するための優れた選択肢になります。

このガイドでは、CentOS 7上のApache WebサーバーでWordPressインスタンスをセットアップする方法を示します。

前提条件

このガイドを始める前に、最初に完了する必要があるいくつかのステップがあります。

`+ sudo +`権限を持つ非rootユーザーでインストールおよび構成されたCentOS 7サーバーが必要です。 まだこれを行っていない場合は、https://www.digitalocean.com/community/tutorials/initial-server-setup-with-centos-7 [CentOS 7サーバーの初期セットアップの手順1〜4を実行できます。ガイド]このアカウントを作成します。

さらに、CentOS 7サーバーにLAMP(Linux、Apache、MySQL、およびPHP)スタックをインストールする必要があります。 これらのコンポーネントがまだインストールまたは構成されていない場合は、このガイドを使用してhttps://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-install-linux-apache-mysql-php-lamp-を学ぶことができますstack-on-centos-7 [CentOS 7にLAMPをインストールする方法]。

これらの手順が完了したら、WordPressのインストールを続行できます。

ステップ1-WordPress用のMySQLデータベースとユーザーを作成する

最初のステップは準備です。 WordPressは、リレーショナルデータベースを使用して、サイトとそのユーザーの情報を管理します。 この機能を提供できるMariaDB(MySQLのフォーク)が既にインストールされていますが、WordPressで動作するデータベースとユーザーを作成する必要があります。

開始するには、次のコマンドを発行してMySQLの + root +(管理)アカウントにログインします。

mysql -u root -p

MySQLのインストール時にルートアカウントに設定したパスワードの入力を求められます。 そのパスワードが送信されると、MySQLコマンドプロンプトが表示されます。

まず、WordPressが制御できる新しいデータベースを作成します。 これは好きなように呼び出すことができますが、この例では「+ wordpress」と呼びます。

CREATE DATABASE ;

*注意:*すべてのMySQLステートメントまたはコマンドはセミコロン( +; +)で終わる必要があるため、問題が発生した場合はこれが存在することを確認してください。

次に、WordPressの新しいデータベースを操作するためだけに使用する新しいMySQLユーザーアカウントを作成します。 単一機能のデータベースとアカウントを作成すると、アクセス許可やその他のセキュリティニーズをより適切に制御できるため、良いアイデアです。

新しいアカウントを「+ wordpressuser 」と呼び、パスワードに「 password +」を割り当てます。 これらの例はあまり安全ではないため、必ず別のユーザー名とパスワードを使用する必要があります。

CREATE USER @localhost IDENTIFIED BY '';

この時点で、それぞれWordPress専用に作成されたデータベースとユーザーアカウントがあります。 ただし、ユーザーはデータベースにアクセスできません。 データベースへのユーザーアクセスを許可することにより、2つのコンポーネントをリンクする必要があります。

GRANT ALL PRIVILEGES ON .* TO @localhost IDENTIFIED BY '';

ユーザーがデータベースにアクセスできるようになったので、MySQLが最近行った特権の変更について知るために、特権をフラッシュする必要があります。

FLUSH PRIVILEGES;

これらのコマンドがすべて実行されたら、次のように入力してMySQLコマンドプロンプトを終了できます。

exit

これで、通常のSSHコマンドプロンプトに戻るはずです。

ステップ2-WordPressのインストール

WordPressをダウンロードする前に、正しく動作することを確認するためにインストールする必要があるPHPモジュールが1つあります。 このモジュールがないと、WordPressは画像のサイズを変更してサムネイルを作成できません。 `+ yum +`を使用して、CentOSのデフォルトリポジトリからそのパッケージを直接取得できます。

sudo yum install php-gd

次に、新しいモジュールを認識するようにApacheを再起動する必要があります。

sudo service httpd restart

これで、プロジェクトのWebサイトからWordPressをダウンロードしてインストールする準備ができました。 幸い、WordPressチームは常にソフトウェアの最新の安定バージョンを同じURLにリンクしているため、次のように入力することで最新バージョンのWordPressを取得できます。

cd ~
wget http://wordpress.org/latest.tar.gz

これにより、必要なすべてのWordPressファイルを含む圧縮アーカイブファイルがダウンロードされます。 `+ tar +`を使用して、アーカイブされたファイルを抽出してWordPressディレクトリを再構築できます。

tar xzvf latest.tar.gz

これで、ホームディレクトリに「+ wordpress 」というディレクトリが作成されます。 解凍したファイルをApacheのドキュメントルートに転送することでインストールを完了できます。ドキュメントルートは、ウェブサイトの訪問者に提供できます。 WordPressファイルを ` rsync +`で転送できます。これにより、ファイルのデフォルトの権限が保持されます。

sudo rsync -avP ~/wordpress/ /var/www/html/

`+ rysnc `は、展開したディレクトリからすべてのコンテンツを ` / var / www / html / `のドキュメントルートに安全にコピーします。 ただし、アップロードされたファイルを保存するには、WordPress用のフォルダーを追加する必要があります。 ` mkdir +`コマンドでそれを行うことができます:

mkdir /var/www/html/wp-content/uploads

次に、WordPressのファイルとフォルダーに正しい所有権と許可を割り当てる必要があります。 これにより、WordPressが意図したとおりに機能できるようになりながら、セキュリティが向上します。 これを行うには、 `+ chown +`を使用して、Apacheのユーザーとグループに所有権を付与します。

sudo chown -R apache:apache /var/www/html/*

この変更により、WebサーバーはWordPressファイルを作成および変更できるようになり、コンテンツをサーバーにアップロードできるようになります。

ステップ3-WordPressの構成

WordPressを使用するために必要な設定のほとんどは、後でWebインターフェースを介して完了します。 ただし、WordPressがそのために作成したMySQLデータベースに接続できるようにするには、コマンドラインから作業を行う必要があります。

WordPressをインストールしたApacheルートディレクトリに移動することから始めます。

cd /var/www/html

WordPressが依存するメインの設定ファイルは、 `+ wp-config.php`と呼ばれます。 必要な設定にほぼ一致するサンプル構成ファイルがデフォルトで含まれています。 WordPressがファイルを認識して使用できるように、デフォルトの設定ファイルの場所にコピーするだけです。

cp wp-config-sample.php wp-config.php

構成ファイルが機能するようになったので、テキストエディターで開きます。

nano wp-config.php

このファイルに対して行う必要がある変更は、データベース情報を保持するパラメーターのみです。 WordPressが作成したデータベースに正しく接続して認証するために、「+ MySQL settings 」というタイトルのセクションを見つけ、「 DB_NAME 」、「 DB_USER 」、および「 DB_PASSWORD +」変数を変更する必要があります。

これらのパラメーターの値に、作成したデータベースの情報を入力します。 これは次のようになります。

// ** MySQL settings - You can get this info from your web host ** //
/** The name of the database for WordPress */
define('DB_NAME', '');

/** MySQL database username */
define('DB_USER', '');

/** MySQL database password */
define('DB_PASSWORD', '');

変更する必要があるのはこれらの値のみであるため、完了したらファイルを保存して閉じます。

ステップ4-Webインターフェイスを介したインストールの完了

ファイルが適切に配置され、ソフトウェアが設定されたので、WebインターフェースからWordPressのインストールを完了できます。 Webブラウザーで、サーバーのドメイン名またはパブリックIPアドレスに移動します。

http://

まず、WordPressのインストールに使用する言語を選択する必要があります。 言語を選択して[続行]をクリックすると、WordPressの初期構成ページが表示され、初期管理者アカウントを作成できます。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/wordpress_centos7/wordpress_web_install.png [WordPress Web Install]

作成するサイトおよび管理アカウントの情報を入力します。 完了したら、下部にある[* WordPressのインストール*]ボタンをクリックして続行します。

WordPressはインストールを確認し、作成したアカウントでログインするように求めます。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/wordpress_centos7/wordpress_success.png [WordPress Success]

続行するには、下部にある[ログイン]ボタンをクリックして、管理者アカウント情報を入力します。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/wordpress_centos7/wordpress_login.png [WordPressログイン]

*ログイン*をクリックすると、新しいWordPressダッシュボードが表示されます。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/wordpress_centos7/wordpress_dashboard.png [WordPressダッシュボード]

結論

これで、CentOS 7サーバーでWordPressインスタンスが起動して実行されているはずです。 ここからは多くの道があります。 以下に一般的なオプションをいくつか示します。