チェロキーについて

Cherokeeは、高性能、軽量、フル機能のWebサーバーです。 SSL、FastCGI、およびuWSGIを介したNodeJS、Rails、Pythonなどのすべての最新のWebアプリケーションフレームワークと互換性があります。 Cherokeeの最も優れている点は、ApacheやNginxとは異なり、Cherokeeはその管理Webインターフェイスを介して完全に管理できることです。

Ubuntuでのセットアップ

Ubuntuドロップレットでは、CherokeePPAを構成した後にCherokeeをインストールできます。

sudo add-apt-repository ppa:cherokee-webserver/ppa

システムにadd-apt-repositoryが付属していない場合は、最初にsoftware-properties-commonをインストールしてみてください。

sudo apt-get install software-properties-common

その後、aptキャッシュを更新し、cherokeeとcherokee-adminをインストールします

sudo apt-get update
sudo apt-get install cherokee cherokee-admin

DebianとUbuntuでのセットアップ

DebianまたはUbuntuのドロップレットでは、Cherokeeをaptリポジトリから直接インストールできます。

sudo apt-get install cherokee cherokee-admin

CentOSでのセットアップ

CentOSドロップレットでは、CherokeeをEPELリポジトリから直接インストールできます。

sudo yum install cherokee

チェロキーステータスを確認する

チェロキーがインストールされたので、実行されているかどうかを確認できます。

sudo service cherokee status

チェロキーで問題が発生した場合は、/ var / log/cherokeeディレクトリでログを確認できます。 ドロップレットのIPアドレスにアクセスして、チェロキーが実行されていることを確認することもできます。 このページで迎えられるはずです。

チェロキーの管理

Cherokeeを使用することの最大の利点は、使いやすいWebインターフェイスを介してすべての構成を管理できることです。 Web管理インターフェイスは、デフォルトでは実行されておらず、実行されるべきではありません。 cherokee-adminコマンドを使用して開始できます。

sudo cherokee-admin

Cherokee-adminは、Webインターフェイスで使用する一時的なクレデンシャルを出力します。 生成されたワンタイムパスワードをコピーします。

Cherokee Web Server 1.2.101 (Oct 25 2012): Listening on port 127.0.0.1:9090,
TLS disabled, IPv6 enabled, using epoll, 4096 fds system limit, max. 2041
connections, caching I/O, single thread

Login:
  User:              admin
  One-time Password: tGCtsC95wdbwtBCC

Web Interface:
  URL:               http://127.0.0.1:9090/

管理ページはデフォルトでサーバーのローカルインターフェイスにのみバインドされているため、別のSSH接続を開始し、ポート9090をローカルマシンに転送する必要があります。 これにより、ポート9090でローカルマシンのWebインターフェイスにアクセスできます。

ssh [email protected]_IP_ADDRESS -L9090:localhost:9090

ここで、 localhost:9090 にアクセスすると、管理者パスワードの入力を求められます。 ログイン後、Cherokee管理インターフェースを使用して、vServer、WSGIソースのセットアップ、チューニングなど、Webサーバーのすべての側面を管理できます。