序文


このチュートリアルは、 Dovecot を使用してPostfix電子メールサーバーをセットアップする方法に基づいており、最初の部分が終了した場所を取り上げます。

最初にそのチュートリアルを実行してください。

この記事では、dovecotのLMTPサーバーを配信メカニズムとして使用してメールボックスをシステムアカウントから切り離し、postgresqlを使用してユーザーレコードを保持します。

これ以上のメールは標準のLinuxメールボックスに配信されません。

最初のガイドと同様に、このチュートリアルはDebian 7 wheezy、Postfix 2.9、およびdovecot 2.1(+ Postgresql 9.1)に基づいています。

パッケージ


postgresqlをインストールします:

# aptitude install postgresql postfix-pgsql

バージョン2.1のdovecotには、すでにpgsqlが有効になっているはずです。 dovecotがモジュール化されているシステムを使用している場合は、

# aptitude install dovecot-lmtpd dovecot-pgsql

必要なモジュールをインストールします。

Postgresデータベースのセットアップ


すでにpostgresセットアップを実行している場合は、必要に応じてこれを調整してください。 しかし、postgresの新規インストールから、データベースへのdovecotアクセスを許可できるように認証を設定しましょう。 以下を追加します /etc/postgresql/9.1/main/pg_ident.conf:

mailmap         dovecot                 mailreader
mailmap         postfix                 mailreader
mailmap         root                    mailreader

そして、次の /etc/postgresql/9.1/main/pg_hba.conf警告:必ず直後に追加してください Put your actual configuration here コメントブロック! そうしないと、デフォルトのエントリの1つが最初にキャッチされ、データベース認証が失敗する可能性があります。 )

local       mail    all     peer map=mailmap

次にpostgresqlをリロードします(service postgresql reload). 次に、データベースを設定します。

# sudo -u postgres psql
postgres=# CREATE USER mailreader;
postgres=# REVOKE CREATE ON SCHEMA public FROM PUBLIC;
postgres=# REVOKE USAGE ON SCHEMA public FROM PUBLIC;
postgres=# GRANT CREATE ON SCHEMA public TO postgres;
postgres=# GRANT USAGE ON SCHEMA public TO postgres;
postgres=# CREATE DATABASE mail WITH OWNER mailreader;
postgres=# \q 
# sudo psql -U mailreader -d mail
postgres=# \c mail

mail=# CREATE TABLE aliases (
    alias text NOT NULL,
    email text NOT NULL
);
mail=# CREATE TABLE users (
    email text NOT NULL,
    password text NOT NULL,
    maildir text NOT NULL,
    created timestamp with time zone DEFAULT now()
);
mail=# ALTER TABLE aliases OWNER TO mailreader;
mail=# ALTER TABLE users OWNER TO mailreader;
mail=# \q

次に、ルートシェルから始めて、次のような仮想メールボックスを追加できます。

# doveadm pw -s sha512 -r 100
Enter new password: ...
Retype new password: ...
{SHA512}.............................................................==
# psql -U mailreader -d mail
mail=# INSERT INTO users (
    email,
    password,
    maildir
) VALUES (
    '[email protected]',
    '{SHA512}.............................................................==',
    'foo/'
);

管理インターフェース(オプション)


コマンドラインインターフェイスを使用してメールデータベースを管理したくない場合は、管理インターフェイスを設定できます。 まず、メールデータベースの編集のみが許可されているデータベースユーザーを追加しましょう。 帰ります /etc/postgresql/9.1/main/pg_hba.conf 前に追加したピア認証行のすぐ下にこの行を追加します。

host pgadmin          mail            127.0.0.1/32            md5

これにより、ポート5432でのローカルソケット接続が可能になります。 (postgresのデフォルトポート)

データベースユーザーを追加します。

# sudo -u postgres psql
postgres=# CREATE USER pgadmin WITH PASSWORD 'new password';
postgres=# \q

メールデータベースを編集する権限をユーザーに付与します。

# sudo psql -U mailreader -d mail
mail=> GRANT SELECT, UPDATE, INSERT, DELETE ON users TO pgadmin;
mail=> GRANT SELECT, UPDATE, INSERT, DELETE ON aliases TO pgadmin;
mail=> \q

SSHトンネリングを使用してデータベースに直接接続できるpgAdminのような管理インターフェースを使用できるようになりました。または、phpPgAdminのようなものを設定することもできます。

Dovecotのセットアップ


dovecotをデータベースに接続し、LMTPサーバーをセットアップする必要があります。 新しいユーザー(dovecotはシステムユーザーが設定されていないメールの処理を拒否します)とmaildirのディレクトリを最初に設定します:( / var / mail を使用できますが、従来はmbox形式を使用します。優れたmaildir形式を使用します)。

# adduser --system --no-create-home --uid 500 --group --disabled-password --disabled-login --gecos 'dovecot virtual mail user' vmail
# mkdir /home/mailboxes
# chown vmail:vmail /home/mailboxes
# chmod 700 /home/mailboxes

次の構成を次のように保存します /etc/dovecot/dovecot-sql.conf:

driver = pgsql
connect = host=/var/run/postgresql/ dbname=mail user=mailreader
default_pass_scheme = SHA512
password_query = SELECT email as user, password FROM users WHERE email = '%u'
user_query = SELECT email as user, 'maildir:/home/mailboxes/maildir/'||maildir as mail, '/home/mailboxes/home/'||maildir as home, 500 as uid, 500 as gid FROM users WHERE email = '%u'

rootが所有し、chmodded600であることを確認してください。

開催中 /etc/dovecot/dovecot.conf を編集します passdbuserdb このように見える設定:

userdb {
  driver = prefetch
}
passdb {
  args = /etc/dovecot/dovecot-sql.conf
  driver = sql
}

プロトコルスタンザを次のように変更します

protocols = imap lmtp

lmtpサービスソケットといくつかのlmtpプロトコル設定を追加します。

service lmtp {
    unix_listener /var/spool/postfix/private/dovecot-lmtp {
    group = postfix
    mode = 0600
    user = postfix
    }
}
protocol lmtp {
    [email protected]yourdomain.com
    hostname=mail.yourdomain.com
}

mail_location スタンザは不要になり、削除できるようになりました。

Postfix


ここで、postfixにメールをdovecotに直接配信するように指示する必要があります。 開ける /etc/postfix/main.cf と追加

mailbox_transport = lmtp:unix:private/dovecot-lmtp

最後まで。 次に、postfixのデータベース構成を設定する必要があります。

ファイルを作成する /etc/postfix/pgsql-aliases.cf 次のように入力します。

user=mailreader
dbname=mail
table=aliases
select_field=alias
where_field=email
hosts=unix:/var/run/postgresql

次に、ファイルを作成します /etc/postfix/pgsql-boxes.cf 次のように入力します。

user=mailreader
dbname=mail
table=users
select_field=email
where_field=email
hosts=unix:/var/run/postgresql/

次に、main.cfのalias_maps行を修正して次のようにします。

alias_maps = hash:/etc/aliases proxy:pgsql:/etc/postfix/pgsql-aliases.cf

およびlocal_recipient_maps行を読み取る

local_recipient_maps = proxy:pgsql:/etc/postfix/pgsql-boxes.cf $alias_maps

全体として、main.cfは次のようになります。

myhostname = mail.mydomain.com
myorigin = mydomain.com
mydestination = mydomain.com, mail.mydomain.com, localhost, localhost.localdomain
relayhost =
mynetworks = 127.0.0.0/8 [::ffff:127.0.0.0]/104 [::1]/128
mailbox_size_limit = 0
recipient_delimiter = +
inet_interfaces = all

alias_maps = hash:/etc/aliases proxy:pgsql:/etc/postfix/pgsql-aliases.cf
local_recipient_maps = proxy:pgsql:/etc/postfix/pgsql-boxes.cf $alias_maps
mailbox_transport = lmtp:unix:private/dovecot-lmtp

smtpd_tls_cert_file=/etc/ssl/certs/mailcert.pem
smtpd_tls_key_file=/etc/ssl/private/mail.key
smtpd_use_tls=yes
smtpd_tls_session_cache_database = btree:${data_directory}/smtpd_scache
smtp_tls_session_cache_database = btree:${data_directory}/smtp_scache
smtpd_tls_security_level=may
smtpd_tls_protocols = !SSLv2, !SSLv3

仕上げ


今すぐリロードします:

# postfix reload

# service dovecot restart

そして、あなたは準備ができています! 最初の記事の後で行ったようにセットアップをテストし、次のアドレスにメールを送信してください。 [email protected] 出席したメールボックスへの道を見つけます!

提出者: LukasErlacher