ステータス:非推奨

この記事では、サポートされなくなったバージョンのCentOSについて説明します。 現在CentOS6を実行しているサーバーを運用している場合は、サポートされているバージョンのCentOSにアップグレードまたは移行することを強くお勧めします。

理由:
CentOS 6は、2020年11月30日に保守終了(EOL)に達しました and no longer receives security patches or updates. For this reason, this guide is no longer maintained.

代わりに参照してください:
このガイドは参照として役立つ場合がありますが、他のCentOSリリースでは機能しない場合があります。 可能な場合は、使用しているCentOSのバージョン用に作成されたガイドを使用することを強くお勧めします。

序章

YUMリポジトリは、Linuxソフトウェア(RPMパッケージファイル)のウェアハウスです。 RPMパッケージファイルはRedHatPackage Managerファイルであり、Red Hat /CentOSLinuxにすばやく簡単にソフトウェアをインストールできます。 YUMリポジトリは多数のRPMパッケージファイルを保持し、VPSに新しいソフトウェアをダウンロードしてインストールできるようにします。 YUMリポジトリは、RPMパッケージファイルをローカル(ローカルディスク)またはリモート(FTP、HTTP、またはHTTPS)に保持できます。 YUM構成ファイルには、VPSでソフトウェア(RPMパッケージファイル)を正常に検索してインストールするために必要な情報が含まれています。

最も一般的で最大のCentOSYUMリポジトリ:

YUMリポジトリからソフトウェアをインストールする利点は次のとおりです。

  • 簡単なソフトウェア管理-パッケージのインストール、更新、削除は簡単です
  • ソフトウェアの依存関係の解決-ソフトウェアの依存関係は自動的に解決され、インストールされます
  • 公式のRedHat/CentOSパッケージマネージャー-YUMは公式のRedHat/CentOSパッケージマネージャーです

CentOS VPSにインストールするソフトウェアが、デフォルトの公式CentOSリポジトリから入手できない場合があります。 このような状況では、上記の追加の(非公式の)CentOSYUMリポジトリーの1つを使用できます。 追加のリポジトリには、公式のCentOSリポジトリよりも新しいバージョンのソフトウェアパッケージが含まれている場合があります。

YUMリポジトリ設定ファイル

コンソールから「yuminstallpackagename」コマンドを使用して、Red Hat /CentOSLinuxに新しいソフトウェアをインストールできます。 このコマンドを実行すると、最初に/etc/yum.repos.d/ディレクトリーにある既存のYUMリポジトリー構成ファイルがチェックされます。 各YUMリポジトリー構成ファイルを読み取り、新しいソフトウェアのダウンロードとインストールに必要な情報を取得し、ソフトウェアの依存関係を解決し、必要なRPMパッケージファイルをインストールします。

YUMリポジトリー構成ファイルは以下を行う必要があります。

  • /etc/yum.repos.d/ディレクトリにあります
  • have .repo拡張子、YUMによって認識されます

AvailableYUMリポジトリー構成ファイルのオプションは次のとおりです。

  • リポジトリID-1ワードの一意のリポジトリID(例:[examplerepo])
  • Name -リポジトリの人間が読める形式の名前(例:name =リポジトリの例)
  • Baseurl-repodataディレクトリへのURL。 リポジトリがローカルにある場合はfile:// pathを使用でき、リポジトリがローカルにある場合は ftp:// link http:// link https://linkを使用できます。リポジトリはリモートにあります-HTTP認証が利用可能ですhttp:// user:[email protected]/repo1 (例:baseurl = http://mirror.cisp.com/CentOS/6 / os / i386 /
  • Enabled -更新およびインストールを実行するときにリポジトリを有効にします(例:enabled = 1)
  • Gpgcheck -GPG署名チェックを有効/無効にします(例:gpgcheck = 1)
  • Gpgkey -GPGキーへのURL(例:gpgkey = http://mirror.cisp.com/CentOS/6/os/i386/RPM-GPG-KEY-CentOS-6[X118X ])
  • Exclusive -除外するパッケージのリスト(例:exclude = httpd、mod_ssl)
  • Includepkgs -含めるパッケージのリスト(例:include = kernel)

必須YUMリポジトリー構成ファイルのオプションは次のとおりです。

  • リポジトリID
  • 名前
  • Baseurl
  • 有効

ステップ1:YUMリポジトリー構成ファイルを作成する

お気に入りのコンソールテキストエディタを使用して、/ etc /yum.repos.d/ディレクトリに.repo拡張子を持つ新しいYUMリポジトリ設定ファイルを作成します。 「vieditor」を使用して新しいファイルを作成するには、コンソールから次のコマンドを実行します。

vi /etc/yum.repos.d/example.repo

ステップ2:YUMリポジトリオプションを挿入する

新しく作成されたYUMリポジトリー構成ファイルに必要なYUMリポジトリー・オプションを挿入し、変更を保存します。

YUMリポジトリー構成ファイルの例:

/etc/yum.repos.d/example.repo

[examplerepo]
name=Example Repository
baseurl=http://mirror.cisp.com/CentOS/6/os/i386/
enabled=1
gpgcheck=1
gpgkey=http://mirror.cisp.com/CentOS/6/os/i386/RPM-GPG-KEY-CentOS-6

CentOS DVDISOYUMリポジトリ

CentOS DVD ISOには、Red Hat / CentOSインストールウィザードでインストールできる多数のソフトウェア(RPMパッケージファイル)が含まれています。 CentOS DVD ISOのRPMパッケージファイルを使用して、CentOS DVDISOYUMリポジトリを作成することもできます。 このようにして、Red Hat / CentOSインストールウィザードを完了した後でも、VPSコンソールから「yuminstallpackagename」コマンドを使用してCentOSDVDISOで利用可能なすべてのソフトウェアをインストールできます。

ステップ1:CentOSDVDISOをダウンロード/転送する

CentOS DVD ISOファイルは、http://mirror.centos.org/からダウンロードできます。 CentOSDVDISOをダウンロードまたはVPSに転送する必要があります。

  • 転送-CentOSDVDISOをVPSとは別のマシンにダウンロード済みの場合は、FTPまたはSSHを介してマシンからクラウドサーバーに転送する必要があります。 これは、WinSCP(無料のSFTPクライアントおよびFTP)などのソフトウェアを使用して実行できます。
  • ダウンロード-コンソールから「wget」コマンドを使用して、CentOS DVD ISOをVPSに直接ダウンロードできます(それに応じてHTTPリンクを変更してください)。
wget http://mirror.lihnidos.org/CentOS/6.4/isos/i386/CentOS-6.4-i386-LiveDVD.iso

ステップ2:CentOSDVDISOをマウントする

CentOS DVD ISOデータを表示するには、最初に目的の場所にマウントする必要があります。 通常、CD-ROM、USBデバイス、またはISOファイルを/ mntディレクトリにマウントします(自由に使用できる場合)。 CentOS DVD ISOをマウントするには、コンソールから次のコマンドを実行します(/ path / to /isoおよび/mntを適宜変更してください)。

mount -o loop /path/to/iso /mnt

ステップ3:YUMリポジトリー構成ファイルを作成する

新しく作成されたカスタムYUMリポジトリの使用を開始するには、拡張子が.repoのYUMリポジトリ設定ファイルを作成する必要があります。このファイルは/etc/yum.repos.d/ディレクトリに配置する必要があります。 YUMリポジトリー構成ファイルを作成する手順は、この記事の最初のトピック「YUMリポジトリー構成ファイル」で説明されています。

CentOS DVD ISO YUMリポジトリ構成ファイルの例:

/etc/yum.repos.d/centosdvdiso.repo

[centosdvdiso]
name=CentOS DVD ISO
baseurl=file:///mnt
enabled=1
gpgcheck=1
gpgkey=file:///mnt/RPM-GPG-KEY-CentOS-6

カスタムYUMリポジトリ

カスタムYUMリポジトリを作成する必要がある場合があります(VPSにインターネット接続がない場合に便利です)。 選択したRPMパッケージファイルの数に応じて、カスタムYUMリポジトリを作成できます。 カスタムYUMリポジトリは、含めるRPMパッケージファイルのみを保持します。

ステップ1:「createrepo」をインストールします

カスタムYUMリポジトリを作成するには、クラウドサーバーに「createrepo」と呼ばれる追加のソフトウェアをインストールする必要があります。 コンソールから次のコマンドを実行すると、「createrepo」をインストールできます。

yum install createrepo

ステップ2:リポジトリディレクトリを作成する

カスタムYUMリポジトリの場所となり、目的のRPMパッケージファイルを保持する新しいディレクトリを作成する必要があります。 これは、コンソールから次のコマンドを使用して実行できます(必要に応じて別の/ repository1ディレクトリ名を選択してください)。

mkdir /repository1

ステップ3:RPMファイルをリポジトリディレクトリに配置します

RPMパッケージファイルがVPSにまだ存在しない場合は、FTPまたはSSH経由でクラウドサーバーに転送する必要があります。WinSCP(無料のSFTPクライアントおよびFTP)などのソフトウェアを使用してください。 コンソールから「wget」コマンドを使用して、RPMパッケージファイルをVPS(インターネット接続が必要)に直接ダウンロードすることもできます(それに応じてHTTPリンクを変更してください)。

wget http://mirror.lihnidos.org/CentOS/6/os/i386/Packages/NetworkManager-0.8.1-43.el6.i686.rpm

RPMファイルがVPSにすでに存在する場合は、これらのファイルを「ステップ2」から新しく作成したディレクトリにコピーまたは移動する必要があります。 コンソールから次のコマンドを使用してRPMファイルを移動できます(それに応じて/ path / to /rpmおよび/repository1を変更してください)。

mv /path/to/rpm /repository1

コンソールから次のコマンドを使用してRPMファイルをコピーできます(それに応じて/ path / to /rpmおよび/repository1を変更してください)。

cp /path/to/rpm /repository1

ステップ4:「createrepo」を実行します

Createrepoコマンドは、「ステップ2」からカスタムYUMリポジトリディレクトリを読み取り、その中に「repodata」という新しいディレクトリを作成します。 Repodataディレクトリは、新しく作成されたリポジトリのメタデータ情報を保持します。 カスタムYUMリポジトリにRPMパッケージファイルを追加するたびに、「createrepo」コマンドを使用してリポジトリメタデータを再作成する必要があります。 コンソールから次のコマンドを実行することで、新しいリポジトリメタデータを作成できます(それに応じて/ repository1を変更してください)。

createrepo /repository1

ステップ5:YUMリポジトリー構成ファイルを作成する

新しく作成されたカスタムYUMリポジトリの使用を開始するには、拡張子が.repoの対応するYUMリポジトリ設定ファイルを作成する必要があります。このファイルは/etc/yum.repos.d/ディレクトリに配置する必要があります。 YUMリポジトリー構成ファイルを作成する手順は、この記事の最初のトピック「YUMリポジトリー構成ファイル」で説明されています。

カスタムYUMリポジトリー構成ファイルの例:

/etc/yum.repos.d/custom.repo

[customrepo]
name=Custom Repository
baseurl=file:///repository1/
enabled=1
gpgcheck=0
投稿者: @GeekPeekNet