序章

Let’s Encryptは、無料の TLS / SSL証明書を取得してインストールする方法を提供する認証局(CA)であり、これによりWebサーバーで暗号化されたHTTPSを有効にします。 必要な手順のほとんど(すべてではないにしても)を自動化しようとするソフトウェアクライアント Certbot を提供することにより、プロセスを合理化します。 現在、証明書の取得とインストールのプロセス全体は、ApacheとNginxの両方で完全に自動化されています。

このチュートリアルでは、Certbotを使用してUbuntu 18.04でApache用の無料のSSL証明書を取得し、証明書が自動的に更新されるように設定されていることを確認します。

このチュートリアルでは、Let’s Encryptによって保護されるWebサイトをセットアップするために、デフォルトの構成ファイルの代わりに別のApache仮想ホストファイルを使用します。 サーバーでホストされているドメインごとに新しいApache仮想ホストファイルを作成することをお勧めします。これは、よくある間違いを回避し、フォールバック設定としてデフォルトファイルを維持するのに役立ちます。

前提条件

このチュートリアルを完了するには、次のものが必要です。

  • このUbuntu18.04チュートリアルの初期サーバーセットアップに従ってセットアップされた1つのUbuntu18.04サーバー。これには、sudo非rootユーザーとファイアウォールが含まれます。

  • 完全に登録されたドメイン名。 このチュートリアルでは、全体を通して例としてyour_domainを使用します。 Namecheap でドメイン名を購入するか、 Freenom で無料でドメイン名を取得するか、選択したドメイン登録事業者を使用できます。

  • 次の両方のDNSレコードがサーバー用に設定されています。 それらを追加する方法の詳細については、このDigitalOceanDNSの紹介に従ってください。

    • サーバーのパブリックIPアドレスを指すyour_domainのAレコード。
    • サーバーのパブリックIPアドレスを指すwww.your_domainのAレコード。
  • Ubuntu 18.04にApacheをインストールする方法に従って、Apacheをインストールします。 ドメインに仮想ホストファイルがあることを確認してください。 このチュートリアルでは、例として/etc/apache2/sites-available/your_domain.confを使用します。

ステップ1—Certbotをインストールする

Let’s EncryptでSSL証明書を取得するには、サーバーにCertbotソフトウェアをインストールする必要があります。 このチュートリアルでは、デフォルトのUbuntuパッケージリポジトリを使用してCertbotをインストールします。

次のコマンドを実行すると、certbotpython3-certbot-apacheの2つのパッケージがインストールされます。 後者はCertbotとApacheを統合するプラグインであるため、1つのコマンドで証明書の取得とWebサーバー内のHTTPSの構成を自動化できます。

  1. sudo apt install certbot python3-certbot-apache

YENTERの順に押して、インストールを確認します。

これで、Certbotがサーバーにインストールされました。 次に、Apacheの構成を確認して、仮想ホストが適切に設定されていることを確認します。 これにより、certbotクライアントスクリプトがドメインを検出し、新しく生成されたSSL証明書を自動的に使用するようにWebサーバーを再構成できるようになります。

ステップ2—Apache仮想ホスト構成の確認

WebサーバーのSSLを自動的に取得して構成するには、CertbotがApache構成ファイルで正しい仮想ホストを見つけられる必要があります。 サーバードメイン名は、VirtualHost構成ブロックで定義されたServerNameおよびServerAliasディレクティブから取得されます。

Apacheインストールチュートリアル仮想ホストのセットアップ手順に従った場合、/etc/apache2/sites-available/your_domain.confにドメインのVirtualHostブロックがあり、ServerNameディレクティブがすでに適切に設定されている必要があります。

確認するには、nanoまたはお気に入りのテキストエディタを使用して、ドメインの仮想ホストファイルを開きます。

  1. sudo nano /etc/apache2/sites-available/your_domain.conf

既存のServerNameおよびServerAlias行を検索します。

/etc/apache2/sites-available/your_domain.conf
...
ServerName your_domain;
SeverAlias www.your_domain
...

ServerNameServerAliasがすでに設定されている場合は、テキストエディタを終了して次の手順に進むことができます。 nanoを使用している場合は、CTRL + XYENTERの順に押すとこれを行うことができます。

現在の仮想ホスト構成が一致しない場合は、それに応じて更新してください。 その後、テキストエディタを保存して終了します。 次に、変更を検証します。

  1. sudo apache2ctl configtest

仮想ホストファイルの構文にエラーがない場合は、Syntax OK応答を受け取ります。 エラーが発生した場合は、仮想ホストファイルを再度開き、タイプミスや文字の欠落がないか確認してください。 構成ファイルの構文が正しい場合は、Apacheをリロードして新しい構成をロードします。

  1. sudo systemctl reload apache2

これらの変更が有効になると、Certbotは正しいVirtualHostブロックを見つけて更新できるようになります。

次に、HTTPSトラフィックを許可するようにファイアウォールを更新します。

ステップ3—ファイアウォールを介したHTTPSの許可

前提条件ガイドで推奨されているように、UFWファイアウォールを有効にしている場合は、HTTPSトラフィックを許可するように設定を調整する必要があります。 ApacheはいくつかのUFWアプリケーションプロファイルを登録し、 Apache Full プロファイルを利用して、サーバーでHTTPトラフィックとHTTPSトラフィックの両方を許可できます。

次のコマンドを実行して、サーバーで現在許可されているトラフィックの種類を確認します。

  1. sudo ufw status

Apacheインストールガイドのいずれかに従った場合、出力は次のように生成されます。これは、ポート80でのHTTPトラフィックのみが許可されることを意味します。

Output
Status: active To Action From -- ------ ---- OpenSSH ALLOW Anywhere Apache ALLOW Anywhere OpenSSH (v6) ALLOW Anywhere (v6) Apache (v6) ALLOW Anywhere (v6)

さらにHTTPSトラフィックを取り込むには、Apache Fullプロファイルを許可します。

  1. sudo ufw allow 'Apache Full'

次に、冗長なApacheプロファイル許容値を削除します。

  1. sudo ufw delete allow 'Apache'

ステータスをもう一度確認します。

  1. sudo ufw status

次の出力が表示されます。

Output
Status: active To Action From -- ------ ---- OpenSSH ALLOW Anywhere Apache Full ALLOW Anywhere OpenSSH (v6) ALLOW Anywhere (v6) Apache Full (v6) ALLOW Anywhere (v6)

これで、Certbotを実行して証明書を取得する準備が整いました。

ステップ4—SSL証明書を取得する

Certbotは、プラグインを介してSSL証明書を取得するためのさまざまな方法を提供します。 Apacheプラグインは、Apacheの再構成と、必要に応じて構成の再ロードを処理します。 このプラグインを使用するには、次を実行します。

  1. sudo certbot --apache

このコマンドは、SSL証明書を構成するための一連の質問を含むプロンプトを生成します。 まず、有効な電子メールアドレスを入力するように求められます。これは、更新通知とセキュリティ通知を目的としています。

Output
Saving debug log to /var/log/letsencrypt/letsencrypt.log Plugins selected: Authenticator apache, Installer apache Enter email address (used for urgent renewal and security notices) (Enter 'c' to cancel): [email protected]_domain

有効なメールアドレスを入力したら、ENTERを押して次の手順に進みます。 Let’sEncryptの利用規約に同意するかどうかを確認するよう求められます。 AおよびENTERを押して確認します。

Output
Please read the Terms of Service at https://letsencrypt.org/documents/LE-SA-v1.2-November-15-2017.pdf. You must agree in order to register with the ACME server at https://acme-v02.api.letsencrypt.org/directory - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - (A)gree/(C)ancel: A

次に、ニュースやその他の情報を受け取るために、電子メールを電子フロンティア財団と共有するかどうかを尋ねられます。 サブスクライブしない場合は、Nを押します。それ以外の場合は、Yを押してからENTERを押して、次の手順に進みます。

Output
Would you be willing to share your email address with the Electronic Frontier Foundation, a founding partner of the Let's Encrypt project and the non-profit organization that develops Certbot? We'd like to send you email about our work encrypting the web, EFF news, campaigns, and ways to support digital freedom. - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - (Y)es/(N)o: N

プロンプトは、HTTPSをアクティブ化するドメインについてCertbotに通知します。 ドメイン名のリストは、Apache仮想ホスト構成から自動的に取得されます。 これが、仮想ホストで正しいServerNameおよびServerAlias設定が構成されていることを確認することが重要である理由です。 リストされているすべてのドメイン名に対してHTTPSを有効にする場合(推奨)、プロンプトを空白のままにして、ENTERを押して続行します。 それ以外の場合は、コンマやスペースで区切って適切な番号をそれぞれリストすることにより、HTTPSを有効にするドメインを選択し、ENTERを押します。

Output
Which names would you like to activate HTTPS for? - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 1: your_domain 2: your_domain - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - Select the appropriate numbers separated by commas and/or spaces, or leave input blank to select all options shown (Enter 'c' to cancel):

次の出力が表示されます。

Output
Obtaining a new certificate Performing the following challenges: http-01 challenge for your_domain http-01 challenge for your_domain Enabled Apache rewrite module Waiting for verification... Cleaning up challenges Created an SSL vhost at /etc/apache2/sites-available/your_domain-le-ssl.conf Enabled Apache socache_shmcb module Enabled Apache ssl module Deploying Certificate to VirtualHost /etc/apache2/sites-available/your_domain-le-ssl.conf Enabling available site: /etc/apache2/sites-available/your_domain-le-ssl.conf Deploying Certificate to VirtualHost /etc/apache2/sites-available/your_domain-le-ssl.conf

次に、HTTPトラフィックをHTTPSに転送するかどうかを選択するように求められます。 これは、誰かが暗号化されていないチャネル(HTTP)を介してWebサイトにアクセスすると、WebサイトのHTTPSアドレスに自動的にリダイレクトされることを意味します。 2を選択してリダイレクトを有効にするか、HTTPとHTTPSをWebサイトにアクセスするための別々の方法として保持する場合は1を選択します。

Output
Please choose whether or not to redirect HTTP traffic to HTTPS, removing HTTP access. ------------------------------------------------------------------------------- 1: No redirect - Make no further changes to the webserver configuration. 2: Redirect - Make all requests redirect to secure HTTPS access. Choose this for new sites, or if you're confident your site works on HTTPS. You can undo this change by editing your web server's configuration. ------------------------------------------------------------------------------- Select the appropriate number [1-2] then [enter] (press 'c' to cancel): 2

応答を入力すると、Certbotの構成が完了します。 新しい証明書、生成されたファイルの場所、および証明書の信頼性を分析するための外部ツールを使用して構成をテストする方法についての最終的なコメントを受け取ります。

Output
Congratulations! You have successfully enabled https://your_domain and your_domain You should test your configuration at: https://www.ssllabs.com/ssltest/analyze.html?d=your_domain https://www.ssllabs.com/ssltest/analyze.html?d=your_domain - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - IMPORTANT NOTES: - Congratulations! Your certificate and chain have been saved at: /etc/letsencrypt/live/your_domain/fullchain.pem Your key file has been saved at: /etc/letsencrypt/live/your_domain/privkey.pem Your cert will expire on 2022-03-07. To obtain a new or tweaked version of this certificate in the future, simply run certbot again with the "certonly" option. To non-interactively renew *all* of your certificates, run "certbot renew" - If you like Certbot, please consider supporting our work by: Donating to ISRG / Let's Encrypt: https://letsencrypt.org/donate Donating to EFF: https://eff.org/donate-le

証明書がダウンロードされ、インストールされ、Apacheの構成にロードされます。 https://を使用してウェブサイトをリロードしてみて、ブラウザのセキュリティインジケータに注目してください。 通常、アドレスバーに鍵のアイコンが表示され、サイトが適切に保護されていることを示す必要があります。

SSL Labsサーバーテストを使用して、証明書のグレードを確認し、外部サービスの観点から証明書に関する詳細情報を取得できます。

次のステップでは、Certbotの自動更新機能をテストします。これにより、有効期限が切れる前に証明書が自動更新されることが保証されます。

ステップ5—Certbotの自動更新を確認する

Let’sEncrypt証明書は90日間のみ有効です。 これは、ユーザーが証明書の更新プロセスを自動化し、誤用された証明書や盗まれたキーが遅かれ早かれ期限切れになるようにすることを奨励するためです。

インストールしたcertbotパッケージは、certbot.timerと呼ばれるsystemctlサービスによって管理される/etc/cron.dへの更新スクリプトを含めることによって更新を処理します。 このスクリプトは1日2回実行され、有効期限が30日以内の証明書を自動的に更新します。

このサービスのステータスをチェックし、アクティブで実行中であることを確認してください。

  1. sudo systemctl status certbot.timer

次のような出力が表示されます。

Output
● certbot.timer - Run certbot twice daily Loaded: loaded (/lib/systemd/system/certbot.timer; enabled; vendor preset: en Active: active (waiting) since Tue 2021-12-07 20:04:42 UTC; 1h 45min ago Trigger: Wed 2021-12-08 11:22:45 UTC; 13h left Dec 07 20:04:42 encrypt systemd[1]: Started Run certbot twice daily.

certbotを使用してドライランを実行し、更新プロセスをテストします。

  1. sudo certbot renew --dry-run

エラーが発生しなければ、準備は完了です。 必要に応じて、Certbotは証明書を更新し、Apacheをリロードして変更を取得します。 自動更新プロセスが失敗した場合、Let’s Encryptは指定した電子メールにメッセージを送信し、証明書の有効期限が近づいたときに警告します。

結論

このチュートリアルでは、Let’sEncryptクライアントcertbotをインストールし、ドメインのSSL証明書を構成およびインストールし、Certbotの自動証明書更新サービスがsystemctl内でアクティブであることを確認しました。 Certbotの使用についてさらに質問がある場合は、それらのドキュメントから始めることをお勧めします。