序章

コードをマージします。 リリースの調整。 ビルドステータスの決定。 更新の維持。 これらのプロセスのフラストレーションを十分に理解していて、言葉自体が頭痛の種になることを知っている場合は、JenkinsCIを調べることをお勧めします。

プロジェクト、特に複数のチームメンバーが同時に開発し、多くの機能、コンポーネント、言語、環境を組み込む可能性のあるプロジェクトを維持することは、最善の場合には苦労します。最悪の場合、浮かんでいるには超人的な偉業が必要です。

Jenkinsがお手伝いします。 基本的に継続的インテグレーションのソリューション—つまり すべてのコードを継続的に1つの中央ビルドにマージする方法— Jenkinsは、プロジェクトの運用の本部として機能します。 プロジェクトをあらゆる面で監視、規制、比較、マージ、および保守できます。

Jenkinsは、その中核として、自動統合と外部ビルドモニタリングの2つのことを行います。 これは、コードを保守可能に保つプロセスを大幅に簡素化し、ビルドの品質を注意深く見守ることができることを意味します。これにより、開発者の何人かが準備が整う前にコードをマージしたときに、厄介な驚きに陥ることがなくなります。 。

核心に迫り、ジェンキンスがどのように見えるか、そしてそれをどのように使用するかを正確に学びましょう。

前提条件

このチュートリアルに従うには、次のものが必要です。

  • CentOS7ドロップレット
  • sudo権限を持つroot以外のユーザー(UbuntuおよびCentOSでSudoersファイルを編集する方法では、これを設定する方法について説明しています)。

このチュートリアルのすべてのコマンドは、root以外のユーザーとして実行する必要があります。 コマンドにrootアクセスが必要な場合は、その前にsudoが付きます。

システム固有のパッケージとWARファイル

Jenkinsが何であるかがわかったので、それがどのように配布されるかを理解する必要があります。 JenkinsはJava上で実行され、WARファイルとして提供されます。これは、Webアプリケーションを構成し、サーバー上で実行することを目的とした関連コンテンツのコレクションです。 ただし、Jenkinsの開発者は、Jenkinsを制御されたサービスとして実行できるようにする、いくつかのシステム固有のパッケージを通じて、その使いやすさを親切に拡張しています。

Jenkinsパッケージは、CentOSオペレーティングシステムを含むRedHatファミリーのディストリビューションで利用できます。 ただし、特にCentOS 7は厄介な品種であるため、別のアプローチが必要です。 他のRedHatベースのOSで動作する操作は、他のCentOSバージョンでも動作が異なる傾向があり、結果として生じる潜在的なエラーのデバッグが困難になる可能性があります。 JenkinsパッケージはCentOSで差別化されているのではなく、汎用のRed Hatであるため、問題が発生する可能性は他のOSよりも高くなります。 このため、このパッケージを介してJenkinsを実行することはありません。 そのため、WARファイルはJavaを介して実行されたままになりますが、これははるかに便利ではなく、Javaを介して手動で開始および停止する必要があります。

幸い、これを回避する方法があります。パッケージがなくても、CentOSと連携して、Jenkinsをサービスのように扱うことができます。

ステップ1—Jenkinsをインストールする

CentOSにJenkinsをインストールする基本的な方法は、リポジトリまたはリポジトリを使用する方法とWARファイルを使用する方法の2つです。 リポジトリからのインストールが推奨される方法であり、これを最初に概説します。

Jenkins(どちらの方法でも)を実行するにはJavaが必要になるため、サーバーにまだJavaがない場合は、次のコマンドを使用してインストールします。

  1. sudo yum -y install java

一般に、サービスまたはツールが必要であるが、どのパッケージがそれを提供するかわからない場合は、次のコマンドを実行していつでも確認できます。

  1. yum whatprovides service

ここで、serviceは、必要なサービスまたはツールの名前です。

リポジトリからのインストール

次に、以下を実行して、RedHatリポジトリからJenkinsをダウンロードします。

  1. sudo wget -O /etc/yum.repos.d/jenkins.repo http://pkg.jenkins-ci.org/redhat/jenkins.repo

wgetツールは、「O」フラグの後に指定されたファイル名にファイルをダウンロードします(これは、ゼロではなく大文字の「O」です)。

次に、パッケージマネージャーRPMを使用して検証キーをインポートします。

  1. sudo rpm --import https://jenkins-ci.org/redhat/jenkins-ci.org.key

最後に、次のコマンドを実行してJenkinsをインストールします。

  1. sudo yum install jenkins

それでおしまい! これで、Jenkinsをサービスとして開始できるようになります。

  1. sudo systemctl start jenkins.service

サービスが開始されると、そのステータスを確認できます。

  1. sudo systemctl status jenkins.service

これにより、プロセスがどのように開始され、何が行われているかに関する多くの情報が記載されたかなり長い情報が得られますが、すべてがうまくいった場合は、次のような2行が表示されます。

Loaded: loaded (/etc/systemd/system/jenkins.service; disabled)
Active: active (running) since Tue 2015-12-29 00:00:16 EST; 17s ago

これは、Jenkinsサービスが起動を完了して実行されていることを意味します。 これは、以前と同じようにhttp://ip-of-your-machine:8080のWebインターフェイスにアクセスして確認できます。

Welcome to Jenkins! The Jenkins dashboard.

同様に、サービスを停止できます。

  1. sudo systemctl stop jenkins.service

または再起動します:

  1. sudo systemctl restart jenkins.service

systemctlを使用したサービスの管理の詳細については、Systemctlを使用してSystemdサービスとユニットを管理する方法の記事を参照してください。

WARファイルからのインストール

何らかの理由でリポジトリを介してJenkinsをインストールしないことを選択した場合は、WARファイルを使用して同じ結果を得ることができますが、これには多少の作業が必要です。

まず、Jenkins WARファイルをサーバーにダウンロードし、フリルなしで実行して、基本が問題なく正しく機能することを確認しましょう。

いつでも最新バージョンのJenkinsは、Jenkinのミラーで入手できます。 このファイルをダウンロードするために好きなツールを使用できます。 次の方法では、wgetというコマンドラインツールを使用します。

  1. wget http://mirrors.jenkins-ci.org/war/latest/jenkins.war

準備ができたら、Java経由でJenkinsを起動します。

  1. java -jar jenkins.war

Jenkinsが実行を開始したことを示す出力がコンソールに表示されます。

...
INFO: Jenkins is fully up and running
...

これで、ブラウザ(http://ip-of-your-machine:8080)を介してインターフェイスにアクセスできます。

Jenkinsが正常に実行されることを確認したら、次の手順で説明するように、プロセスを終了して、サービスとして実行できるようにプロセスを変更できるようにします。 実行中のフォアグラウンドプロセスを終了するには、CTRL-Cを押します。

ステップ2—Jenkinsをサービスとして実行する

前のセクションでリポジトリを介してJenkinsをインストールせず、代わりにWARファイルを使用した場合、標準サービスのようにJenkinsを使用することはできません。 リポジトリを使用した場合は、この手順をスキップしてください。

Jenkinsを次のように構成すると、Javaを介して実行されますが、サービスのように扱い、開始および停止して、バックグラウンドで簡単に実行できるようになります。 サービスは基本的にラッパーとして機能します。

まず、ダウンロードしたWARファイルが長期保存と使用に便利な場所にあることを確認します。

  1. sudo cp jenkins.war /usr/local/bin/jenkins.war

次に、/etc/systemd/system/ディレクトリに移動し、jenkins.serviceという名前の新しいファイルを作成します。 次のデモンストレーションではnanoエディターを使用していますが、当然、任意の編集ツールを使用できます。

  1. cd /etc/systemd/system/
  2. sudo nano jenkins.service

ここで、新しいjenkins.serviceファイルに次の行を追加します。 すぐに、これらの行が何を達成するかを正確に説明します。

/usr/local/bin/jenkins.war
[Unit]
Description=Jenkins Service
After=network.target

[Service]
Type=simple
User=root
ExecStart=/usr/bin/java -jar /usr/local/bin/jenkins.war
Restart=on-abort

[Install]
WantedBy=multi-user.target

以前に構成ファイル(INIファイルなど)を見たことがあれば、ここで使用されている構造に気付くでしょう。 括弧で囲まれたテキストは、セクションの見出しを示します。 これは、たとえば、[Service]が「サービス」と呼ばれるセクションを宣言し、その下のすべての割り当てに関連情報が含まれていることを意味します。この情報は、システムがセクションヘッダーを見つけて関連付ける方法を認識します。

これに含まれる構成ファイルは、通常、テキストファイルです。つまり、コンピューターに固有の意味はありません。 むしろ、テキストファイルは何らかのプロセスによって解析され、そのプロセスは見出しやその他の情報を使用してその方法を見つけます。 このため、特定の構成ファイルがどのように配置されるかは技術的には関係ありません。それを読み取るプログラムがすべての意味を理解できる限りです。

最初のセクションUnitには、2つの構成ディレクティブのみが含まれています。 最初は単に名前です。 好きな名前を付けることができますが、理想的には、新しいプロセスを一意に識別する名前にする必要があります。 2番目のディレクティブは、現在のサービスを開始するために必要なサービスがある場合はそれを示します。

次のセクションでは、Typeディレクティブを使用して、このサービスが使用するスタートアップの種類を選択できます。 値simpleは、後のディレクティブExecStartに記載されているプロセスが、作成されるサービスのプライマリプロセスになることを示します。 タイプが指定されていない場合はsimpleが想定されるため、実際にはtypeは不要ですが、わかりやすくするために残しておきます。

Userは、このプロセスを制御できるユーザーを指定します。Restartは、この場合、プロセスが終了しても終了コードがエラーを示している場合に、サービスが再開されることを示すために使用されます。 これは、予期しないクラッシュが発生した場合にサービスの継続性を維持するのに役立ちます。

前述のように、ExecStartは、サービスのメインアクションになるプロセスを示すディレクティブです。 このディレクティブは、Jenkinsのメインラッパーを表します。サービスは、フォアグラウンドプロセスとして処理するのではなく、Javaを介してWARを実行します。

最後に、Installセクションで、multi-user.targetは、CentOS7より前のランレベルと呼ばれるターゲットを示します。 これにより、このサービスを提供するためのリソースと、ユーザーが必要とする強度の感覚がシステムに提供されます。

ファイルを作成して保存すると、新しいJenkinsサービスを起動できるようになります。

準備ができたら、次を実行します。

  1. sudo systemctl daemon-reload

これにより、このユニットに加えた変更が適用されます(実際には、変更されたすべてのユニットに変更が適用されます)。

これで、Jenkinsをサービスとして開始できるようになります。

  1. sudo systemctl start jenkins.service

サービスが開始されると、そのステータスを確認できます。

  1. sudo systemctl status jenkins.service

これにより、プロセスがどのように開始され、何が行われているかに関する多くの情報が記載されたかなり長い情報が得られますが、すべてがうまくいった場合は、次のような2行が表示されます。

Loaded: loaded (/etc/systemd/system/jenkins.service; disabled)
Active: active (running) since Tue 2015-12-29 00:00:16 EST; 17s ago

これは、Jenkinsサービスが起動を完了して実行されていることを意味します。 これは、以前と同じようにhttp://ip-of-your-machine:8080のWebインターフェイスにアクセスして確認できます。

同様に、サービスを停止できます。

  1. sudo systemctl stop jenkins.service

または再起動します:

  1. sudo systemctl restart jenkins.service

systemctlを使用したサービスの管理の詳細については、Systemctlを使用してSystemdサービスとユニットを管理する方法の記事を参照してください。

ステップ3—ユーザーの作成

Jenkinsがスムーズに実行されたら、次のステップは優れたセキュリティを確立することです。 これ以降、正確なアクションはJenkinsの目的に大きく依存します。 ただし、以下は、Jenkinsを最適にセットアップして使用する方法の一般的なガイドラインと、道を開くためのいくつかの例です。

Jenkinsは、セキュリティとロール管理の設定を提供します。これは、アクセスの制御とユーザーアクションの定義に役立ちます。 それらの概念を紹介するために、それを簡単に訪問します。 これらの設定にアクセスするには、サービスの実行後にブラウザを介してJenkinsインターフェイスに戻ります(http://ip-of-your-machine:8080)。 左側にメニューが表示されます–その中から ManageJenkinsを選択します。 これにより、カスタマイズのためのいくつかのオプションを含むページに移動します。 上部にアラートが表示される場合もあります。 セキュリティで保護されていないJenkinsを使用すると、ネットワーク上の誰もがあなたに代わってプロセスを起動できます。 誤用を防ぐために、少なくとも認証を有効にすることを検討してください。 これは、システムにセキュリティの要素を導入するためのJenkinsのディレクティブです。

The "Manage Jenkins" page.

ここで行う最初のステップは、[Jenkinsの管理]ページのリンクリストの上部にあるグローバルセキュリティの構成に移動することです。 [セキュリティを有効にする]のオプションボックスをオンにして、この目的のオプションのグループを表示します。 Jenkinsでセキュリティを構成する方法はいくつもあります。詳細な説明は、 UseJenkinsドキュメントのStandardSecuritySetupセクションで読むことができます。

これらのオプションの中で最も簡単で、今日レイアウトするオプションでは、Jenkinsが独自のデータベースを使用してユーザー構成を保存します。 チェックボックスをオンにしたときに表示されるアクセス制御セクションで、Jenkins独自のユーザーデータベースを選択します。 簡単に言うと、他のオプションは、Jenkinsを既存のUnixユーザーおよびグループにリンクするか、組織全体のログイン(LDAPオプション)を使用するか、Javaサーブレットがアクセスを管理できるようにすることです。 他のオプションはプラグインを介して追加できます(プラグインについては後で説明します)。

新規ユーザーのサインアップを許可するかどうかは、主に自分のニーズによって異なります。 ただし、一般的には、アクセスを制限することにはメリットがあり、ユーザーが希望どおりにサインアップできるようにすることで、潜在的に危険なレベルのオープン性を実現できます。 これを制限するには、ユーザーにサインアップを許可するとマークされたチェックボックスの選択を解除します。 この設定をオフにすると、管理者のみが新しいアカウントを作成できます。 すぐに、作成するユーザーに管理者権限を付与します。また、新しいユーザーの追加についても詳しく説明します。

認証で、マトリックスベースのセキュリティオプションを選択します。 これにより、複雑な設定に頼ることなく、コントロールを微調整できます。 匿名という名前のユーザーがすでに存在していることがわかります。 匿名ユーザーは、ログインしていない場合でも、どこからでも誰でも使用できます。そのため、デフォルトでは、匿名ユーザーには機能がありません。 これはJenkinsインスタンスの初期設定であるため、このユーザーに完全な権限を付与する必要があります。現在、匿名以外のユーザーは存在せず、ログインしていないため、匿名の権限をオフにすると、Jenkinsへのアクセスが事実上遮断されます。まったく。

匿名行の右側にある小さなボタンを使用して、すべての権限を選択します。 次に、 User / group to add 入力フィールドを使用して、権限を追加する新しいユーザーを指定します。 これは実際にはユーザーを作成するのではなく、まもなく作成するユーザーの権限を指定することに注意してください。

通常、最初に新しいユーザーを作成してから、フォームのこの部分でそれらのユーザーのアクセス許可を指定します。 ユーザーはまだ存在しないため、権限を設定してからユーザーを作成します。

ユーザー名を入力し、追加を押します。 既知のバグのため、ユーザー名は小文字のままにしておくことをお勧めします。 匿名ユーザーの場合と同じ方法で、新しいユーザーにすべてのアクセス許可を付与します。 これにより、基本的に新しい管理者が設定されます。

完了したら、適用を押してから、保存を押します。

サインアップページに自動的に移動し、そこから新しいアカウントを作成できます。 作成するアカウントのユーザー名は、前にアクセス許可を指定したアカウントに対応している必要があります。

Signing in to your Jenkins instance

終了すると、自動的にログインしていることに気付くはずです。

セキュリティページに戻り( Jenkinsの管理->グローバルセキュリティの構成)、セキュリティマトリックスまでスクロールダウンします。 管理ユーザーを作成したので、匿名ユーザーの権限を制限できます。 匿名行のすべてのアクセス許可の選択を解除し、適用および保存をクリックします。 これで、新しいユーザーがJenkinsにアクセスできる唯一のユーザーになります。

以前に自動サインアップをオフにした場合は、追加の新しいユーザーを手動で作成する必要がある場合があります。 方法は次のとおりです。

Jenkinsの管理ページに戻り、一番下までスクロールして、ユーザーの管理をクリックします。 左側にリンク付きのサイドバーが表示されます。 ユーザーの作成をクリックします。 最初のユーザーを作成したのと同じ方法で新しいユーザーの情報を入力し、サインアップをクリックします。 ユーザーのリストにリダイレクトされ、新しいユーザーが含まれるようになります。 このユーザーには権限がないため、グローバルセキュリティの構成に移動し、ユーザー/グループを追加フィールドを使用してマトリックスに行を追加し、権限プロセスを繰り返す必要があります。 、権限を指定し、適用および保存をクリックします。 簡単にするために、作成するユーザーが複数いる場合は、アクセス許可の追加に進む前に、すべてのユーザーを作成してください。

新しいユーザーを作成するときは、制限が主要なセキュリティ資産になる可能性があることに注意してください。 マトリックスベースのセキュリティの具体的な詳細については、 UseJenkinsドキュメントのMatrix-basedSecurityセクションを参照してください。

通常、次のステップは、ユーザーに役割を割り当て、ユーザーの正確な能力を制御することです。 この記事では詳しく説明しませんが、これはというテーマに関する優れた記事です。 役割を割り当てたら、必ず変更を保存してください。

ステップ4—プラグインのインストール

Jenkinsがインストールされ、最小限に構成され、適切に保護されたら、ニーズに合うようにします。 最初にインストールしたときに見つかったように、Jenkinsには比較的少ない能力があります。 実際、Jenkinsは、多くのソフトウェア開発者の信条を代表しています。1つのことを実行し、それをうまく実行することです。 Jenkinsは、ソフトウェアプロジェクトの仲介者として機能することで「1つのことを行い」、プラグインを提供することで「うまく機能します」。

プラグインは、Jenkinsがさまざまな外部ソフトウェアと対話したり、本来の機能を拡張したりできるようにするアドオンです。 Jenkinsセットアップの多くの領域と同様に、インストールする正確なプラグインはプロジェクトに大きく依存します。

Jenkinsの左側のメインメニューから、 Jenkinsの管理->プラグインの管理をクリックします。表示されるページには、既にインストールされているが更新が必要なプラグインが表示されます。これは簡単に実行できます。更新するプラグインを選択し、下部にあるボタンをクリックします。

このページからAvailableをクリックすると、利用可能なプラグインの膨大なリストが表示されます。 もちろん、考えられるすべてのプラグインをインストールする必要はないので、次の質問は、必要なプラグインを選択する方法です。

前述のように、この問題での選択は、ニーズと目標によって異なります。 幸い、 Jenkins wiki は、トピックごとのプラグインの優れた概要を提供します。

このリストは間違いなく一読する価値がありますが、プロジェクトに関係なく、ほぼ確実に含める必要のあるプラグインがいくつかあります。 ここにいくつかあります—いくつかは一般的で、いくつかは具体的です:

  1. ソース管理Git、SVN、およびTeam Foundation Serverは、より一般的なソース管理システムの一部です。 これらの3つすべてがJenkinsリストにプラグインを持っており、他のプラグインはあまり一般的でないシステムにも存在します。 ソース管理が何であるかわからない場合は、実際にそれについて学び、プロジェクトに組み込み始める必要があります。 Jenkinsがプラグインを介してビルドを実行し、テストを制御できるように、ソース管理システムのプラグインを必ずインストールしてください。

  2. アーティファクトのコピーこのプラグインを使用すると、プロジェクト間でコンポーネントをコピーできるため、真の依存関係マネージャーがない場合に同様のプロジェクトを設定する手間が省けます。

  3. スロットル同時ビルド競合を引き起こす可能性のある複数のビルドを実行している場合(共有リソースなどが原因)、これにより、この懸念を簡単に軽減できます。

  4. 依存関係グラフビューアプロジェクトの依存関係のグラフィック表現を提供する気の利いたプラグイン。

  5. Jenkinsディスクの使用法Jenkinsはかなり軽量かもしれませんが、統合するプロジェクトについては必ずしも同じことが言えるとは限りません。 このプラグインを使用すると、ジョブが消費しているコンピューティングリソースの量を特定できます。

  6. ビルドツールプロジェクトが大きい場合は、MavenやAntなどのビルドマネージャーを使用している可能性があります。 Jenkinsは、これらの多くのプラグインを提供します。これらのプラグインは、基本的な機能にリンクし、個々のビルドステップ、プロジェクション構成、およびビルドの他の多くの側面の制御を追加します。

  7. レポートJenkinsは独自のレポートを提供していますが、この機能を多くのレポートツールに拡張できます。

  8. 追加の認証セキュリティのデフォルトのJenkins機能が適切でない場合は、Googleログインからアクティブディレクトリ、既存のセキュリティの簡単な変更まで、これを拡張するプラグインがたくさんあります。

一般に、プロジェクトで特定のツールが必要な場合は、wikiのプラグインリストページでその名前またはその機能に関するキーワードを検索してください。そのようなプラグインが存在する可能性があり、これはプラグインを見つけるための効率的な方法です。

Available タブでインストールするプラグインを選択したら、 [今すぐダウンロード]とマークされたボタンをクリックし、再起動後にインストールします

Jenkinsが希望どおりに稼働しているので、プロジェクト統合を強化するためにJenkinsの使用を開始できます。 Jenkinsの機能はそのドメイン内でほぼ無限ですが、次の例は、Jenkinsが実行できる範囲と、Jenkinsジョブを開始する方法の始まりの両方を示すのに役立つはずです。

ステップ5—簡単なプロジェクトを作成する

Jenkinsから抜け出すことができる興味深い用途はたくさんあり、設定をいじってみることも有益です。 ただし、開始するには、基本的なタスクを設定する方法を理解するのに役立ちます。 このセクションの例に従って、簡単なジョブを確立して実行する方法を学習してください。

Jenkinsインターフェースホームから、 NewItemを選択します。 名前を入力し、フリースタイルプロジェクトを選択します。

Creating a new project in Jenkins

この次のページでは、ジョブ構成を指定します。 すぐにわかるように、新しいプロジェクトを作成するときに使用できる設定がいくつかあります。 一般に、より重要なコントロールの1つは、ソースリポジトリに接続することです。 この導入例では、そのステップをスキップします。

この構成ページには、スクリプトの実行などの追加のアクションを実行するためのビルドステップを追加するオプションもあります。

Adding a build step to a project in Jenkins

これにより、必要なコマンドを追加できるテキストボックスが提供されます。 これを使用して、サーバーメンテナンス、バージョン管理、システム設定の読み取りなどのさまざまなタスクを実行します。

このセクションを使用してスクリプトを実行します。 繰り返しになりますが、デモンストレーションの目的で、非常にシンプルにしています。

Adding a basic shell command to a project in Jenkins

必要に応じて、後続のビルドステップを追加することもできます。 セグメントまたは個々のスクリプトが失敗すると、ビルド全体が失敗することに注意してください。

結果を自分宛てに電子メールで送信するなど、実行するビルド後のアクションを選択することもできます。

プロジェクトを保存すると、プロジェクトの概要ページが表示されます。 ここでは、構築された履歴を含むプロジェクトに関する情報を確認できますが、これはまったく新しいプロジェクトであるため、現時点ではそのような情報はありません。

The Jenkins project overview page

左側の[今すぐビルド]をクリックして、ビルドを開始します。 ビルド履歴が一時的に変化し、機能していることを示します。 完了すると、ステータスアイコンが再び変化し、結果が簡潔な形式で表示されます。

詳細を表示するには、ビルド履歴領域でそのビルドをクリックすると、ビルド情報の概要が記載されたページが表示されます。

The Jenkins build results page

このページのコンソール出力リンクは、ジョブの結果を詳細に調べるのに特に役立ちます。ビルド中に実行されたアクションに関する情報を提供し、すべてのコンソール出力を表示します。 特にビルドが失敗した後は、これを確認すると便利です。

Jenkinsのホームに戻ると、すべてのプロジェクトの概要と、ステータスを含むそれらの情報が表示されます(この場合は1つだけです)。

Overview of all projects and their statuses in Jenkins

ステータスは、天気アイコン(ホームページダッシュボード上、上図参照)と色付きボール(個々のプロジェクトページ上、下図表示)の2つの方法で示されます。 天気アイコンは、1つの画像に複数のビルドの記録を表示するので特に便利です。

上の画像では、雲が表示されています。これは、最近のビルドが成功したものと失敗したものがあることを示しています。 それらすべてが成功した場合、あなたは太陽のイメージを見るでしょう。 最近すべてのビルドが失敗した場合は、悪天候のアイコンが表示されます。

これらのステータスには、ホバーに関する説明を含む対応するツールチップがあり、チャート内の他の情報と組み合わせて、概要で必要なもののほとんどをカバーしています。

今すぐビルド)をクリックして、ここからプロジェクトを再構築することもできます。

Jenkins project page with project build statuses

もちろん、本格的なプロジェクトセットアップを実装するには、さらにいくつかの手順と微調整が必要ですが、多くの労力をかけなくても、プロジェクトに非常に便利で実用的なモニターとコントロールをセットアップできることは明らかです。 Jenkinsを探索すると、すぐに貴重なツールであることがわかります。

結論

他のチュートリアル、記事、ビデオを探すことは非常に価値があります。そこにはたくさんの情報があり、Jenkinsとのプロジェクト統合を簡単にセットアップできます。 Jenkinsチームがホストするチュートリアルは一見の価値があります。

特に、基本的なプロジェクトと本格的なプロジェクトの間のギャップを埋めることは、Jenkinsのスキルを向上させるための優れた方法です。 その移行を容易にする方法として、これらの例に従ってください。

さらに、PHPアプリケーションDrupal など、一般的なタイプのプロジェクト用のテンプレートが多数存在するため、すべてを最初からセットアップする必要がない可能性が高くなります。 だから、そこに行って、ジェンキンスについてあえて学ぶすべてを学び、あなたの人生をはるかに楽にしてください!