序章


お客様の多くは、他のVPSプロバイダーでの経験があります。 コマンドラインから操作する場合の経験はかなり馴染み深いものですが、管理インターフェイスはかなり異なる場合があります。

このガイドでは、DigitalOceanのインターフェイスをMediaTempleのメインコントロールパネルと比較します。 新しいコントロールパネルをナビゲートする方法と、MediaTempleを使用するときに慣れ親しんだ一般的な管理タスクを完了する方法について説明します。

メインインターフェース


MediaTemple


MediaTempleでは、アカウントの概要ページがVPS管理への最初のアクセスポイントになります。

MediaTemple Account Overview

これにより、VPSインスタンスがドメインごとに整理されます。 このインターフェイス内で、使用可能なドメイン(この画面のVPSサーバーに直接対応する)を確認できます。

MediaTemple Your Domains box

ドメイン名を使用してサーバーにSSHで接続できますが、IPアドレスを確認するには、同様のレイアウトの上部ナビゲーションバーから[ドメイン]ページに移動します。

MediaTemple Domains landing page

DigitalOcean


これら2つのページの機能は、Dropletsページと呼ばれるDigitalOceanのメインコントロールパネルのランディングページにあります。

DigitalOcean droplets page

ここから、1つの統合されたページからドロップレット(VPSインスタンスのDigitalOceanの名前)に関する重要な情報のほとんどを見ることができます。

インターフェイスには、インストールされているLinuxディストリビューションを示すアイコン、VPSを識別するために選択した名前、およびVPSへのアクセスに使用できるIPアドレスが含まれています。

DigitalOcean droplet example

さらに、現在の状態に関する情報と、ハードウェアおよび物理的な場所に関するいくつかの基本仕様を提供します。

個別のVPS制御


MediaTemple


単一のVPSインスタンスに関するより詳細なオプションと情報を取得するには、適切なドメイン名をクリックすると、コントロールパネルが表示されます。

MediaTemple VPS control panel

このインターフェースから、いくつかの選択肢があります。 主な管理タスクは、「サーバーガイド」の選択で行われます。

MediaTemple server guide selection

サーバーにニックネームを付けたり、Linuxディストリビューションに関する情報やアクセスの詳細を取得したりできます。 このインターフェースは、サーバーのIPおよびDNS情報の概要と、使用している課金プランも提供します。

個々のVPSコントロールパネルに戻り、[SSHアクセス]リンクをクリックしてサーバーのルートパスワードを調整できます。

「修理と診断」メニューでは、「Parallels Power Panel」にアクセスできます。これを使用して、Webインターフェイス内からサーバー上で簡単な管理タスクを実行できます。 これは、レポートにアクセスして一部のカスタマイズを元に戻す場所でもあります。

MediaTemple repair and diagnostics

このインターフェイスの他のオプションは自明であり、オペレーティングシステムを変更し、プランをアップグレードし、VPSを再起動する機能を提供します。

DigitalOcean


DigitalOceanの個々のVPS制御インターフェースは、ほとんど同じ機能へのアクセスを提供します。

DigitalOcean droplets landing page

ご覧のとおり、MediaTempleの「サーバーガイド」ページから入手できる基本情報のほとんどは、個々のドロップレットページの上部にあります。 この情報は、メインページからも入手できました。

MediaTempleのコントロールパネルのオプションには、このページの上部にあるタブからアクセスできます。

DigitalOcean navigation tabs

これは、各タブにあるものの概要です。

  • 電源:電源をオフにしてドロップレットを再起動します

  • アクセス:rootパスワードとコンソールアクセスをリセットします

    • 「コンソールアクセス」オプションを使用すると、Webブラウザ内からVPSにアクセスできます。

DigitalOcean console access

  • サイズ変更:VPSサイズを変更し、ハードウェア仕様を調整します。

  • スナップショット:システムのスナップショットを作成するか、以前に作成したスナップショットから復元します。

  • バックアップ:バックアップを構成するか、自動バックアップから復元します。

  • 設定:パブリックおよびプライベートネットワーク情報を取得し、VPSカーネルを変更して、ドロップレットの名前を変更します。

  • グラフ:さまざまな期間における帯域幅、ディスク、およびCPUのドロップレットの使用状況グラフ。

DigitalOcean usage graphs

  • 破棄:ドロップレットを最初から削除または再構築します。

新しいVPSインスタンスの作成


MediaTemple


VPSインスタンスの管理に関連する最も一般的なタスクの1つは、新しいサーバーの展開です。

別のVPSインスタンスを作成するために、MediaTempleはドメインの概念を使用して個々のサーバーを参照します。

メインドメインページで、[新しいドメインの追加]をクリックして購入オプションを取得できます。

MediaTemple add new domain

ホスティングを追加できるページが表示されます。

MediaTemple add hosting

「DV開発者」オプションをクリックすると、新しいVPSの構成を選択する機会が得られます。

MediaTemple hosting options

購入を確認し、まもなく新しいVPSを利用できるようになります。

DigitalOcean


DigitalOceanのVPS作成メカニズムは非常にシンプルです。 コントロールパネル内の任意のページから、[作成]ボタンをクリックできます。

DigitalOcean create droplet button

ホスト名、VPSのサイズ、および展開先のリージョンを選択できるページが表示されます。

Digitalocean droplet creation top half

ページを下にスクロールすると、VPSのベースとなる画像にアクセスできます。 これらは、クリーンなLinuxディストリビューション、事前構成されたアプリケーションイメージ、バックアップ、および作成したスナップショットである可能性があります。

DigitalOceanにアップロードした場合は、SSH公開鍵を埋め込んだり、プライベートネットワークなどのオプションを選択したりすることもできます。

DigitalOcean droplet creation bottom half

「液滴の作成」をクリックすると、液滴が作成されます。

その他の管理


両方のインターフェイスで使用できる他のオプションがいくつかあります。 DigitalOceanがどのように機能するかを探り、新しいインターフェイス内のどこに行くべきかを理解します。

画像を管理するには、左側のナビゲーションバーにある[画像]リンクをクリックします。 ここでは、画像を破棄したり、名前を変更したり、他の地域に転送したりするオプションがあります。

DigitalOcean images tab

SSHキーを管理するには、「SSHキー」リンクをクリックします。 このページ内から、新しいSSHキーを追加したり、使用可能なキーを編集したりできます。

DigitalOcean SSH Keys

請求情報は、適切な名前の請求リンク内で入手できます。

DigitalOcean billing landing page

このページから、[今月の使用量と料金の明細PDFの料金を表示する]をクリックできます。

DigitalOcean itemized bill

「ネットワーク」リンクをクリックすると、DNS情報を構成できます。 これにより、ドメインを追加し、正しい解決のためにさまざまなレコードを構成できます。

DigitalOcean DNS configuration

また、「サポート」を使用してサポートチケットを開いて追跡したり、「API」リンクを使用してAPIキーにアクセスしたりするためのリンクもあります。

下部にある歯車のアイコンを使用すると、メールアドレス、連絡先情報、請求の詳細などの個人アカウント設定を構成できます。

DigitalOcean gear icon

結論


これで、新しいDigitalOceanコントロールパネルから基本的な管理タスクを完了する方法についての良いアイデアが得られたはずです。 ほとんどのオプションはMediaTemple製品に似ていますが、異なるエリアに配置されている場合があります。

DigitalOceanは、一貫性があり、ナビゲートしやすいインターフェイスの作成に努めています。 一部の機能が見つからない場合は、こちらのドキュメントを検索してください。

それでも質問がある場合は、コントロールパネル内でサポートチケットを開きます。

ジャスティン・エリングウッド