前書き

このガイドでは、IRCサーバーであるInspIRCd 2.0をUbuntu 14.04にインストールして構成する方法について説明します。 独自のサーバーにインストールすると、ユーザーの管理、ニックネームの変更、チャンネルプロパティの変更などの柔軟性が得られます。

このチュートリアルの最後に、ほとんどのIRCクライアントを介して接続できる完全に機能するIRCサーバーが必要です。

前提条件

オプションのマークが付いているアイテムは役立ちますが、必須ではありません。

  • Ubuntu 14.04ドロップレット

  • sudo特権を持つ非ルートユーザー(https://www.digitalocean.com/community/tutorials/initial-server-setup-with-ubuntu-14-04[Ubuntu 14.04での初期サーバーセットアップ]は、このセットアップ方法を説明しています。 )

  • 最新のRubyバージョンでインストールされたRVM。 https://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-install-ruby-on-rails-on-ubuntu-14-04-using-rvm [このチュートリアル]を参照してください。

  • ドメイン名がある場合、ドロップレットを指すように `+ irc​​。`と ` services。+`を設定できます。 https://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-set-up-a-host-name-with-digitalocean [このチュートリアル]にアクセスして、ドメイン名とAおよびAAAAレコードを設定します。 2つのサブドメインのみをリダイレクトする場合は、https://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-set-up-and-test-dns-subdomains-with-digitalocean-s-dns-panel [このチュートリアル]。

  • (オプション)ローカルマシンに既にインストールされているIRCクライアント

  • (オプション)SSL証明書

IRCサーバーで使用する無料のSSL証明書を取得するには、https://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-set-up-apache-with-a-free-signed-ssl-certificate-に従ってくださいon-a-vps [VPSで無料の署名済みSSL証明書を使用してApacheをセットアップする方法]および `+ irc​​。+`の証明書を要求します。

認証局からの有料SSL証明書を既に持っている場合、付属の + *。pem +、 `+ *。crt `または ` *。key +`ファイルが必要です。

このチュートリアルのすべてのコマンドは、非rootユーザーとして実行する必要があります。 コマンドにルートアクセスが必要な場合は、先頭に「+ sudo +」が付きます。

ステップ1-InspIRCdのインストール

InspIRCdをインストールするには、新しいパッケージを作成する必要があります。 残念ながら、Ubuntu 14.04リポジトリにあるInspIRCdのパッケージは古くなっています。 幸いなことに、ソースtarballからインストール可能な `+ .deb +`ファイルを作成するスクリプトが利用可能です。 オープンソースなので、要件に合わせて変更できます。

スクリプトが使用するいくつかのパッケージをインストールすることから始めます。

sudo apt-get install rake git gnutls-bin libgnutls-dev

次に、パッケージの作成に使用されるGitリポジトリのクローンを作成します。

git clone https://github.com/SaberUK/inspircd-packages.git

次に、クローン先のディレクトリに切り替えます。

cd ./inspircd-packages

InspIRCdの安定バージョン(バージョン2.0)を使用するようにスクリプトに指示する必要があります。 また、SSLサポートが必要であることを伝える必要があります。 このために、スクリプトが読み取り、それに応じて動作する2つの環境変数をエクスポートします。

export INSPIRCD_REVISION=insp20
export INSPIRCD_MODULES="regex_posix ssl_gnutls"

また、存在するがバージョン2.0の問題の原因となる余分なパッチを削除します。

rm ./extras/fix-data-and-log-paths.patch

インストール用の `+ .deb +`ファイルを生成します。

rake deb

これにはしばらく時間がかかるので、実行中にコーヒーを飲んでください。 完了したら、次のコマンドを実行して、作成されたファイルのファイル名を確認します。

ls *.deb

次に、次のコマンドで `+ .deb +`ファイルをインストールします(最後の手順で見つけたファイル名を使用します)。

sudo dpkg -i ./

InspIRCdのソースファイルを削除するため、ハッカーがアクセスした場合、悪意のあるコードで再コンパイルできません。

cd ~
rm -rf ./inspircd-packages

ステップ2-InspIRCdの構成

InspIRCdを実際に実行する前に、適切に構成する必要があります。 これを行う際に、サーバーの機能に不可欠ないくつかのオプションも設定します。 ネットワーク名など、私たちに固有のものもあります。

`+ inspircd.conf +`ファイルを作成します:

sudo nano /etc/inspircd/inspircd.conf

ここで、次のサンプル構成ファイルをコピーします。 赤の値はカスタマイズする必要があります。 内容を `+ inspircd.conf +`にコピーしたら、最初から始めて正しい値に変更します。

/etc/inspircd/inspircd.conf

# This is just a more or less working example configuration file, please
# customize it for your needs!
<server name="irc."
       description=""
       network=""
       id="">

<admin name=""
      nick=""
      email="">

<bind address="" port="6667" type="clients">

<power diepass="" restartpass="" pause="2">

<connect allow="*"
        timeout="60"
        flood="20"
        threshold="1"
        pingfreq="120"
        sendq="262144"
        recvq="8192"
        localmax="3"
        globalmax="3">

<class name="Shutdown"
      commands="DIE RESTART REHASH LOADMODULE UNLOADMODULE RELOAD">
<class name="ServerLink"
      commands="CONNECT SQUIT RCONNECT MKPASSWD MKSHA256">
<class name="BanControl"
      commands="KILL GLINE KLINE ZLINE QLINE ELINE">
<class name="OperChat"
      commands="WALLOPS GLOBOPS SETIDLE SPYLIST SPYNAMES">
<class name="HostCloak"
      commands="SETHOST SETIDENT SETNAME CHGHOST CHGIDENT">

<type name="NetAdmin"
     classes="OperChat BanControl HostCloak Shutdown ServerLink"
     host="netadmin.omega.org.za">
<type name="GlobalOp"
     classes="OperChat BanControl HostCloak ServerLink"
     host="ircop.omega.org.za">
<type name="Helper"
     classes="HostCloak"
     host="helper.omega.org.za">

<oper name=""
     password=""
     host=""
     type="NetAdmin">

<files motd="/etc/inspircd/inspircd.motd"
      rules="/etc/inspircd/inspircd.rules">

<channels users="20"
         opers="60">

<dns server="208.67.222.222" timeout="5">
<dns server="208.67.220.220" timeout="5">

<options prefixquit="Quit: "
        noservices="no"
        qaprefixes="no"
        deprotectself="no"
        deprotectothers="no"
        flatlinks="no"
        hideulines="no"
        syntaxhints="no"
        cyclehosts="yes"
        ircumsgprefix="no"
        announcets="yes"
        disablehmac="no"
        hostintopic="yes"
        quietbursts="yes"
        pingwarning="15"
        allowhalfop="yes"
        exemptchanops="">

<security hidewhois=""
         userstats="Pu"
         customversion=""
         hidesplits="no"
         hidebans="no"
         operspywhois="no"
         hidemodes="eI"
         maxtargets="20">

<performance nouserdns="no"
            maxwho="128"
            softlimit="1024"
            somaxconn="128"
            netbuffersize="10240">

<log method="file"
    type="* -USERINPUT -USEROUTPUT"
    level="default"
    target="/var/log/inspircd.log">

<whowas groupsize="10"
       maxgroups="100000"
       maxkeep="3d">

<timesync enable="no" master="no">

<badnick nick="NickServ" reason="Reserved For Services">
<badnick nick="ChanServ" reason="Reserved For Services">
<badnick nick="Global" reason="Reserved For S
ervices">
<badnick nick="InfoServ" reason="Reserved For Services">
<badnick nick="OperServ" reason="Reserved For Services">
<badnick nick="SaslServ" reason="Reserved For Services">
<badnick nick="StatServ" reason="Reserved For Services">
<badnick nick="ALIS" reason="Reserved For Services">

あなたとあなたのドロップレットに固有のいくつかの値を変更する必要があります。 上部で、「+ server 」セクションを見つけます。 目的のホスト名、説明、およびネットワーク名に変更します。 ` id +`は、2つの数字と1つの文字を含むように変更する必要があります。 例えば:

/etc/inspircd/inspircd.conf

<server name="irc."
       description=""
       network=""
       id="">

ここで、 `+ admin +`ブロックを見つけます。 値をIRCネットワークのオペレーターの情報に変更します。 オペレーターのユーザーは、ネットワーク上ですべてを実行できます。

/etc/inspircd/inspircd.conf

<admin name=""
      nick=""
      email="[email protected]">

サーバーを再起動またはシャットダウンできる必要があります。 これは `+ power `ブロックで行われます。 ここで、パスワードを変更する必要があります。 「 diepass 」の値は、ネットワーク管理者がサーバーのシャットダウンに使用するパスワードです。「 restartpass 」の値は、サーバーの再起動に使用するパスワードです。 ` pause `の値は、間違ったパスワードが入力された場合、これらの操作の実行を(秒単位で)ブロックする時間をサーバーに指示します。 先に進み、パスワードを変更します。 ` pause +`はデフォルト値のままにします。

/etc/inspircd/inspircd.conf

<power diepass="" restartpass="" pause="2">

`+ oper `ブロックを見つけます。 オペレーターアカウントとパスワードを定義する必要があります。 前に定義した管理者とオペレーターは同じ人物にすることができます。 静的IPアドレスまたは信頼できるドメイン名がある場合は、ホストを変更してそれを含めます。 可能であれば、この値を「 * @ * +」に設定しないでください。これにより、オペレーターはどこからでも接続できます。

/etc/inspircd/inspircd.conf

<oper name=""
     password=""
     host="*@localhost *@ *@"
     type="NetAdmin">

`+ host +`値の場合、複数のIPアドレスとドメインをスペースで区切ります。 また、現在のドロップレットのIPアドレスとドメイン(ある場合)を追加する必要があります。 変更を保存し、ファイルを閉じます。

ステップ3-今日のメッセージの編集

その日のメッセージは、ユーザーがIRCネットワークに接続するたびに表示されます。 カスタマイズするには、 `+ / etc / inspircd / `に ` inspircd.motd +`ファイルを作成します:

sudo nano /etc/inspircd/inspircd.motd

このファイルに、ユーザーに表示したい日のメッセージを追加します。 通常、ユーザーにルールを知らせるわかりやすいリマインダーが必要です。 また、何かがネットワーク全体で変化している場合、これはそれらを通知する場所です。 例えば:

/etc/inspircd/inspircd.motd

<^>This is ExampleNet. We are the world's newest IRC network.

Support us by joining and becoming regular!

Be sure to view the rules by typing "/rules" and hitting ENTER.<^>

次に、ルールファイルを編集します。

sudo nano /etc/inspircd/inspircd.rules

このファイルには、ルールが何であれ入れます。 これらは、 `+ / rules +`コマンドを入力するたびにユーザーに表示されます。 例えば、

/etc/inspircd/inspircd.rules

ステップ4-IRCサーバーの開始

IRCサーバーを起動する前に、アクセス許可とファイルの所有権を修正する必要があります。

sudo find /etc/inspircd -type d -exec chmod 770 {} \;
sudo find /etc/inspircd -type f -exec chmod 644 {} \;
sudo chown -R irc:irc /etc/inspircd

次に、PIDファイルとログファイルディレクトリに適切なアクセス許可を設定する必要があります。

sudo chown -R irc:irc /var/inspircd/
sudo chown -R irc:irc /var/log/inspircd

これで、InspIRCdを起動するようになりました。

sudo service inspircd start

終わり近くに次のメッセージが表示されます。これは、InspIRCdが正常に起動したことを意味します。

InspIRCd is now running as ' with 1024 max open sockets

ステップ5-基本機能のテスト

基本的な機能が動作しているはずなので、新しく作成したIRCネットワークに接続してみてください。 Dropletに簡単なコマンドラインベースのIRCクライアントをインストールする手順を説明します。 まず、IRSSIをインストールします。

sudo apt-get install irssi

次に、IRCクライアントを起動します。

irssi

`+ [(status)] +`と書かれた下部のウィンドウに入力できるはずです。 すべてのIRCコマンドはスラッシュで始まることに注意してください。 IRCネットワークに接続するには、次を入力します。

/connect irc.

サーバーのホスト名を設定していない場合は、DropletのIPアドレスを使用できます。 サーバーを適切に構成すると、次のような画面が表示されます。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/InspIRCd/irc1.png [正常に接続されました!]

次のコマンドを入力して、オペレーターとしてログインします。

/oper

正常に機能した場合、「You are a NetAdmin」という言葉が表示されます。 これは、オペレーター特権が機能していることを意味します。 終了するには、別のコマンドを使用します。

/quit

推奨されるIRCクライアント

ほぼすべてのデバイスで使用できるIRCクライアントには非常に多くの種類があります。 推奨されるクライアントの小さなリストは次のとおりです。

  • Windows、Mac OS X、およびLinux用のHexChat

  • Windows用のmIRC

  • Mac OS XおよびiOS用の談話

  • LinuxおよびMac OS X用のIRSSI

  • AndChat for Android

  • Kiwi IRC(Webブラウザークライアント)

Kiwi IRCでは、oper特権の使用に問題があることに注意してください。 Kiwiはプロキシ経由で接続し、IPアドレスを維持しません。 オペレーターの操作のために接続が許可されている特定のIPアドレスのみをリストすることを選択した場合(セキュリティ上推奨)、Opir権限はKiwi IRCでは機能しません。

ステップ6-SSLのセットアップ(オプション)

このセクションの目的は、ユーザーのプライバシーを保護し、ISPなどの送信されたデータを見ている人に見えるパスワードやその他のものを保護することです。 もちろんオプションですが、強くお勧めします。

まず、SSL証明書を適切なディレクトリにコピーする必要があります。 そのためには、IRCサーバー構成ディレクトリ内にディレクトリを作成する必要があります。

sudo mkdir /etc/inspircd/sslcerts

次に、関連するSSL証明書とキーを新しく作成した構成ディレクトリにコピーする必要があります。

sudo cp  /etc/inspircd/sslcerts/private.key
sudo cp  /etc/inspircd/sslcerts/cert.pem
sudo cp  /etc/inspircd/sslcerts/ca.pem

自己署名証明書を使用している場合、 `+ ca.pem +`ファイルのコピーを省略できます。 これは、上記の最後のコマンドで実行されます。

証明書を保護するために、 `+ inspircd +`ディレクトリに適切な権限を設定すると、InspIRCdはそれらを読み取ることができます。

sudo find /etc/inspircd -type d -exec chmod 770 {} \;
sudo find /etc/inspircd -type f -exec chmod 644 {} \;
sudo chown -R irc:irc /etc/inspircd

構成ファイルを編集して、SSLを使用するように指示します。

sudo nano /etc/inspircd/inspircd.conf

これを見つけてください:

/etc/inspircd/inspircd.conf

<bind address="" port="6667" type="clients">

バインドセクションの下に、次の行を追加します。

/etc/inspircd/inspircd.conf

<bind address="" port="6697" type="clients" ssl="gnutls">
<gnutls cafile="/etc/inspircd/sslcerts/ca.pem"
       certfile="/etc/inspircd/sslcerts/cert.pem"
       keyfile="/etc/inspircd/sslcerts/private.key"
       priority="SECURE192:-VERS-SSL3.0">

<module name="m_ssl_gnutls.so">

自己署名証明書を使用している場合、 `+ cafile +`ディレクティブを省略できます。

サーバーを再起動して、変更を有効にします。

sudo service inspircd restart

これで、SSLがポート6697で有効になります。

ステップ7-SSLのテスト(オプション)

もう一度、SSLをテストするために、IRSSIを使用します。 前と同じように入力して、IRSSIを開始します。

irssi

次に、次のコマンドを入力して、SSLを有効にして接続します。

/connect -SSL -SSL_Verify irc. 6697

自己署名証明書を使用している場合は、「+-SSL_Verify +」オプションを省略してください。

成功すると、次のような画面が表示されます。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/InspIRCd/irc2.png [SSLを使用するサーバー]

先に進み、 `+ / quit +`でクライアントを終了します。

ステップ8-Shaltúreサービスのインストール

IRCサーバーが機能し、接続できます。 しかし、どう思いますか? ニックネームを登録することはできません。 チャンネルの所有権と役割を管理することはできません。 メモを送受信することはできません。 それには、サービスを使用します。 最も人気のあるサービスプラットフォームはAthemeですが、その開発は停止されており、深刻なセキュリティ脆弱性にパッチを当てる場合を除いて更新されません。 このため、Shaltúreと呼ばれる積極的に開発されたAthemeのフォークをインストールする方法を説明します。

前提条件パッケージをインストールすることから始めます。

sudo apt-get install gettext

Shaltúreは、ルートとして実行しないのが最適です。 ただし、メインユーザーとして実行すると、セキュリティに影響する可能性があります。 このため、Shaltúreのパスワードを持たないユーザーを作成します。 このアカウントにログインすることはできません。`+ sudo + `を使用してアクセスするだけです。

sudo adduser --disabled-password shalture

これにより、いくつかのプロンプトが表示されますが、Enterキーを押すだけでプロンプトを表示できます。 次に、ユーザーに切り替えます。

sudo -i -u shalture

ディレクトリをホームディレクトリに変更し、 `+ shalture `リポジトリのクローンを作成します。 `〜/ shalture +`ディレクトリにインストールするため、別のディレクトリにクローンを作成します。

git clone git://github.com/shalture/shalture.git shalture-devel

アクティブなディレクトリを `+ shalture-devel +`ディレクトリに変更し、他の必要なリポジトリのクローンを作成します。

cd ./shalture-devel
git submodule init
git submodule update

コンパイルのステージを設定する構成を実行し、コンパイルしてインストールします。

./configure --enable-contrib
make
make install

2番目のコマンドのコンパイル後、しばらく時間がかかるため、歩き回って足を少し伸ばします。 完了したら、ソースファイルを削除します。

cd ~
rm -rf ./shalture-devel/

手順9-Shaltúreサービスの構成

インストールが完了したら、ディレクトリをShaltúre構成ディレクトリに変更して、構成できるようにします。 構成ファイルの例から始めます。

cd ~/shalture/etc
cp shalture.conf.example shalture.conf
nano shalture.conf

ファイルでこれを見つけます:

/home/shalture/shalture/etc/shalture.conf

loadmodule "modules/protocol/";

行の先頭の文字を削除して行のコメントを解除し、次の文字列に置き換えます。

/home/shalture/shalture/etc/shalture.conf

loadmodule "modules/protocol/";

次に、見つけます:

/home/shalture/shalture/etc/shalture.conf

name = "services.";

IRCサーバーのドメイン名またはIPアドレスと一致するように「++」を変更します。

/home/shalture/shalture/etc/shalture.conf

name = "services.";

この行を見つけます:

/home/shalture/shalture/etc/shalture.conf

numeric = "";

`+ numeric `の値を変更して、先ほど指定したサーバー ` id +`とは異なるようにしますが、2桁と次のような文字を含める必要があります。

/home/shalture/shalture/etc/shalture.conf

numeric = "";

今すぐ見つける:

/home/shalture/shalture/etc/shalture.conf

netname = "";

`+ netname `の値を、InspIRCd設定ファイルの ` server +`ブロックで設定したネットワーク名に変更します。 例えば:

/home/shalture/shalture/etc/shalture.conf

netname = "";

また見つける:

/home/shalture/shalture/etc/shalture.conf

hidehostsuffix = "users";

そして、 `+ users +`の後の引用符内のすべてを削除します。

/home/shalture/shalture/etc/shalture.conf

hidehostsuffix = "users";

次に、これを見つけます:

/home/shalture/shalture/etc/shalture.conf

adminname = "";

引用符内の部分を自分の名前または仮名に変更します。

次に、ネットワークの連絡先メールを変更します。 見つける:

/home/shalture/shalture/etc/shalture.conf

adminemail = "";

`+ adminemail +`の値を自分のメールアドレスに変更します。

次に、これを見つけます:

/home/shalture/shalture/etc/shalture.conf

registeremail = "";

`+ registeremail `の値を ` noreply @ +`に変更します。 これは、ユーザーがニックネームをネットワークに最初に登録するときに、ユーザーへのウェルカムメールに表示されるメールアドレスです。 また、パスワードのリセット手順とアクティベーション手順を送信するメールです。 存在しないメールに設定しているため、実際の受信トレイが混雑することはありません。また、これらのメールへの返信は不要です。

最初の「+ uplink 」コードブロックを見つけ、その前に「 / * 」と「 * / +」を追加してブロック全体をコメントアウトします。 これは次のようになります。

/home/shalture/shalture/etc/shalture.conf

/* uplink "irc.example.net" {
   // The server name of the ircd you're linking to goes above.

   // host
   // The hostname to connect to.
   host = "127.0.0.1";

   // vhost
   // The source IP to connect from, used on machines with multiple interfaces.
   #vhost = "192.0.2.5";

   // send_password
   // The password sent for linking.
   send_password = "mypassword";

   // receive_password
   // The password received for linking.
   receive_password = "theirpassword";

   // port
   // The port to connect to.
   port = 6667;
}; */

次のセクション(コメントしたセクションの後)で、以下を見つけます。

/home/shalture/shalture/etc/shalture.conf

uplink "" {
       host = "::1";

       // password
       // If you want to have same send_password and accept_password, you
       // can specify both using 'password' instead of individually.
       password = "";

       port = ;
};

`+ irc​​6.example.net `を ` services。`に変更します。 (サービスのAレコードをセットアップする必要があります。 前提条件の一部として。)パスワードを安全なものに変更します。 ポートを「+7001」に変更します。 次のようになります。

/home/shalture/shalture/etc/shalture.conf

uplink "" {
       host = "::1";

       // password
       // If you want to have same send_password and accept_password, you
       // can specify both using 'password' instead of individually.
       password = "";

       port = ;
};

次に、 `+ nickserv +`ブロックで次を見つけます:

/home/shalture/shalture/etc/shalture.conf

nickserv {
...
host = "";
...
};

NickServに必要なホストに変更します。 そのようです:

/home/shalture/shalture/etc/shalture.conf

host = ""

次のサービスについて、最後の変更と同様の変更を実行します。 構成ファイルにはそれぞれのブロックがあります:

  • ChanServ

  • グローバル

  • InfoServ

  • OperServ

  • SaslServ

  • MemoServ

  • GroupServ

  • StatServ

  • ALIS

これらのサービスは、Shaltúreでデフォルトで有効になっているサービスです。 次に、次の行を見つけます。

/home/shalture/shalture/etc/shalture.conf

operator "" {

そして、InspIRCd設定の `+ oper +`ブロックで選択したニックネームを持つように変更します:

/home/shalture/shalture/etc/shalture.conf

operator "" {

最後に、後で使用するデフォルトのcron構成ファイルをコピーします。

cp /home/shalture/shalture/etc/shalture.cron.example /home/shalture/shalture/etc/shalture.cron

サービスを正常に設定しました! ここで、プロンプトを終了して、 `+ sudo +`非ルートユーザーに戻ります。

exit

手順10-Shaltúreと連携するようにInspIRCdを構成する

次に、InspIRCdを設定してShaltúreでうまく動作するようにする必要があります。 InspIRCd構成ファイルをもう一度編集します。

sudo nano /etc/inspircd/inspircd.conf

ファイルの最後に次の行を追加します。

/etc/inspircd/inspircd.conf

<bind address="::1" port="7001" type="servers">

<uline server="">

<link name=""
     ipaddr="::1"
     port="7001"
     allowmask="::1"
     sendpass=""
     recvpass="">

<chanprotect noservices="no"
            qprefix="~"
            aprefix="&">

# Modules needed for services to function
<module name="m_chanprotect.so">
<module name="m_halfop.so">
<module name="m_services_account.so">
<module name="m_deaf.so">
<module name="m_spanningtree.so">
<module name="m_globops.so">
<module name="m_cban.so">
<module name="m_svshold.so">
<module name="m_hidechans.so">
<module name="m_servprotect.so">
<module name="m_chghost.so">
<module name="m_namesx.so">
<module name="m_uhnames.so">

赤で強調表示されている値については、値をドメイン名に変更し、「+ sendpass 」と「 recvpass 」の両方をShaltúre構成の「 uplink +」セクションで使用したパスワードに変更します。

保存して、テキストエディターを終了します。

すべての構成が完了しました! サーバーとサービスを再起動するだけです!

sudo service inspircd restart
sudo -i -u shalture /home/shalture/shalture/bin/shalture-services

最後に、次のようなメッセージが表示されます。

[2015-07-24 22:21:10] running in background mode from /home/shalture/shalture

これは、Shaltúreが正常に開始されたことを意味します。

ステップ11-Shaltúreサービスのテスト

もう一度、ステップ5または7で行ったように、IRSSIを使用してサーバーに接続します。 次のような画面が表示されます。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/InspIRCd/irc3.png [Shaltúreworks]

これは、Shaltúreが正常に動作し、InspIRCdに正常にリンクされたことを意味します。

ステップ12-リブート後もInspIRCdとShaltúreを永続的にする

IRCサーバーを構成しました。 それで? さて、Shaltúreはサービスとしてインストールされていないため、再起動後も存続しません。 それを行うには、次のように入力します。

sudo -i -u shalture crontab -e

使用するエディターに関するプロンプトが表示されたら、2を押して「+ nano +」または他のエディターを選択します。

そして、ファイルの最後に、これを追加します:

*/5 * * * * /home/shalture/shalture/etc/shalture.cron >/dev/null 2>&1

これにより、5分ごとにサービスが実行されているかどうかが確認されます。 そうでない場合は、起動します。 残念ながら、InspIRCdもスタートアップリストには追加されませんでしたが、リストに追加するのは1つの簡単なコマンドです。

sudo update-rc.d inspircd defaults

これで、InspIRCdとShaltúreの両方がブート時に実行されます!

結論

InspIRCdを使用すると、カスタマイズしたIRCネットワークをセットアップできます。IRCネットワークは、自分で管理および管理できます。 Shaltúreは、ニックネームの所有権、チャンネルの所有権、メモなどの機能を追加することでそれを補完します。

IRCサーバーをさらに構成するには、http://wiki.inspircd.org/ [InspIRCd wiki]またはShaltúreに含まれている構成ファイルの例を確認してください。