著者は、 Write forDOnationsプログラムの一環として寄付を受け取るためにWikimediaFoundationInc.を選択しました。

序章

Seafile は、オープンソースの自己ホスト型ファイル同期および共有プラットフォームです。 ユーザーは、唯一の制限としてストレージスペースを使用して、データを自分のサーバーに保存し、オプションで暗号化できます。 Seafileを使用すると、クロスプラットフォームの同期と、有効期限のあるファイルへのパスワードで保護されたリンクを使用して、ファイルとフォルダーを共有できます。 ファイルバージョン管理機能は、ユーザーが削除および変更されたファイルまたはフォルダーを復元できることを意味します。

このチュートリアルでは、Ubuntu18.04サーバーにSeafileをインストールして構成します。 MariaDBを使用してSeafileのさまざまなコンポーネントのデータを保存し、Apacheをプロキシサーバーとして使用してWebトラフィックを処理します。 このチュートリアルを完了すると、Webインターフェイスを使用してデスクトップまたはモバイルクライアントからSeafileにアクセスできるようになり、サーバー上の他のユーザーやグループ、または一般の人々とファイルを同期および共有できるようになります。

前提条件

このガイドを開始する前に、次のものが必要です。

  • このUbuntu18.04 の初期サーバーセットアップに従って、2GB以上のRAMをセットアップした1台のUbuntu 18.04サーバー(sudo非rootユーザーとファイアウォールを含む)。
  • Ubuntu 18.04にApacheWebサーバーをインストールする方法に従って、登録済みドメイン用に仮想ホストが構成されたApacheWebサーバー。
  • MariaDBデータベースサーバーがインストールおよび構成されています。 Ubuntu18.04チュートリアルにMariaDBをインストールする方法の手順に従います。
  • このUbuntu18.04チュートリアルでLet’sEncryptを使用してApacheを保護する方法に従ってサーバーにインストールされたSSL証明書。
  • 完全に登録されたドメイン名。 このチュートリアルでは、全体を通してyour_domainを使用します。
  • 次の両方のDNSレコードがサーバー用に設定されています。 それらを追加する方法の詳細については、この DigitalOceanDNSの紹介に従ってください。 your_domainがサーバーのパブリックIPアドレスを指しているAレコード。 サーバーのパブリックIPアドレスを指すwww.your_domainを含むAレコード。

ステップ1—Seafileコンポーネントのデータベースを作成する

Seafileが正しく機能するには、3つのコンポーネントが必要です。 これらの3つのコンポーネントは次のとおりです。

  • Seahub DjangoWebフレームワークを使用してPythonで記述されたSeafileのWebフロントエンド。 Seahubから、Webブラウザーを使用してファイルにアクセス、管理、および共有できます。
  • Seafileサーバー:rawファイルのアップロード、ダウンロード、および同期を管理するデータサービスデーモン。 サーバーと直接対話するのではなく、クライアントプログラムの1つまたはSeahubWebインターフェイスを使用します。
  • Ccnetサーバー:Seafileのさまざまなコンポーネント間の内部通信を可能にするRPCサービスデーモン。 たとえば、Seahubを使用すると、CcnetRPCサービスを使用してSeafileサーバーからデータにアクセスできます。

これらの各コンポーネントは、データを独自のデータベースに個別に保存します。 このステップでは、サーバーのセットアップに進む前に、3つのMariaDBデータベースと1つのユーザーを作成します。

まず、ユーザー名とIPアドレスを使用してSSHを使用してサーバーにログインします。

  1. ssh sammy@your_server_ip

管理者(ルート)としてMariaDBデータベースサーバーに接続します。

  1. sudo mariadb

MariaDBプロンプトで、次のSQLコマンドを使用してデータベースユーザーを作成します。

  1. CREATE USER 'sammy'@'localhost' IDENTIFIED BY 'password';

次に、次のデータベースを作成して、3つのSeafileコンポーネントのデータを保存します。

  • Ccnetサーバーの場合はccnetdb
  • SeahubWebフロントエンドのseahubdb
  • Seafileファイルサーバーの場合はseafiledb

MariaDBプロンプトで、データベースを作成します。

  1. CREATE DATABASE ccnetdb CHARACTER SET = 'utf8';
  2. CREATE DATABASE seafiledb CHARACTER SET = 'utf8';
  3. CREATE DATABASE seahubdb CHARACTER SET = 'utf8';

次に、Seafileデータベースユーザーにすべての権限を付与して、これらのデータベースにアクセスして変更を加えます。

  1. GRANT ALL PRIVILEGES ON ccnetdb.* to sammy@localhost;
  2. GRANT ALL PRIVILEGES ON seafiledb.* to sammy@localhost;
  3. GRANT ALL PRIVILEGES ON seahubdb.* to sammy@localhost;

exitと入力して、MariaDBプロンプトを終了します。

  1. exit

各Seafileコンポーネントのデータを格納するために必要なユーザーとデータベースを作成したので、Seafileサーバーパッケージの構成に必要な依存関係をインストールします。

ステップ2—依存関係のインストールとSeafileのダウンロード

Seafileの一部はPythonで記述されているため、動作するには追加のPythonモジュールとプログラムが必要です。 このステップでは、Seafileサーバーパッケージをダウンロードして抽出する前に、これらの必要な依存関係をインストールします。

まず、Pythonパッケージマネージャーであるpipsetuptoolsをインストールします。 対応するDebianパッケージは、それぞれpython3-pipおよびpython3-setuptoolsと呼ばれます。 aptを使用してインストールできます。

  1. sudo apt install -y python3-pip python3-setuptools

pipとsetuptoolsをインストールしたら、pip3コマンドを使用して、Python Package Index(PyPI)から追加の依存関係をインストールできます。

  1. pip3 install Pillow captcha django-simple-captcha

注:上記のpip3 installコマンドでsudoを使用する必要はありません。 これらのパッケージは、sammyユーザーのホームディレクトリの/home/sammy/.local/lib/python3.6/site-packagesの下にインストールされるため、root権限は必要ありません。

Seafileには、画像処理用のPythonライブラリであるPillowと、認証のキャプチャサポートを提供するためのcaptchaおよびdjango-simple-captchaが必要です。

必要な依存関係をインストールしたので、Seafileサーバーパッケージをダウンロードできます。

Seafileは、セットアップ中に追加のディレクトリを作成します。 それらをすべて整理しておくには、新しいディレクトリを作成して、次のように変更します。

  1. mkdir seafile
  2. cd seafile

次のコマンドを実行して、 WebサイトからSeafileサーバーの最新バージョン(この記事の執筆時点では7.1.4)をダウンロードできるようになりました。

  1. wget https://download.seadrive.org/seafile-server_7.1.4_x86-64.tar.gz

Seafileは、ダウンロードを圧縮されたtarアーカイブとして配布します。つまり、続行する前にダウンロードを抽出する必要があります。 tarを使用してアーカイブを抽出します。

  1. tar -zxvf seafile-server_7.1.4_x86-64.tar.gz

次に、抽出したディレクトリに移動します。

  1. cd seafile-server-7.1.4

この段階で、Seafileサーバーパッケージをダウンロードして抽出し、必要な依存関係もインストールしました。 これで、Seafileサーバーを構成する準備が整いました。

ステップ3—Seafileサーバーの構成

Seafileは、サービスを初めて開始する前に、セットアップに関するいくつかの情報を必要とします。 これには、ドメイン名やデータベース構成などの詳細が含まれます。 この情報を提供する一連の質問プロンプトを開始するには、前の手順で抽出したアーカイブに含まれているスクリプトsetup_seafile_mysql.shを実行できます。

bashを使用してスクリプトを実行します。

  1. bash setup-seafile-mysql.sh

ENTERを押して続行します。

スクリプトにより、一連の質問が表示されます。 デフォルトが記載されている場合は常に、ENTERキーを押すとその値が使用されます。

このチュートリアルでは、サーバー名としてSeafileを使用していますが、必要に応じて変更できます。

What is the name of the server?
It will be displayed on the client. 3 - 15 letters or digits
[ server name ] Seafile

次に、このSeafileインスタンスのドメイン名を入力します。

What is the ip or domain of the server?.
For example: www.mycompany.com, 192.168.1.101
[ This server's ip or domain ] your_domain

ファイルサーバーポートの場合は、ENTERを押してデフォルト値を受け入れます。

Which port do you want to use for the seafile fileserver?
[ default "8082" ]

次のプロンプトでは、データベース構成を確認できます。 新しいデータベースを作成することも、既存のデータベースを使用してセットアップすることもできます。 このチュートリアルでは、ステップ1で必要なデータベースを作成したので、ここでオプション2を選択します。

-------------------------------------------------------
Please choose a way to initialize seafile databases:
-------------------------------------------------------

[1] Create new ccnet/seafile/seahub databases
[2] Use existing ccnet/seafile/seahub databases

[ 1 or 2 ] 2

残りの質問は、MariaDBデータベースサーバーに関連しています。 手順1で作成したmariadbユーザーのユーザー名とパスワードのみを入力する必要があります。 ENTERを押して、hostおよびportのデフォルト値を受け入れます。

What is the host of mysql server?

[ default "localhost" ]

What is the port of mysql server?

[ default "3306" ]

Which mysql user to use for seafile?

[ mysql user for seafile ] sammy

What is the password for mysql user "seafile"?

[ password for seafile ] password

パスワードを入力した後、スクリプトはSeafileデータベースの名前を要求します。 このチュートリアルでは、ccnetdbseafiledb、およびseahubdbを使用します。 次に、スクリプトは、初期構成の要約を表示する前に、データベースへの接続が成功したかどうかを確認します。

Enter the existing database name for ccnet:
[ ccnet database ] ccnetdb

verifying user "sammy" access to database ccnetdb ...  done

Enter the existing database name for seafile:
[ seafile database ] seafiledb

verifying user "sammy" access to database seafiledb ...  done

Enter the existing database name for seahub:
[ seahub database ] seahubdb

verifying user "sammy" access to database seahubdb ...  done

---------------------------------
This is your configuration
---------------------------------

    server name:            Seafile
    server ip/domain:       your_domain

    seafile data dir:       /home/sammy/seafile/seafile-data
    fileserver port:        8082

    database:               use existing
    ccnet database:         ccnetdb
    seafile database:       seafiledb
    seahub database:        seahubdb
    database user:          sammy

--------------------------------
Press ENTER to continue, or Ctrl-C to abort
---------------------------------

ENTERを押して確認します。

Output
Generating ccnet configuration ... done Successly create configuration dir /home/sammy/seafile/ccnet. Generating seafile configuration ... done Generating seahub configuration ... ---------------------------------------- Now creating seahub database tables ... ---------------------------------------- creating seafile-server-latest symbolic link ... done ----------------------------------------------------------------- Your seafile server configuration has been finished successfully. ----------------------------------------------------------------- run seafile server: ./seafile.sh { start | stop | restart } run seahub server: ./seahub.sh { start <port> | stop | restart <port> } ----------------------------------------------------------------- If you are behind a firewall, remember to allow input/output of these tcp ports: ----------------------------------------------------------------- port of seafile fileserver: 8082 port of seahub: 8000 When problems occur, Refer to https://github.com/haiwen/seafile/wiki for information.

SeafileをApacheの背後で実行するため、ファイアウォールでポート8082および8000を開く必要はないため、出力のこの部分は無視してかまいません。

サーバーの初期構成が完了しました。 次のステップでは、Seafileサービスを開始する前にApacheWebサーバーを構成します。

ステップ4—ApacheWebサーバーの構成

このステップでは、すべてのリクエストをSeafileに転送するようにApacheWebサーバーを構成します。 この方法でApacheを使用すると、ポート番号なしでURLを使用し、SeafileへのHTTPS接続を有効にし、Apacheが提供するキャッシュ機能を利用してパフォーマンスを向上させることができます。

リクエストの転送を開始するには、Apache構成でproxy_httpモジュールを有効にする必要があります。 このモジュールは、HTTPおよびHTTPS要求をプロキシするための機能を提供します。 次のコマンドは、モジュールを有効にします。

  1. sudo a2enmod proxy_http

注: Apache rewriteおよびsslモジュールもこのセットアップに必要です。 前提条件のセクションにリストされている2番目のApacheチュートリアルで、Let’s Encryptを構成する一環として、これらのモジュールをすでに有効にしています。

次に、your_domainの仮想ホスト構成を更新して、リクエストをSeafileファイルサーバーとSeahubWebインターフェイスに転送します。

テキストエディタで構成ファイルを開きます。

  1. sudo nano /etc/apache2/sites-enabled/your_domain-le-ssl.conf

ServerAdminからSSLCertificateKeyFileまでの行は、前提条件の一部として設定した初期のApache andLet’sEncrypt構成の一部です。 Aliasで始まり、ProxyPassReverseディレクティブで終わる、強調表示されたコンテンツを追加します。

/etc/apache2/sites-enabled/your_domain-le-ssl.conf
<IfModule mod_ssl.c>
<VirtualHost *:443>
    ServerAdmin [email protected]
    ServerName your_domain
    ServerAlias www.your_domain
    DocumentRoot /var/www/your_domain
    ErrorLog ${APACHE_LOG_DIR}/error.log
    CustomLog ${APACHE_LOG_DIR}/access.log combined

SSLCertificateFile /etc/letsencrypt/live/your_domain/fullchain.pem
SSLCertificateKeyFile /etc/letsencrypt/live/your_domain/privkey.pem
Include /etc/letsencrypt/options-ssl-apache.conf

    Alias /media  /home/sammy/seafile/seafile-server-latest/seahub/media
    <Location /media>
        Require all granted
    </Location>

    # seafile fileserver
    ProxyPass /seafhttp http://127.0.0.1:8082
    ProxyPassReverse /seafhttp http://127.0.0.1:8082
    RewriteEngine On
    RewriteRule ^/seafhttp - [QSA,L]

    # seahub web interface
    SetEnvIf Authorization "(.*)" HTTP_AUTHORIZATION=$1
    ProxyPass / http://127.0.0.1:8000/
    ProxyPassReverse / http://127.0.0.1:8000/

</VirtualHost>
</IfModule>

Aliasディレクティブは、URLパスyour_domain/mediaをSeafileが使用するファイルシステムのローカルパスにマップします。 次のLocationディレクティブは、このディレクトリのコンテンツへのアクセスを有効にします。 ProxyPassおよびProxyPassReverseディレクティブにより、Apacheはこのホストのリバースプロキシとして機能し、/および/seafhttpへのリクエストをSeafileWebインターフェイスおよびファイルサーバーに転送します。ローカルホストポート8000および8082でそれぞれ実行されます。 RewriteRuleディレクティブは、すべての要求を変更せずに/seafhttpに渡し、それ以降のルール([QSA,L])の処理を停止します。

ファイルを保存して終了します。

仮想ホスト構成に構文エラーがあるかどうかをテストします。

  1. sudo apache2ctl configtest

Syntax OKと報告されている場合は、構成に問題はありません。 変更を有効にするには、Apacheを再起動します。

  1. sudo systemctl restart apache2

これで、SeafileファイルサーバーとSeahubのリバースプロキシとして機能するようにApacheを設定しました。 次に、サービスを開始する前に、Seafileの構成のURLを更新します。

ステップ5—Seafileの構成を更新してサービスを開始する

現在Apacheを使用してすべてのリクエストをSeafileにプロキシしているため、Seafileサービスを開始する前に、テキストエディタを使用してconfディレクトリにあるSeafileの構成ファイルのURLを更新する必要があります。

テキストエディタでccnet.confを開きます。

  1. nano /home/sammy/seafile/conf/ccnet.conf

ファイルのSERVICE_URL設定を変更して、ポート番号なしで新しいHTTPSURLを指すようにします。次に例を示します。

/home/sammy/seafile/conf/ccnet.confを更新します
SERVICE_URL = https://your_domain

コンテンツを追加したら、ファイルを保存して終了します。

次に、テキストエディタでseahub_settings.pyを開きます。

  1. nano /home/sammy/seafile/conf/seahub_settings.py

これで、ファイルにFILE_SERVER_ROOT設定を追加して、ファイルサーバーがファイルのアップロードとダウンロードをリッスンするパスを指定できます。

/home/sammy/seafile/conf/seahub_settings.pyを更新します
SECRET_KEY = "..."
FILE_SERVER_ROOT = 'https://your_domain/seafhttp'

seahub_settings.pyを保存して終了します。

これで、SeafileサービスとSeahubインターフェイスを開始できます。

  1. cd /home/sammy/seafile/seafile-server-7.1.4
  2. ./seafile.sh start
  3. ./seahub.sh start

Seahubサービスを開始するのはこれが初めてなので、管理者アカウントを作成するように求められます。 この管理者ユーザーの有効なメールアドレスとパスワードを入力してください。

Output
What is the email for the admin account? [ admin email ] [email protected]_domain What is the password for the admin account? [ admin password ] password-here Enter the password again: [ admin password again ] password-here ---------------------------------------- Successfully created seafile admin ---------------------------------------- Seahub is started Done.

Webブラウザでhttps://your_domainを開き、Seafile管理者の電子メールアドレスとパスワードを使用してログインします。

Login screen of the Seafile web interface

正常にログインすると、管理インターフェースにアクセスしたり、新しいユーザーを作成したりできます。

Webインターフェイスが正しく機能していることを確認したので、次の手順でシステムの起動時にこれらのサービスを自動的に開始できるようにします。

ステップ6—Seafileサーバーがシステム起動時に起動できるようにする

ファイルサーバーとWebインターフェイスが起動時に自動的に起動するようにするには、それぞれのsystemdサービスファイルを作成し、それらをアクティブ化できます。

Seafileファイルサーバー用のsystemdサービスファイルを作成します。

  1. sudo nano /etc/systemd/system/seafile.service

次のコンテンツをファイルに追加します。

/etc/systemd/system/seafile.serviceを作成します
[Unit]
Description=Seafile
After=network.target mariadb.service

[Service]
Type=forking
ExecStart=/home/sammy/seafile/seafile-server-latest/seafile.sh start
ExecStop=/home/sammy/seafile/seafile-server-latest/seafile.sh stop
User=sammy
Group=sammy

[Install]
WantedBy=multi-user.target

ここで、ExectStartおよびExecStopの行は、Seafileサービスを開始および停止するために実行されるコマンドを示しています。 このサービスは、sammyUserおよびGroupとして実行します。 After行は、ネットワークおよびMySQLサービスが開始された後にSeafileサービスが開始されることを指定します。

seafile.serviceを保存して終了します。

SeahubWebインターフェイス用のsystemdサービスファイルを作成します。

  1. sudo nano /etc/systemd/system/seahub.service

これはSeafileサービスに似ています。 唯一の違いは、WebインターフェイスがSeafileサービスの後に開始されることです。 このファイルに次のコンテンツを追加します。

/etc/systemd/system/seahub.serviceを作成します
[Unit]
Description=Seafile hub
After=network.target seafile.service

[Service]
Type=forking
ExecStart=/home/sammy/seafile/seafile-server-latest/seahub.sh start
ExecStop=/home/sammy/seafile/seafile-server-latest/seahub.sh stop
User=sammy
Group=sammy

[Install]
WantedBy=multi-user.target

seahub.serviceを保存して終了します。

systemdユニットファイルの詳細については、Systemdユニットとユニットファイルについてチュートリアルをご覧ください。

最後に、SeafileサービスとSeahubサービスの両方を起動時に自動的に開始できるようにするには、次のコマンドを実行します。

  1. sudo systemctl enable seafile.service
  2. sudo systemctl enable seahub.service

サーバーを再起動すると、Seafileが自動的に起動します。

この時点で、サーバーのセットアップが完了し、各サービスをテストできるようになりました。

ステップ7—ファイルの同期と共有機能のテスト

このステップでは、セットアップしたサーバーのファイル同期および共有機能をテストし、それらが正しく機能していることを確認します。 これを行うには、Seafileクライアントプログラムを別のコンピューターやモバイルデバイスにインストールする必要があります。

Seafile Webサイトのダウンロードページにアクセスし、指示に従って最新バージョンのプログラムをコンピューターにインストールします。 Seafileクライアントは、Linux(Ubuntu、Debian、Fedora、Centos / RHEL、Arch Linux)、MacOS、およびWindowsのさまざまなディストリビューションで利用できます。 モバイルクライアントは、それぞれのアプリストアからAndroidおよびiPhone/iPadデバイスで利用できます。

Seafileクライアントをインストールしたら、ファイルの同期および共有機能をテストできます。

コンピュータまたはデバイスでSeafileクライアントプログラムを開きます。 Seafileフォルダーのデフォルトの場所を受け入れて、次へをクリックします。

次のウィンドウで、サーバーアドレス、ユーザー名、パスワードを入力し、ログインをクリックします。

ホームページで、マイライブラリを右クリックし、このライブラリを同期をクリックします。 コンピューターまたはデバイス上の場所のデフォルト値を受け入れます。

Seafile client — Sync the default library

マイライブラリフォルダにドキュメントや写真などのファイルを追加します。 しばらくすると、ファイルがサーバーにアップロードされます。 次のスクリーンショットは、マイライブラリフォルダにコピーされたファイルphoto.jpgを示しています。

Add a file to the default library from the computer

次に、https://your_domainでWebインターフェイスにログインし、ファイルがサーバーに存在することを確認します。

My Library page to verify file sync

ファイルの横にある共有をクリックして、共有できるこのファイルのダウンロードリンクを生成します。

ファイル同期が正しく機能していること、およびSeafileを使用して複数のデバイスからファイルとフォルダーを同期および共有できることを確認しました。

結論

このチュートリアルでは、Seafileサーバーのプライベートインスタンスを設定します。 これで、サーバーを使用してファイルを同期し、ユーザーとグループを追加し、外部サービスに依存することなく、それらの間またはパブリックとファイルを共有できます。

サーバーの新しいリリースが利用可能になったら、アップグレードを実行する手順について、マニュアルのupgradeセクションを参照してください。