序章

独自のカスタムドメインを介してメールを送受信する1つの方法は、ZohoやGoogleAppsなどのサードパーティのメールサービスを使用することです。 独自のメールサーバーを管理するのではなく、サードパーティのメールサービスを使用する主な利点は、メールサーバーの実行に伴う継続的なメンテナンスの実行を回避できることです。 もちろん、カスタムドメインのメールサービスは通常有料ですが、Zohoは単一のカスタムドメインで最大10人のユーザーに無料のメールサービスを提供しています。

このチュートリアルでは、DigitalOceanのドメインネームサーバーによって管理されるカスタムドメインを使用してZohoMailを設定する方法を説明します。 また、メール設定を使用して、カスタムドメインを使用してアプリケーションからメールを送信する方法についても説明します。

前提条件

先に進む前に、メールドメインとして使用するドメイン名を所有している必要があります。 このガイドでは、DigitalOceanDNSを使用してドメインを管理していることも前提としています。

ドメインをまだ所有していない場合は、さまざまなドメインレジストラのいずれかからドメインを購入できます。 使用するドメインを取得したら、このガイドを使用して、DigitalOceanDNSでドメインを設定できます。

また、ドメインを、Webサーバーをホストするドロップレットなどのドロップレットの1つにポイントすることもできます。 このリンクは、その設定に役立ちます。

ドメインを作成し、それがDigitalOceanのDNSによって管理されると、次に進む準備が整います。

サインアップ

Zohoを使用する前に、ここで登録する必要があります:サインアップ。 外部のメールアドレス、またはGoogle Apps、FacebookなどのさまざまなOAuthオプションを使用して登録できます。

登録したら、サインインしていることを確認してから、引き続きメールサービスプランを選択してください。

プランを選択

サインインすると、Zohoのホームページに移動します。 ここから、メールリンクをクリックします。

Zoho home page

既存のドメインを追加するオプションが選択されていることを確認します。 次に、目的のプランを選択します。

Zoho plans

このチュートリアルでは、 Lite プランを選択します。このプランは無料で、最大10個のメールボックスを提供します。 10を超えるメールボックスが必要な場合、またはより多くのストレージが必要な場合は、価格プランの1つを自由に選択してください。

希望するプランを選択したら、メールサービスで使用するドメイン名を指定する必要があります。

Domain name

ドメイン名を入力したら、ドメインの追加ボタンをクリックします。

次に、ドメイン所有権の確認に進むリンクをクリックします。 この時点で、ドメインの所有権をZohoに確認する準備が整いました。

ドメインを確認する

Zohoは、ドメインの所有権を確認するための3つの異なる方法を提供します。 ドメインのDNSレコードに特定のCNAMEレコードを作成するCNAMEメソッドを使用します。

この時点で、Zohoサイトのドメイン設定画面が表示されます。これは次のようになります。

CNAME Info

CNAMEおよびDestinationアイテムをメモします。次のステップは、DigitalOceanDNSマネージャーでこれらの値に基づいてCNAMEレコードを作成することです。

別のブラウザタブまたはウィンドウで、DigitalOceanコントロールパネルネットワークセクションに移動します。 問題のドメインをクリックして、そのレコードを表示および編集します。

DigitalOcean DNS

次に、ページ上部の新しいレコードの作成セクションで、CNAMEレコードタイプを選択します。

Add CNAME Record

次に、Zohoが提供する CNAME zb14217849のようなもの)を EnterNameフィールドに貼り付けます。 Zohoから提供されたDestinationEnterHostname フィールドに貼り付け、その末尾にドットを追加します(つまり、 zmverify.zoho.com.)。 次に、青いレコードの作成ボタンをクリックします。

次に、Zoho ドメイン設定ページに戻り、下部にある確認ボタンをクリックします。

プロンプトで続行ボタンをクリックします。

Proceed

CNAMEレコードを正しく入力すると、次のメッセージが表示されます。

Success! Create Admin email account

ドメインの所有権を確認したら、DigitalOceanDNSマネージャーを介して作成したCNAMEレコードを削除できます。 レコードの右側にある赤いXをクリックし、確認プロンプトでOKボタンをクリックします。

管理者のメールアカウントに使用するユーザー名を入力し、アカウントの作成ボタンをクリックします。

ユーザーとグループを追加する

ユーザーの追加ページで、次へをクリックして、セットアップの次のステップに進みます。 これは、必要なユーザーが1人だけであるか、後で追加のメールユーザーを設定することを前提としています。 今すぐユーザーを追加したい場合は、代わりにユーザーの追加に進むリンクをクリックしてください。

次へをクリックして、同様の方法でグループページに進みます。 今すぐグループを追加したい場合は、代わりにグループの作成に進むリンクをクリックしてください。

MXレコードを追加する

次に、ZohoMXレコードをドメインのDNSレコードに追加する必要があります。

DigitalOcean DNS管理ページに戻り、目的のドメインが選択されていることを確認します。

新しいレコードの作成セクションで、MXレコードタイプを選択します。 次に、mx.zoho.com.(末尾にドットが付いている)を MAIL PROVIDER MAIL SERVER フィールドに入力し、10Priorityフィールドに入力します。 レコードの作成ボタンをクリックします。

MX Record

2番目のMXレコードを追加するには、前の手順に従いますが、 Enter Hostname フィールドにmx2.zoho.com.と入力し、 EnterPriorityフィールドに20と入力します。

次に、3番目のMXレコードmx3.zoho.com.を優先度`50で追加します。

これで、カスタムドメイン設定を使用したZohoメールが完成しました。 メールの移行を実行したり、モバイルアクセスを設定したりするために、Zohoが提供する残りの手順を自由に進めてください。

ZohoMailを使用してアプリケーションからメールを送信する

SMTP (Simple Mail Transfer Protocol)を使用して、新しいメール設定を使用してアプリケーションの1つからメールを送信する場合は、設定が非常に簡単です。

通常、この目的のために新しいメールユーザーを作成する必要があるため、ここで作成します。

アプリケーションのメールユーザーを作成する

管理者メールユーザーとしてログインしているWebブラウザーで、Zohoメールコントロールパネルに移動します。

ナビゲーションメニュー(左側)のユーザーの詳細をクリックし、ユーザーの追加(右側)をクリックします。

希望する名、姓、電子メールアドレス、およびパスワードを使用してユーザーを作成します。

Add user

この例では、次の詳細を使用します。

  • :アプリケーション
  • :メール
  • メールID:アプリケーション

メールIDが「application」で、ドメイン名が「 example.com 」の場合、メールアドレスは「application @example.com」になります。 アプリケーションでメール設定を構成するときに必要になるため、これらのユーザーの詳細(パスワードを含む)に注意してください。

アプリケーションのメール設定を構成する

アプリケーションのメール設定の実際の構成はソフトウェアによって異なりますが、動作する送信メールを設定するために必要な詳細は通常同じです。

このZohoセットアップでは、電子メールを送信するようにアプリケーションを構成するときに、次の詳細を指定する必要があります。 明らかに、詳細の一部は例とは異なるため、必要に応じて置き換えてください。

  • SMTPホストsmtp.zoho.com
  • SMTPポート465
  • SSL暗号化を使用:はい、SSL暗号化を使用します
  • SMTP認証:はい、SMTP認証を使用します
  • メールアドレスまたはユーザー名:前の手順で設定したメールアドレス。 この例では、メールアドレスは「application @example.com」です。
  • メール名:メールアドレスに関連付けられている名前。 この例では、電子メールの名前は「アプリケーションメール」です。
  • メールパスワード:アプリケーションメールアカウントの作成時に設定したパスワード

これらの設定を使用してアプリケーションを構成すると、アプリケーションはカスタムドメインの新しいユーザーを介してメールを送信できるようになります。

結論

これで、カスタムドメインを使用してメールを送受信できるようになります。作成した管理者メールユーザーとして、Zohoメールアプリでメールを送受信してテストしてください。 必要に応じて、メールユーザーとグループを追加する良い機会です。 メールアカウントにはZohoMail からアクセスでき、Zohoコントロールパネルからメール管理を行うことができます。

幸運を!