序章

SSH(セキュアシェル)は、サーバーの管理と通信に使用される暗号化されたプロトコルです。 CentOSサーバーを使用する場合、SSHを介してサーバーに接続されたターミナルセッションでほとんどの時間を費やす可能性があります。

このガイドでは、CentOS7インストール用のSSHキーの設定に焦点を当てます。 SSHキーは、サーバーにログインするための簡単で安全な方法を提供し、すべてのユーザーに推奨されます。

ステップ1—RSAキーペアの作成

最初のステップは、クライアントマシン(通常はコンピューター)でキーペアを作成することです。

  1. ssh-keygen

デフォルトでは、ssh-keygenは2048ビットのRSAキーペアを作成します。これは、ほとんどのユースケースで十分に安全です(オプションで-b 4096フラグを渡して、より大きな4096ビットキーを作成できます)。 。

コマンドを入力すると、次のプロンプトが表示されます。

Output
Generating public/private rsa key pair. Enter file in which to save the key (/your_home/.ssh/id_rsa):

ENTERを押して、キーペアをホームディレクトリの.ssh/サブディレクトリに保存するか、代替パスを指定します。

以前にSSHキーペアを生成したことがある場合は、次のプロンプトが表示される場合があります。

Output
/home/your_home/.ssh/id_rsa already exists. Overwrite (y/n)?

ディスク上のキーを上書きすることを選択した場合、以前のキーを使用して認証することはできなくなりますyesを選択するときは、これを元に戻すことはできない破壊的なプロセスであるため、十分に注意してください。

次に、次のプロンプトが表示されます。

Output
Enter passphrase (empty for no passphrase):

ここでは、オプションで安全なパスフレーズを入力できます。これを強くお勧めします。 パスフレーズは、許可されていないユーザーがログインするのを防ぐためのセキュリティの追加レイヤーを追加します。 セキュリティの詳細については、LinuxサーバーでSSHキーベースの認証を構成する方法のチュートリアルを参照してください。

次に、次の出力が表示されます。

Output
Your identification has been saved in /your_home/.ssh/id_rsa. Your public key has been saved in /your_home/.ssh/id_rsa.pub. The key fingerprint is: a9:49:2e:2a:5e:33:3e:a9:de:4e:77:11:58:b6:90:26 [email protected]_host The key's randomart image is: +--[ RSA 2048]----+ | ..o | | E o= . | | o. o | | .. | | ..S | | o o. | | =o.+. | |. =++.. | |o=++. | +-----------------+

これで、認証に使用できる公開鍵と秘密鍵ができました。 次のステップは、SSHキーベースの認証を使用してログインできるように、サーバーに公開キーを配置することです。

ステップ2—公開鍵をCentOSサーバーにコピーする

公開鍵をCentOSホストにコピーする最も簡単な方法は、ssh-copy-idというユーティリティを使用することです。 簡単なため、可能な場合はこの方法を強くお勧めします。 クライアントマシンでssh-copy-idを使用できない場合は、このセクションで提供されている2つの代替方法のいずれかを使用できます(パスワードベースのSSHを介したコピー、または手動でのキーのコピー)。

ssh-copy-idを使用して公開鍵をコピーする

ssh-copy-idツールは、多くのオペレーティングシステムにデフォルトで含まれているため、ローカルシステムで使用できる場合があります。 この方法を機能させるには、サーバーへのパスワードベースのSSHアクセスがすでに必要です。

ユーティリティを使用するには、接続するリモートホストとパスワードSSHアクセス権を持つユーザーアカウントを指定するだけです。 これは、公開SSHキーがコピーされるアカウントです。

構文は次のとおりです。

  1. ssh-copy-id username@remote_host

次のメッセージが表示される場合があります。

Output
The authenticity of host '203.0.113.1 (203.0.113.1)' can't be established. ECDSA key fingerprint is fd:fd:d4:f9:77:fe:73:84:e1:55:00:ad:d6:6d:22:fe. Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? yes

これは、ローカルコンピュータがリモートホストを認識しないことを意味します。 これは、新しいホストに初めて接続したときに発生します。 yesと入力し、ENTERを押して続行します。

次に、ユーティリティはローカルアカウントをスキャンして、前に作成したid_rsa.pubキーを探します。 キーが見つかると、リモートユーザーのアカウントのパスワードの入力を求められます。

Output
/usr/bin/ssh-copy-id: INFO: attempting to log in with the new key(s), to filter out any that are already installed /usr/bin/ssh-copy-id: INFO: 1 key(s) remain to be installed -- if you are prompted now it is to install the new keys username@203.0.113.1's password:

パスワードを入力し(セキュリティ上の理由から入力内容は表示されません)、ENTERを押します。 ユーティリティは、指定したパスワードを使用してリモートホストのアカウントに接続します。 次に、~/.ssh/id_rsa.pubキーの内容を、リモートアカウントのホーム~/.sshディレクトリにあるauthorized_keysというファイルにコピーします。

次の出力が表示されます。

Output
Number of key(s) added: 1 Now try logging into the machine, with: "ssh 'username@203.0.113.1'" and check to make sure that only the key(s) you wanted were added.

この時点で、id_rsa.pubキーがリモートアカウントにアップロードされています。 ステップ3に進むことができます。

SSHを使用した公開鍵のコピー

ssh-copy-idを使用できないが、サーバー上のアカウントへのパスワードベースのSSHアクセスがある場合は、従来のSSH方式を使用してキーをアップロードできます。

これを行うには、catコマンドを使用して、ローカルコンピューター上の公開SSHキーの内容を読み取り、SSH接続を介してリモートサーバーにパイプします。

反対側では、~/.sshディレクトリが存在し、使用しているアカウントで正しい権限を持っていることを確認できます。

次に、パイプしたコンテンツをこのディレクトリ内のauthorized_keysというファイルに出力できます。 >>リダイレクト記号を使用して、コンテンツを上書きする代わりに追加します。 これにより、以前に追加したキーを破棄せずにキーを追加できます。

完全なコマンドは次のようになります。

  1. cat ~/.ssh/id_rsa.pub | ssh username@remote_host "mkdir -p ~/.ssh && touch ~/.ssh/authorized_keys && chmod -R go= ~/.ssh && cat >> ~/.ssh/authorized_keys"

次のメッセージが表示される場合があります。

Output
The authenticity of host '203.0.113.1 (203.0.113.1)' can't be established. ECDSA key fingerprint is fd:fd:d4:f9:77:fe:73:84:e1:55:00:ad:d6:6d:22:fe. Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? yes

これは、ローカルコンピュータがリモートホストを認識しないことを意味します。 これは、新しいホストに初めて接続したときに発生します。 yesと入力し、ENTERを押して続行します。

その後、リモートユーザーアカウントのパスワードを入力するように求められます。

Output
username@203.0.113.1's password:

パスワードを入力すると、id_rsa.pubキーの内容がリモートユーザーのアカウントのauthorized_keysファイルの最後にコピーされます。 これが成功した場合は、ステップ3に進みます。

公開鍵を手動でコピーする

サーバーへのパスワードベースのSSHアクセスが利用できない場合は、プロセスを手動で完了する必要があります。

id_rsa.pubファイルの内容をリモートマシンの~/.ssh/authorized_keysファイルに手動で追加します。

id_rsa.pubキーの内容を表示するには、ローカルコンピューターに次のように入力します。

  1. cat ~/.ssh/id_rsa.pub

キーの内容が表示されます。これは次のようになります。

Output
ssh-rsa AAAAB3NzaC1yc2EAAAADAQABAAACAQCqql6MzstZYh1TmWWv11q5O3pISj2ZFl9HgH1JLknLLx44+tXfJ7mIrKNxOOwxIxvcBF8PXSYvobFYEZjGIVCEAjrUzLiIxbyCoxVyle7Q+bqgZ8SeeM8wzytsY+dVGcBxF6N4JS+zVk5eMcV385gG3Y6ON3EG112n6d+SMXY0OEBIcO6x+PnUSGHrSgpBgX7Ks1r7xqFa7heJLLt2wWwkARptX7udSq05paBhcpB0pHtA1Rfz3K2B+ZVIpSDfki9UVKzT8JUmwW6NNzSgxUfQHGwnW7kj4jp4AT0VZk3ADw497M2G/12N0PPB5CnhHf7ovgy6nL1ikrygTKRFmNZISvAcywB9GVqNAVE+ZHDSCuURNsAInVzgYo9xgJDW8wUw2o8U77+xiFxgI5QSZX3Iq7YLMgeksaO4rBJEa54k8m5wEiEE1nUhLuJ0X/vh2xPff6SQ1BL/zkOhvJCACK6Vb15mDOeCSq54Cr7kvS46itMosi/uS66+PujOO+xt/2FWYepz6ZlN70bRly57Q06J+ZJoc9FfBCbCyYH7U/ASsmY095ywPsBo1XQ9PqhnN1/YOorJ068foQDNVpm146mUpILVxmq41Cj55YKHEazXGsdBIbXWhcrRf4G2fJLRcGUr9q8/lERo9oxRm5JFX6TCmj6kmiFqv+Ow9gI0x8GvaQ== [email protected]

使用可能な方法を使用して、リモートホストにアクセスします。

リモートサーバー上のアカウントにアクセスできるようになったら、~/.sshディレクトリが存在することを確認する必要があります。 このコマンドは、必要に応じてディレクトリを作成します。ディレクトリがすでに存在する場合は何もしません。

  1. mkdir -p ~/.ssh

これで、このディレクトリ内にauthorized_keysファイルを作成または変更できます。 次のコマンドを使用して、id_rsa.pubファイルの内容をauthorized_keysファイルの最後に追加し、必要に応じて作成できます。

  1. echo public_key_string >> ~/.ssh/authorized_keys

上記のコマンドで、public_key_stringを、ローカルシステムで実行したcat ~/.ssh/id_rsa.pubコマンドからの出力に置き換えます。 ssh-rsa AAAA...で始まる必要があります。

最後に、~/.sshディレクトリとauthorized_keysファイルに適切な権限が設定されていることを確認します。

  1. chmod -R go= ~/.ssh

これにより、~/.ssh/ディレクトリのすべての「グループ」および「その他」のアクセス許可が再帰的に削除されます。

rootアカウントを使用してユーザーアカウントのキーを設定している場合は、~/.sshディレクトリがrootではなくユーザーに属していることも重要です。 次の例では、ユーザーの名前は sammy ですが、コマンドに適切なユーザー名を代入する必要があります。

  1. chown -R sammy:sammy ~/.ssh

これで、CentOSサーバーでパスワードなしの認証を試みることができます。

ステップ3—SSHキーを使用したCentOSサーバーへの認証

上記の手順のいずれかを正常に完了すると、リモートアカウントのパスワードなしでリモートホストにログインできるようになります

基本的なプロセスは同じです。

  1. ssh username@remote_host

このホストに初めて接続する場合(上記の最後の方法を使用した場合)、次のように表示される場合があります。

Output
The authenticity of host '203.0.113.1 (203.0.113.1)' can't be established. ECDSA key fingerprint is fd:fd:d4:f9:77:fe:73:84:e1:55:00:ad:d6:6d:22:fe. Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? yes

これは、ローカルコンピュータがリモートホストを認識しないことを意味します。 yesと入力し、ENTERを押して続行します。

秘密鍵のパスフレーズを指定しなかった場合は、すぐにログインします。 秘密鍵の作成時に秘密鍵のパスフレーズを指定した場合は、ここでパスフレーズを入力するように求められます。 認証後、CentOSサーバーで構成されたアカウントを使用して新しいシェルセッションが開きます。

キーベースの認証が成功した場合は、パスワード認証を無効にしてシステムをさらに保護する方法を引き続き学習してください。

ステップ4—サーバーでのパスワード認証の無効化

パスワードなしでSSHを使用してアカウントにログインできた場合は、アカウントにSSHキーベースの認証が正常に構成されています。 ただし、パスワードベースの認証メカニズムは引き続きアクティブです。つまり、サーバーはブルートフォース攻撃にさらされたままです。

このセクションの手順を完了する前に、このサーバーのルートアカウントにSSHキーベースの認証が構成されていること、またはできれば、このサーバーの非ルートアカウントにSSHキーベースの認証が構成されていることを確認してください。 sudo権限を持つサーバー。 この手順では、パスワードベースのログインがロックダウンされるため、管理アクセスを引き続き取得できるようにすることが重要です。

リモートアカウントに管理者権限があることを確認したら、rootとして、またはsudo権限を持つアカウントを使用して、SSHキーを使用してリモートサーバーにログインします。 次に、SSHデーモンの構成ファイルを開きます。

  1. sudo vi /etc/ssh/sshd_config

ファイル内で、PasswordAuthenticationというディレクティブを検索します。 これはコメントアウトされる場合があります。 そうである場合は、iを押してテキストを挿入し、PasswordAuthenticationディレクティブの前にある#を削除して行のコメントを解除します。 ディレクティブが見つかったら、値をnoに設定します。 これにより、アカウントのパスワードを使用してSSH経由でログインする機能が無効になります。

/ etc / ssh / sshd_config
...
PasswordAuthentication no
...

変更が終わったら、ESC:wqの順に押して、ファイルに変更を書き込んで終了します。 これらの変更を実装するには、sshdサービスを再起動する必要があります。

  1. sudo systemctl restart sshd.service

予防措置として、このセッションを閉じる前に、新しいターミナルウィンドウを開き、SSHサービスが正しく機能していることをテストしてください。

  1. ssh username@remote_host

SSHサービスを確認したら、現在のすべてのサーバーセッションを安全に閉じることができます。

CentOSサーバー上のSSHデーモンは、SSHキーにのみ応答するようになりました。 パスワードベースの認証が正常に無効になりました。

結論

これで、サーバーにSSHキーベースの認証が構成され、アカウントのパスワードを入力しなくてもサインインできるようになります。

SSHの操作について詳しく知りたい場合は、 SSH EssentialsGuideをご覧ください。