ステータス:非推奨

この記事では、サポートされなくなったバージョンのUbuntuについて説明します。 現在Ubuntu12.04を実行しているサーバーを運用している場合は、サポートされているバージョンのUbuntuにアップグレードまたは移行することを強くお勧めします。

理由: Ubuntu 12.04は2017年4月28日に保守終了(EOL)に達し、セキュリティパッチまたはアップデートを受信しなくなりました。 このガイドはもう維持されていません。

代わりに参照してください:
このガイドは参考として役立つかもしれませんが、他のUbuntuリリースでは機能しない可能性があります。 可能な場合は、使用しているUbuntuのバージョン用に作成されたガイドを使用することを強くお勧めします。 ページ上部の検索機能を使用して、より新しいバージョンを見つけることができます。

クラウドサーバーへの移行

多くのブロガーは共有ホスティングから始めます。 これは最初は良いかもしれませんが、トラフィックが増えると(例: 1日あたり数百人以上の訪問者)、ブログをパーソナルクラウドサーバーに移動することを検討する必要があります。 1つに移行することはそれほど複雑ではありません。手順を正しく実行するだけで、ダウンタイムなしで数時間以内にWordPressブログ/Webサイトを移行できます。

ステップ1。 バックアップを作成する

MySQLデータベース(現在の共有ホスティングサーバーから)とともに、すべてのファイルをバックアップする必要があります。 ほとんどの共有ホスティングプロバイダーには、cPanelなどのサーバーを管理するためのシンプルなGUIがあります。

バックアップファイル(画像、テーマ、プラグイン)

コアのWordPressファイルをバックアップする必要はありませんが、画像(投稿用に既にアップロードされている場合があります)、テーマ、プラグインをバックアップする必要があります。 これを行うには、まず、のアーカイブを作成します wp-contents ディレクトリ(右クリック=> zipとして圧縮)、ダウンロードします。

データベースをバックアップする

cPanelで、「バックアップウィザード=>MySQLデータベース」に移動します。

MySQLデータベースを*。sql.gz形式でダウンロードできるようになります。 名前を付けて保存 backup_db.sql.gz デスクトップ上。

ステップ2。 LAMPスタックを使用してクラウドサーバーをセットアップする

Ubuntu 12.04でドロップレット(クラウドサーバー)を起動し、基本的なセットアッププロセスについては次のガイドに従ってください: Ubuntu ServerSetup。 クラウドサーバーがセットアップされたので、MySQL、PHPなどのWordPress依存関係とApacheなどのWebサーバーをインストールする必要があります。 このガイドに従って、LAMPスタックを設定します。

ステップ3。 WordPressをインストールする

LAMPスタックを設定したら、最新バージョンのWordPressをインストールします。 これを行うには、次のガイドに従ってください:UbuntuへのWordpressのインストール

ステップ4。 仮想ホストを作成する

WordPressブログを処理するためのApache仮想ホストを作成します。 site-availableディレクトリに新しいファイルを作成します。

sudo nano /etc/apache2/sites-available/yourdomain.com

ブログの仮想ホストを追加します( yourdomain.comusername を適宜置き換えます)。 各 VirtualHost ブロックは個別のクラウドサーバーを定義し、数字の80はApacheがリッスンするポートを示します。 ServerName ドメイン名を表し、 DocumentRoot WordPressディレクトリのルートを指している必要があります。

&ltVirtualHost *:80>
     ServerName yourdomain.com
     DocumentRoot /var/www/
&lt/VirtualHost>
&ltVirtualHost *:80>
     ServerName www.yourdomain.com
     Redirect permanent / http://yourdomain.com/
&lt/VirtualHost>

次に、Apacheユーティリティを使用してこの仮想ホストを有効にします a2ensite. 上記の構成を取り、Apacheにリッスンするように指示します yourdomain.com.

sudo a2ensite yourdomain.com

次に、Apacheサーバーをリロードします。 サーバー構成に変更を加えるときはいつでも、それらの変更を適用するためにサーバーをリロードする必要があります。

sudo service apache2 reload

ステップ5。 データベースとファイルを復元する

これでWordPressのインストールがセットアップされましたが、古い記事、画像、テーマなどはインポートされていません。 最初にファイルをアップロードしましょう。

バックアップファイルのアップロード-MySQLデータベースとファイルの内容をVPSにアップロードする

scp ファイルのアップロードに非常に便利です。 FTPと同様に、ファイルを転送できますが、SCPはSSH経由で安全に転送します。 ファイルをアップロードするには、コマンドに2つの引数を渡す必要があります。 1つ目はアップロードするファイルの場所で、2つ目はターゲットサーバー(username @ server_ip_addressの形式)です。 バックアップファイルをアップロードするには、これらのコマンドをローカル(コンピューター上)で実行するだけで、サーバーのホームディレクトリにファイルがアップロードされます。

scp ~/Downloads/backup_db.sql.gz [email protected]_ip_address:
scp ~/Downloads/wp-content.zip [email protected]_ip_address:

データベースを復元する

データベースを復元するには、サーバーにログインして次のように入力します(置換 database_name, database_user したがって)以下のコマンド:

mysql -h localhost -u database_user -p database_name < backup_db.sql.gz 

このコマンドにはいくつかの引数が必要です。ホストアドレスを指定するための-hオプション(データベースが同じサーバー上で実行されているため、この場合はlocalhostです)、2番目の引数-uは、データベースのユーザー名、3番目のオプションを提供します。 -pは、パスワードがプロンプトで提供されることを意味し、4番目のオプションはWordPressデータベースの名前を指定し、最後の引数は入力(バックアップデータベース)です。

データベースユーザーのパスワードを入力するように求められます。 数秒以内に、データベースの内容が指定されたデータベースにインポートされます。

wp-contentファイルを復元する

テーマ、アップロードされたメディア(画像、ビデオなど)、およびプラグインを復元するには、単に抽出します( unzip コマンド)zipアーカイブ。 コンテンツを抽出して、既存のwp-contentsディレクトリにマージします。

sudo unzip wp-content.zip -d /var/www/

ステップ6。 ブログをテストする

ダウンタイムをゼロにするために、このステップは重要です。 ブログが新しい場所に正しく設定されていることを確認する必要があります。 これを行うには、最初にhostsファイルを更新します。

sudo nano /etc/hosts

この行をhostsファイルに追加します(yourdomain.comにアクセスすると、新しいサーバーを指しますが、コンピューター上のみです。これにより、テストが容易になります)。

server_ip_address  yourdomain.com 

次に、DNSキャッシュをクリアします(hostsファイルを更新したため、変更を適用するにはDNSキャッシュをクリアする必要があります。 nscdは、DNSキャッシュの結果をフラッシュするための便利な小さなツールです)

sudo service nscd restart

今、あなたが訪問した場合 yourdomain.com、新しいサーバーからページを読み込んでいます。 期待どおりに表示される場合(すべての記事、画像、ページ、プラグイン、カスタムデザインなど)、すべての設定が完了していることを意味し、次のステップに進む必要があります。 それ以外の場合は、何が悪かったのかを理解してください。 (テストに成功したら、hostsファイルから上記の行を削除します)。

ステップ7。 DNS設定を更新する

次に、ドメインレジストラを使用してDNS設定を更新する必要があります。 Aレコードの場合、IPアドレスを新しい値(VPSのIPアドレス)に更新するか、DNSをVPSプロバイダーに移動する(そしてそこにAレコードを追加する)こともできます。 DigitalOceanの場合、次のネームサーバーを配置する必要があります。

ns1.digitalocean.com
ns2.digitalocean.com
ns3.digitalocean.com

:DNSサーバーは新しい値の伝播を開始しますが、時間がかかるため、移行直後(できれば1日後)に古い共有ホスティングを終了しないでください。

投稿者: Ramesh Jha