の意味

このチュートリアルでは、ユーザーが入力またはカスタマイズする必要のある行はになります。 残りはほとんどコピーアンドパスタブルである必要があります。

ownCloudについて

ownCloudは、DropboxやGoogleドライブに似たオープンソースのデータストレージソリューションです。 ソースコードを取得して、好きな場所にインストールできるため、データをより細かく制御できます。

この記事の執筆時点でのownCloudの最新バージョンは5.0.4であり、そのバージョンはこのチュートリアルでインストールされます。

VPSでのLAMPスタックのセットアップ

まず、ownCloud 5を実行するには、LAMP(Linux、Apache、MySQL、PHP)スタックが必要です。 インストールする前に、いくつかのシステムアップデートとアップグレードを実行する必要があります。

sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade

次に、次のコマンドを使用して実際のLAMPスタックをインストールします。

sudo apt-get install lamp-server^

パッケージ名の最後にある「^」文字に注意してください。LAMPスタックを正しくインストールするには、この文字を入力することが重要です。 セットアップにより、MySQLルートパスワードの入力を求められます。わかりやすく覚えやすいものを入力してください。

これで、VPS上に完全に機能するLAMPスタックができました。

MySQLとMySQLデータベースの設定

ownCloudはSQLiteを使用してデータを保存できますが、このチュートリアルでは、MySQLがSQLiteよりもはるかに高速であるため、ownCloudの内部データにMySQLデータベースを使用します。

次のように入力して、MySQLセキュアインストールを実行します。

sudo mysql_secure_installation

MySQLルートパスワードの入力を求められます。 LAMPスタックのインストール時に入力したパスワードを入力します。

ルートパスワードを変更するように求められます。いいえの場合は「n」と入力します。

匿名ユーザーを削除するように求められます。「はい」の場合は「y」と入力します。

リモートルートログインを禁止するように求められます。「はい」の場合は「y」と入力します。

テストデータベースを削除してアクセスするように求められます。「y」と入力して「はい」と入力します。

特権テーブルをリロードするように求められます。「はい」の場合は「y」と入力します。

これで、安全なMySQLがインストールされました。

ownCloudの前提条件のインストール

ownCloudを十分に活用する前に、ownCloudで使用される追加のライブラリをインストールする必要があります。 以下を実行します。

sudo apt-get install php5-gd php-xml-parser php5-intl smbclient curl libcurl3 php5-curl

Ubuntuは追加のライブラリをインストールし、ownCloudが機能するためのすべてのシステム要件を満たしました。

ownCloudは、セキュリティの目的でApache ‘の.htaccessファイル(.htaccess ここで詳細を確認できます)を使用します。 ただし、これらを使用するには、2つのApacheモジュールを有効にし、Apache構成を編集して.htaccessファイルを許可する必要があります。

次に、ownCloudが正常に機能するために必要なApache2モジュールであるmod_rewriteとmod_headersを有効にする必要があります。

上記の2つのモジュールは、URL書き換えルールに使用されます。つまり、Apache2が特定のWebサイトのURLを適切な方法で書き換えるのに役立ちます。 mod_headersモジュールは、HTTP要求および応答ヘッダーを制御するために使用されます。

mod_rewriteとmod_headersを有効にするには、次のように入力します。

sudo a2enmod rewrite
sudo a2enmod headers

さらに、ownCloudの書き換えルールが正しく機能するようにするには、Apache2の設定ファイルを変更する必要があります。 以下を実行します。

sudo nano /etc/apache2/sites-available/default

そこで、「 “セクションと以下を変更します。

AllowOverride None

AllowOverride All

Ctrl + X、Y、Enterの順に押して、変更を保存します。

次に、変更を有効にするためにApache2を再起動する必要があります。

sudo service apache2 restart

以上です。次のステップに進みます。

ownCloudソースファイルのダウンロードとownCloud5のインストール

次に、ownCloud 5のソースファイルをダウンロードして、対応するディレクトリに配置し、Webサーバーがリクエストを適切に処理できるようにする必要があります。

ownCloud 5.0.4ソースファイルをダウンロードするには、以下を実行します。

wget http://download.owncloud.org/community/owncloud-latest.tar.bz2

ownCloud5の最新バージョンをダウンロードします。 次に、アーカイブを抽出する必要があります。 以下を実行します。

tar -xjf owncloud-latest.tar.bz2

次に、ownCloudソースファイルを適切なディレクトリに移動する必要があります。 以下を実行します。

mv owncloud /var/www

ownCloudソースファイルを適切な場所に配置するのは良いことですが、ownCloudが正常に機能するように、いくつかのフォルダー権限を変更する必要があります。 以下を実行します。

cd /var/www
sudo chown -R www-data:www-data owncloud

MySQLデータベースの設定

これでほぼ完了です。インストールを開始する前に行うべきことは1つだけです。それは、適切なMySQLデータベースをセットアップすることです。

まず、次のコマンドを使用してMySQLにログインします。

mysql -u root -p

ルートパスワードの入力を求められます。LAMPスタックのインストール時に入力したパスワードを入力してください。

次に、次のコマンドを使用して新しいデータベースを作成します。

CREATE DATABASE owncloud;

次に、適切な権限を持つ新しいユーザーを新しいデータベースに割り当てます。

GRANT ALL ON owncloud.* TO 'owncloud'@'localhost' IDENTIFIED BY 'some_password';

「some_password」は、MySQLデータベースに必要な実際のパスワードに置き換えてください。

信じられないかもしれませんが、これで完了です。 「quit」と入力してMySQLインターフェースを終了し、ブラウザーで http://fqdn-of-your-droplet.tld/owncloud にアクセスして、ownCloud5のインストールにアクセスします。

必ず「fqdn-of-your-droplet.tld」をドロップレットの実際のFQDNに置き換えてください。

次に、インストールダイアログが開いたら、管理者アカウントの詳細を入力します。 次に、前の手順で設定したMySQLデータベースの詳細を入力し、[設定の完了]をクリックします。

チュートリアルの最後に到達しました。 新しいownCloud5のインストールをお楽しみください。