著者はCOVID-19救済基金を選択し、 Write forDOnationsプログラムの一環として寄付を受け取りました。

序章

Apache Webサーバーは、仮想ホストを使用して、単一のインスタンスで複数のドメインを管理します。 同様に、 PHP-FPM はデーモンを使用して、単一のインスタンスで複数のPHPバージョンを管理します。 一緒に、ApacheとPHP-FPMを使用して、それぞれが異なるバージョンのPHPを使用し、すべて同じサーバー上で同時に複数のPHPWebアプリケーションをホストできます。 これは、アプリケーションごとに異なるバージョンのPHPが必要になる場合があるため便利ですが、定期的に構成されたLAMPスタックなどの一部のサーバースタックは1つしか管理できません。 ApacheとPHP-FPMを組み合わせることも、各アプリケーションを独自のインスタンスでホストするよりもコスト効率の高いソリューションです。

PHP-FPMは、次の構成オプションも提供します。 stderrstdout ロギング、緊急再起動、および適応プロセスの生成。これは、負荷の高いサイトに役立ちます。 実際、ApacheをPHP-FPMで使用することは、特にパフォーマンスに関しては、PHPアプリケーションをホストするための最良のスタックの1つです。

このチュートリアルでは、1つのインスタンスに2つのPHPサイトをセットアップします。 各サイトは独自のドメインを使用し、各ドメインは独自のバージョンのPHPをデプロイします。 最初、 site1.your_domain、PHP7.0をデプロイします。 二番目、 site2.your_domain、PHP7.2をデプロイします。

前提条件

  • CentOS 7を使用した初期サーバーセットアップに従ってセットアップされた少なくとも1GBのRAMを備えた1台のCentOS7サーバー(sudo非rootユーザーとファイアウォールを含む)。
  • CentOS7にApacheWebサーバーをインストールする方法に従ってセットアップおよび構成されたApacheWebサーバー。
  • CentOS7サーバーを指すように構成されたドメイン名。 共通ドメインレジストラからDigitalOceanネームサーバーをポイントする方法に従って、ドメインをDigitalOceanドロップレットにポイントする方法を学ぶことができます。 このチュートリアルでは、2つのサブドメインを使用します。各サブドメインは、 A DNS設定に記録します。 site1.your_domainsite2.your_domain.

ステップ1—PHP-FPMを使用したPHPバージョン7.0および7.2のインストール

前提条件が完了したら、PHPバージョン7.0および7.2をインストールします。 SCL(ソフトウェアコレクション)リポジトリは、CentOS7システム用のPHPスタックの多数のバージョンを維持しています。 PHPの最新バージョンが必要で、SCLで利用できない場合は、代わりに remi PPA(パーソナルパッケージアーカイブ)を確認してください。

SCLリポジトリをシステムにインストールすることから始めます。

  1. sudo yum install centos-release-scl -y

まず、SCLで利用できるPHP7のバージョンを確認しましょう。

  1. sudo yum list rh-php7[0-9].x86_64

次のような出力が表示されます。

Output
Available Packages rh-php70.x86_64 2.3-1.el7 centos-sclo-rh rh-php71.x86_64 1-1.el7 centos-sclo-rh rh-php72.x86_64 1-2.el7 centos-sclo-rh rh-php73.x86_64 1-1.el7 centos-sclo-rh

最新バージョンのPHP7.3も利用可能であることに注意してください。 ただし、この例では、バージョン7.0および7.2をインストールします。

古いバージョンから始めましょう。 インストール rh-php70rh-php70-php-fpm:

  1. sudo yum install rh-php70 rh-php70-php-fpm -y
  • rh-php70 PHPアプリケーションを実行するメタパッケージです。
  • rh-php70-php-fpm デーモンとして実行され、Fast/CGI要求を受信するFastProcessManagerインタープリターを提供します。

ここで、PHPバージョン7.2のプロセスを繰り返します。 インストール rh-php72rh-php72-php-fpm.

  1. sudo yum install rh-php72 rh-php72-php-fpm -y

次に、次のコマンドを実行して、両方のソフトウェアコレクションの使用を開始します。

  1. sudo scl enable rh-php70 bash
  2. sudo scl enable rh-php72 bash

デフォルトでは、両方のPHPバージョンがポートでリッスンしています 9000. ただし、このチュートリアルでは、2つのバージョンを同時に実行します。 したがって、2つの新しいポートを指定しましょう。

これを達成するために、あなたは開くことができます /etc/opt/rh/rh-php70/php-fpm.d/www.conf お気に入りのテキストエディタで、のすべての外観を変更します 90009002. 次に、ファイルを保存して閉じ、次のプロセスを繰り返します。 /etc/opt/rh/rh-php72/php-fpm.d/www.conf、今だけ代用 90009003. または、これら2つを使用できます sed 置換を行うためのコマンド:

  1. sudo sed -i 's/:9000/:9002/' /etc/opt/rh/rh-php70/php-fpm.d/www.conf
  2. sudo sed -i 's/:9000/:9003/' /etc/opt/rh/rh-php72/php-fpm.d/www.conf

これで、各PHPサービス専用のポートが指定されました。 ただし、これらの変更が機能する前に、SELinux構成にポートを追加する必要があります。

SELinuxはSecurityEnhancedLinuxの略で、CentOS7ではデフォルトで有効になっています。 新しいポートを追加する必要があります 90029003 SELinuxデータベースに追加し、それらをhttpdサービスに割り当てます。そうしないと、アプリケーションが実行されません。 使用 semanage このタスクを実行するコマンド:

  1. sudo semanage port -a -t http_port_t -p tcp 9002
  2. sudo semanage port -a -t http_port_t -p tcp 9003

The -a flagは、データベースにオブジェクトを追加することを指定します。 The -t フラグはオブジェクトのタイプを指定します。この場合は次のようになります。 http_port_t. そしてその -p フラグは tcp プロトコル。 SELinuxと semanage このチュートリアルのコマンド、または公式SELinuxドキュメントにアクセスしてください。

これで、PHPサービスを開始して有効にする準備が整いました。 あなたの rh-php70-php-fpm サービスを提供し、起動時に開始できるようにします。

  1. sudo systemctl start rh-php70-php-fpm
  2. sudo systemctl enable rh-php70-php-fpm

次に、あなたのステータスを確認します rh-php70-php-fpm サービス:

  1. sudo systemctl status rh-php70-php-fpm

次のような出力が表示されます。

Output
● rh-php70-php-fpm.service - The PHP FastCGI Process Manager Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/rh-php70-php-fpm.service; enabled; vendor preset: disabled) Active: active (running) since Sat 2020-04-18 04:49:59 UTC; 1min 6s ago Main PID: 1852 (php-fpm) Status: "Processes active: 0, idle: 5, Requests: 0, slow: 0, Traffic: 0req/sec" CGroup: /system.slice/rh-php70-php-fpm.service ├─1852 php-fpm: master process (/etc/opt/rh/rh-php70/php-fpm.conf) ├─1853 php-fpm: pool www ├─1854 php-fpm: pool www ├─1855 php-fpm: pool www ├─1856 php-fpm: pool www └─1857 php-fpm: pool www Apr 18 04:49:59 centos-s-1vcpu-1gb-blr1-01 systemd[1]: Starting The PHP FastCGI Process Manager... Apr 18 04:49:59 centos-s-1vcpu-1gb-blr1-01 systemd[1]: Started The PHP FastCGI Process Manager.

このプロセスを繰り返して、 rh-php72-php-fpm サービスを提供し、起動時に開始できるようにします。

  1. sudo systemctl start rh-php72-php-fpm
  2. sudo systemctl enable rh-php72-php-fpm

次に、あなたのステータスを確認します rh-php72-php-fpm サービス:

  1. sudo systemctl status rh-php72-php-fpm

次のような別の出力が表示されます。

Output
● rh-php72-php-fpm.service - The PHP FastCGI Process Manager Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/rh-php72-php-fpm.service; enabled; vendor preset: disabled) Active: active (running) since Sat 2020-04-18 04:50:04 UTC; 1min 59s ago Main PID: 1876 (php-fpm) Status: "Processes active: 0, idle: 5, Requests: 0, slow: 0, Traffic: 0req/sec" CGroup: /system.slice/rh-php72-php-fpm.service ├─1876 php-fpm: master process (/etc/opt/rh/rh-php72/php-fpm.conf) ├─1877 php-fpm: pool www ├─1878 php-fpm: pool www ├─1879 php-fpm: pool www ├─1880 php-fpm: pool www └─1881 php-fpm: pool www Apr 18 04:50:04 centos-s-1vcpu-1gb-blr1-01 systemd[1]: Starting The PHP FastCGI Process Manager... Apr 18 04:50:04 centos-s-1vcpu-1gb-blr1-01 systemd[1]: Started The PHP FastCGI Process Manager.

この時点で、サーバーに2つのPHPバージョンがインストールされています。 次に、展開するWebサイトごとにディレクトリ構造を作成します。

ステップ2—両方のWebサイトのディレクトリ構造を作成する

このセクションでは、2つのWebサイトそれぞれのドキュメントルートディレクトリとインデックスページを作成します。

まず、両方のドキュメントルートディレクトリを作成します site1.your_domainsite2.your_domain:

  1. sudo mkdir /var/www/site1.your_domain
  2. sudo mkdir /var/www/site2.your_domain

デフォルトでは、ApacheWebサーバーは apache ユーザーと apache グループ。 そう /var/www/ また、そのすべてのファイルとサブディレクトリもそれらによって所有されている必要があります。 次のコマンドを実行して、Webサイトのルートディレクトリの正しい所有権と権限を確認します。

  1. sudo chown -R apache:apache /var/www/site1.your_domain
  2. sudo chown -R apache:apache /var/www/site2.your_domain
  3. sudo chmod -R 755 /var/www/site1.your_domain
  4. sudo chmod -R 755 /var/www/site2.your_domain

The chown コマンドは、2つのWebサイトディレクトリの所有権をに変更します apache ユーザーと apache グループ。 The chmod コマンドは、そのユーザーとグループ、およびその他に関連付けられている権限を変更します。

次に、を作成します info.php 各Webサイトのルートディレクトリ内のファイル。 これにより、各WebサイトのPHPバージョン情報が表示されます。 で始まる site1:

  1. sudo vi /var/www/site1.your_domain/info.php

次の行を追加します。

/var/www/site1.your_domain/info.php
<?php phpinfo(); ?>

ファイルを保存して閉じます。 次に、 info.php 作成したファイル site2:

  1. sudo cp /var/www/site1.your_domain/info.php /var/www/site2.your_domain/info.php

これで、Webサーバーに、各サイトが訪問者にデータを提供するために必要なドキュメントルートディレクトリができました。 次に、2つの異なるPHPバージョンで動作するようにApacheWebサーバーを構成します。

ステップ3—両方のWebサイト用にApacheを構成する

このセクションでは、2つの仮想ホスト構成ファイルを作成します。 これにより、2つのWebサイトが2つの異なるPHPバージョンで同時に動作できるようになります。

Apacheがこのコンテンツを提供するには、正しいディレクティブを使用して仮想ホストファイルを作成する必要があります。 ディレクトリ内に2つの新しい仮想ホスト構成ファイルを作成します /etc/httpd/conf.d/.

まず、Webサイトの新しい仮想ホスト構成ファイルを作成します site1.your_domain. ここでは、PHP7.0を使用してコンテンツをレンダリングするようにApacheに指示します。

  1. sudo vi /etc/httpd/conf.d/site1.your_domain.conf

次のコンテンツを追加します。 Webサイトのディレクトリパス、サーバー名、ポート、およびPHPのバージョンが設定と一致していることを確認してください。

/etc/httpd/conf.d/site1.your_domain.conf

<VirtualHost *:80>
     ServerAdmin [email protected]site1.your_domain
     ServerName site1.your_domain
     DocumentRoot /var/www/site1.your_domain
     DirectoryIndex info.php
     SetHandler "proxy:fcgi://127.0.0.1:9002
     ScriptAlias /cgi-bin/ "/var/www/cgi-bin/"
     AddHandler php70-fcgi .php
     Action php70-fcgi /cgi-bin/php70.fcgi
     ErrorLog /var/log/httpd/site1.your_domain_error.log
     CustomLog /var/log/httpd/site1.your_domain_access.log combined
</VirtualHost>

為に DocumentRoot Webサイトのルートディレクトリのパスを指定しています。 為に ServerAdmin あなたはそのメールを追加しています your_domain サイト管理者がアクセスできます。 為に ServerName 最初のサブドメインのURLを追加します。 為に SetHandler ポートを指定しています 9002. 残りのディレクティブも、PHP7.0をデプロイするようにサービスを構成します。

ファイルを保存して閉じます。

次に、Webサイトの新しい仮想ホスト構成ファイルを作成します site2.your_domain. PHP 7.2をデプロイするには、このサブドメインを指定します。

  1. sudo vi /etc/httpd/conf.d/site2.your_domain.conf

次のコンテンツを追加します。 繰り返しになりますが、Webサイトのディレクトリパス、サーバー名、ポート、およびPHPのバージョンが一意の情報と一致していることを確認してください。

/etc/httpd/conf.d/site2.your_domain.conf
<VirtualHost *:80>
     ServerAdmin [email protected]site2.your_domain
     ServerName site2.your_domain
     DocumentRoot /var/www/site2.your_domain
     DirectoryIndex info.php
     SetHandler "proxy:fcgi://127.0.0.1:9003
     ScriptAlias /cgi-bin/ "/var/www/cgi-bin/"
     AddHandler php72-fcgi .php
     Action php72-fcgi /cgi-bin/php72.fcgi
     ErrorLog /var/log/httpd/site2.your_domain_error.log
     CustomLog /var/log/httpd/site2.your_domain_access.log combined
</VirtualHost>

終了したら、ファイルを保存して閉じます。 次に、Apache構成ファイルで構文エラーがないか確認します。

  1. sudo apachectl configtest

出力印刷が表示されます Syntax OK:

  1. Output
    Syntax OK

最後に、Apacheサービスを再起動して、変更を実装します。

  1. sudo systemctl restart httpd

各サイトにサービスを提供するようにApacheを構成したので、それらをテストして、適切なPHPバージョンが実行されていることを確認します。

ステップ4—両方のWebサイトをテストする

この時点で、2つの異なるバージョンのPHPを実行するように2つのWebサイトを構成しました。 次に、結果をテストします。

Webブラウザーを開き、両方のサイトにアクセスします http://site1.your_domainhttp://site2.your_domain. 次のような2つのページが表示されます。

タイトルに注意してください。 最初のページはそれを示しています site1.your_domain PHPバージョン7.0をデプロイしました。 2番目はそれを示します site2.your_domain PHPバージョン7.2をデプロイしました。

サイトをテストしたので、 info.php ファイル。 これらにはサーバーに関する機密情報が含まれており、権限のないユーザーがアクセスできるため、セキュリティの脆弱性があります。 ファイルを削除します。

  1. sudo rm -rf /var/www/site1.your_domain/info.php
  2. sudo rm -rf /var/www/site2.your_domain/info.php

これで、2つの異なるPHPバージョンを持つ2つのWebサイトを処理する単一のCentOS7サーバーができました。 ただし、PHP-FPMはこの1つのアプリケーションに限定されません。

結論

これで、仮想ホストとPHP-FPMを組み合わせて、単一のサーバーで複数のWebサイトと複数のバージョンのPHPを提供できるようになりました。 Apacheサービスが処理できるPHPサイトとPHPバージョンの数に対する実際的な制限は、インスタンスの処理能力だけです。

ここから、アダプティブスポーンプロセスやログ記録方法など、PHP-FPMのより高度な機能の調査を検討できます。 sdtoutstderr または、Webサイトを保護することもできます。 これを実現するには、Let’sEncryptの無料のTLS/SSL証明書を使用してサイトを保護する方法に関するチュートリアルに従ってください。