著者は、 Write for DOnations プログラムの一環として、 Girls WhoCodeを選択して寄付を受け取りました。

序章

Docker は、本番環境でWebアプリケーションを実行するための効率的な方法ですが、同じDockerホストで複数のアプリケーションを実行したい場合があります。 この状況では、リバースプロキシを設定する必要があります。 これは、ポートのみを公開する必要があるためです 80443 世界の残りの部分に。

Traefik は、監視ダッシュボードを含むDocker対応のリバースプロキシです。 Traefik v1はしばらくの間広く使用されており、この以前のチュートリアルに従ってTraefik v1 をインストールできます)。 ただし、このチュートリアルでは、Traefik v2をインストールして構成します。これには、かなりの違いが含まれています。

Traefik v1とv2の最大の違いは、フロントエンドバックエンドが削除され、それらを組み合わせた機能がルーターミドルウェア、およびサービス。 以前は、バックエンドがリクエストに変更を加え、そのリクエストを処理することになっているものにそのリクエストを取得するという仕事をしていました。 Traefik v2は、サービスに送信する前に要求を変更できるミドルウェアを導入することにより、関心の分離を強化します。 ミドルウェアを使用すると、さまざまなルートで使用される可能性のある単一の変更ステップを簡単に指定して、それらを再利用できるようになります(HTTP基本認証など。これについては後で説明します)。 ルーターは、さまざまなミドルウェアを使用することもできます。

このチュートリアルでは、リクエストを2つの異なるWebアプリケーションコンテナ(WordPressコンテナとAdminerコンテナ)にルーティングするようにTraefik v2を構成し、それぞれがMySQLと通信します。データベース。 Let’s Encrypt を使用して、HTTPS経由ですべてを提供するようにTraefikを構成します。

前提条件

このチュートリアルを完了するには、次のものが必要です。

ステップ1—Traefikの構成と実行

Traefikプロジェクトには公式Dockerイメージがあるため、これを使用してDockerコンテナーでTraefikを実行します。

ただし、Traefikコンテナを起動して実行する前に、構成ファイルを作成し、暗号化されたパスワードを設定して、監視ダッシュボードにアクセスできるようにする必要があります。

を使用します htpasswd この暗号化されたパスワードを作成するユーティリティ。 まず、に含まれているユーティリティをインストールします apache2-utils パッケージ:

  1. sudo apt-get install apache2-utils

次に、でパスワードを生成します htpasswd. 代わりの secure_password Traefik管理者ユーザーに使用するパスワードを使用して:

  1. htpasswd -nb admin secure_password

プログラムからの出力は次のようになります。

Output
admin:$apr1$ruca84Hq$mbjdMZBAG.KWn7vfN/SNK/

Traefik構成ファイルでこの出力を使用して、Traefikヘルスチェックおよび監視ダッシュボードのHTTP基本認証を設定します。 後で貼り付けることができるように、出力行全体をコピーします。

Traefikサーバーを構成するには、次の2つの新しい構成ファイルを作成します。 traefik.tomltraefik_dynamic.toml TOML形式を使用します。 TOML は、INIファイルに似た構成言語ですが、標準化されています。 これらのファイルを使用すると、Traefikサーバーとさまざまな統合を構成できます、または providers、使用したいこと。 このチュートリアルでは、Traefikで利用可能な3つのプロバイダーを使用します。 api, docker、 と acme. これらの最後、 acme、Let’sEncryptを使用したTLS証明書をサポートします。

作成して開く traefik.toml を使用して nano またはお好みのテキストエディタ:

  1. nano traefik.toml

まず、Traefikがリッスンするポートを指定します。 entryPoints 設定ファイルのセクション。 ポートで聞きたいので2つ欲しい 80443. これらを呼びましょう web (ポート 80) と websecure (ポート 443).

次の構成を追加します。

traefik.toml
[entryPoints]
  [entryPoints.web]
    address = ":80"
    [entryPoints.web.http.redirections.entryPoint]
      to = "websecure"
      scheme = "https"

  [entryPoints.websecure]
    address = ":443"

また、TLSを介して処理されるトラフィックを自動的にリダイレクトしていることに注意してください。

次に、Traefikを構成します api、APIとダッシュボードインターフェースの両方にアクセスできます。 の見出し [api] ダッシュボードはデフォルトで有効になっているため、必要なのはこれだけですが、当面は明示的になります。

次のコードを追加します。

traefik.toml
...
[api]
  dashboard = true

Webリクエストの保護を完了するには、Let’sEncryptを使用して有効なTLS証明書を生成します。 Traefik v2は、Let’s Encryptをすぐにサポートし、タイプの証明書リゾルバーを作成することで構成できます。 acme.

名前を使用して証明書リゾルバーを構成しましょう lets-encrypt:

traefik.toml
...
[certificatesResolvers.lets-encrypt.acme]
  email = "[email protected]_domain"
  storage = "acme.json"
  [certificatesResolvers.lets-encrypt.acme.tlsChallenge]

このセクションは acme ACME は、Let’sEncryptと通信して証明書を管理するために使用されるプロトコルの名前であるためです。 Let’s Encryptサービスでは、有効な電子メールアドレスで登録する必要があるため、Traefikにホストの証明書を生成させるには、 email あなたのメールアドレスへの鍵。 次に、Let’sEncryptから受け取る情報をと呼ばれるJSONファイルに保存することを指定します。 acme.json.

The acme.tlsChallenge セクションでは、Let’sEncryptが証明書を検証する方法を指定できます。 ポート経由のチャレンジの一部としてファイルを提供するように構成しています 443.

最後に、Dockerと連携するようにTraefikを構成する必要があります。

次の構成を追加します。

traefik.toml
...
[providers.docker]
  watch = true
  network = "web"

The docker プロバイダーにより、TraefikはDockerコンテナーの前でプロキシとして機能できます。 プロバイダーを次のように構成しました watch 上の新しいコンテナの場合 web すぐに作成するネットワーク。

最終的な構成では、 file プロバイダー。 Traefik v2では、静的構成と動的構成を混在させて一致させることはできません。 これを回避するには、 traefik.toml 静的構成を定義してから、動的構成を別のファイルに保持します。このファイルを呼び出します。 traefik_dynamic.toml. ここでは、 file 別のファイルから動的構成で読み取る必要があることをTraefikに通知するプロバイダー。

以下を追加します file プロバイダー:

traefik.toml
  1. [providers.file]
  2. filename = "traefik_dynamic.toml"

完成しました traefik.toml 次のようになります。

traefik.toml
[entryPoints]
  [entryPoints.web]
    address = ":80"
    [entryPoints.web.http.redirections.entryPoint]
      to = "websecure"
      scheme = "https"

  [entryPoints.websecure]
    address = ":443"

[api]
  dashboard = true

[certificatesResolvers.lets-encrypt.acme]
  email = "[email protected]_domain"
  storage = "acme.json"
  [certificatesResolvers.lets-encrypt.acme.tlsChallenge]

[providers.docker]
  watch = true
  network = "web"

[providers.file]
  filename = "traefik_dynamic.toml"

ファイルを保存して閉じます。

では、作成しましょう traefik_dynamic.toml.

独自のファイルに保持する必要のある動的構成値は、ミドルウェアルーターです。 ダッシュボードをパスワードの背後に配置するには、APIのルーターをカスタマイズし、HTTP基本認証を処理するようにミドルウェアを構成する必要があります。 ミドルウェアを設定することから始めましょう。

ミドルウェアはプロトコルごとに構成され、HTTPを使用しているため、ミドルウェアを http.middlewares. 次に、後で参照できるようにミドルウェアの名前を示し、次にミドルウェアのタイプを示します。 basicAuth この場合。 ミドルウェアと呼びましょう simpleAuth.

と呼ばれる新しいファイルを作成して開きます traefik_dynamic.toml:

  1. nano traefik_dynamic.toml

次のコードを追加します。 ここに、からの出力を貼り付けます htpasswd 指図:

traefik_dynamic.toml
[http.middlewares.simpleAuth.basicAuth]
  users = [
    "admin:$apr1$ruca84Hq$mbjdMZBAG.KWn7vfN/SNK/"
  ]

API用にルーターを構成するには、プロトコル名からチェーンオフしますが、使用する代わりに http.middlewares、使用します http.routers ルーターの名前が続きます。 この場合、 api を使用して構成できる独自の名前付きルーターを提供します [http.routers.api] セクション。 ダッシュボードで使用する予定のドメインを構成するには、 rule ホストマッチを使用するキー、使用するエントリポイント websecure、および含めるミドルウェア simpleAuth.

次の構成を追加します。

traefik_dynamic.toml
...
[http.routers.api]
  rule = "Host(`monitor.your_domain`)"
  entrypoints = ["websecure"]
  middlewares = ["simpleAuth"]
  service = "[email protected]"
  [http.routers.api.tls]
    certResolver = "lets-encrypt"

The web エントリポイントはポートを処理します 80websecure エントリポイントはポートを使用します 443 TLS/SSLの場合。 ポート上のすべてのトラフィックを自動的にリダイレクトします 80websecure すべての要求に対して安全な接続を強制するためのエントリポイント。

ここの最後の3行は、 service を構成し、tlsを有効にして、構成することに注意してください。 certResolver"lets-encrypt". サービスは、リクエストが最終的に処理される場所を決定するための最終ステップです。 The [email protected] serviceは、公開するAPIの背後にある組み込みサービスです。 ルーターやミドルウェアと同様に、このファイルでサービスを構成できますが、目的の結果を得るために構成する必要はありません。

完成しました traefik_dynamic.toml ファイルは次のようになります。

traefik_dynamic.toml
[http.middlewares.simpleAuth.basicAuth]
  users = [
    "admin:$apr1$ruca84Hq$mbjdMZBAG.KWn7vfN/SNK/"
  ]

[http.routers.api]
  rule = "Host(`monitor.your_domain`)"
  entrypoints = ["websecure"]
  middlewares = ["simpleAuth"]
  service = "[email protected]"
  [http.routers.api.tls]
    certResolver = "lets-encrypt"

ファイルを保存して、エディターを終了します。

これらの構成が整ったら、Traefikを起動します。

ステップ2–Traefikコンテナを実行する

このステップでは、プロキシがコンテナと共有するためのDockerネットワークを作成します。 次に、Traefikダッシュボードにアクセスします。 Dockerネットワークは、DockerComposeを使用して実行されるアプリケーションで使用できるようにするために必要です。

と呼ばれる新しいDockerネットワークを作成します web:

  1. docker network create web

Traefikコンテナが起動したら、このネットワークに追加します。 次に、後でTraefikがプロキシするために、このネットワークにコンテナを追加できます。

次に、Let’sEncrypt情報を保持する空のファイルを作成します。 これをコンテナに共有して、Traefikが使用できるようにします。

  1. touch acme.json

Traefikは、コンテナ内のrootユーザーがこのファイルへの一意の読み取りおよび書き込みアクセス権を持っている場合にのみ、このファイルを使用できます。 これを行うには、上の権限をロックダウンします acme.json ファイルの所有者のみが読み取りおよび書き込み権限を持つようにします。

  1. chmod 600 acme.json

ファイルがDockerに渡されると、所有者はコンテナ内のrootユーザーに自動的に変更されます。

最後に、次のコマンドを使用してTraefikコンテナを作成します。

  1. docker run -d \
  2. -v /var/run/docker.sock:/var/run/docker.sock \
  3. -v $PWD/traefik.toml:/traefik.toml \
  4. -v $PWD/traefik_dynamic.toml:/traefik_dynamic.toml \
  5. -v $PWD/acme.json:/acme.json \
  6. -p 80:80 \
  7. -p 443:443 \
  8. --network web \
  9. --name traefik \
  10. traefik:v2.2

このコマンドは少し長いです。 分解してみましょう。

あなたは -d コンテナをデーモンとしてバックグラウンドで実行するためのフラグ。 次に、 docker.sock Traefikプロセスがコンテナーへの変更をリッスンできるように、コンテナーにファイルします。 あなたも共有します traefik.tomltraefik_dynamic.toml 構成ファイルをコンテナに入れるだけでなく、 acme.json.

次に、ポートをマップします :80:443 DockerホストをTraefikコンテナ内の同じポートに接続して、TraefikがサーバーへのすべてのHTTPおよびHTTPSトラフィックを受信できるようにします。

コンテナのネットワークを次のように設定します web、そしてあなたはコンテナに名前を付けます traefik.

最後に、 traefik:v2.2 このチュートリアルが書かれているものとは完全に異なるバージョンを実行していないことを保証できるように、このコンテナのイメージ。

DockerイメージのENTRYPOINTは、イメージからコンテナーが作成されるときに常に実行されるコマンドです。 この場合、コマンドは traefik コンテナ内のバイナリ。 コンテナを起動するときにそのコマンドに追加の引数を渡すことができますが、ですべての設定を構成しました traefik.toml ファイル。

コンテナが起動すると、コンテナの状態を確認するためにアクセスできるダッシュボードができました。 このダッシュボードを使用して、Traefikが登録したルーター、サービス、およびミドルウェアを視覚化することもできます。 ブラウザで次の位置に移動すると、監視ダッシュボードにアクセスできます。 https://monitor.your_domain/dashboard/ (末尾 / 必要とされている)。

ユーザー名とパスワードの入力を求められます。これらはadminであり、手順1で構成したパスワードです。

ログインすると、Traefikインターフェースが表示されます。

すでにいくつかのルーターとサービスが登録されていることに気付くでしょうが、それらはTraefikとAPI用に作成したルーター構成に付属しているものです。

これでTraefikプロキシが実行され、Dockerと連携して他のコンテナーを監視するように構成されました。 次のステップでは、Traefikがプロキシするためのいくつかのコンテナを開始します。

ステップ3—コンテナをTraefikに登録する

Traefikコンテナを実行すると、その背後でアプリケーションを実行する準備が整います。 Traefikの背後にある次のコンテナを起動しましょう。

  1. 公式WordPress画像を使用したブログ。
  2. 公式管理者イメージを使用するデータベース管理サーバー。

Docker Composeを使用して、これらのアプリケーションの両方を管理します。 docker-compose.yml ファイル。

を作成して開きます docker-compose.yml エディター内のファイル:

  1. nano docker-compose.yml

次の行をファイルに追加して、使用するバージョンとネットワークを指定します。

docker-compose.yml
version: "3"

networks:
  web:
    external: true
  internal:
    external: false

DockerComposeバージョンを使用します 3 これは、作成ファイル形式の最新のメジャーバージョンだからです。

Traefikがアプリケーションを認識するためには、それらが同じネットワークの一部である必要があります。ネットワークを手動で作成したため、次のネットワーク名を指定してネットワークをプルします。 web と設定 externaltrue. 次に、別のネットワークを定義して、公開されたコンテナを、Traefikを介して公開しないデータベースコンテナに接続できるようにします。 このネットワークを呼び出します internal.

次に、それぞれを定義します services、 一つずつ。 から始めましょう blog コンテナ。公式のWordPressイメージに基づいています。 この構成をファイルの最後に追加します。

docker-compose.yml
...

services:
  blog:
    image: wordpress:4.9.8-apache
    environment:
      WORDPRESS_DB_PASSWORD:
    labels:
      - traefik.http.routers.blog.rule=Host(`blog.your_domain`)
      - traefik.http.routers.blog.tls=true
      - traefik.http.routers.blog.tls.certresolver=lets-encrypt
      - traefik.port=80
    networks:
      - internal
      - web
    depends_on:
      - mysql

The environment キーを使用すると、コンテナ内に設定される環境変数を指定できます。 の値を設定しないことによって WORDPRESS_DB_PASSWORD、Docker Composeに、シェルから値を取得し、コンテナーを作成するときにそれを渡すように指示しています。 コンテナを起動する前に、シェルでこの環境変数を定義します。 このようにして、パスワードを構成ファイルにハードコーディングする必要はありません。

The labels セクションでは、Traefikの構成値を指定します。 Dockerラベルはそれ自体では何もしませんが、Traefikはこれらを読み取るため、コンテナーの処理方法を認識しています。 これらの各ラベルの機能は次のとおりです。

  • traefik.http.routers.adminer.rule=Host(``` blog.your_domain ```) コンテナの新しいrouterを作成し、リクエストがこのコンテナに一致するかどうかを判断するために使用されるルーティングルールを指定します。
  • traefik.routers.custom_name.tls=true このルーターがTLSを使用する必要があることを指定します。
  • traefik.routers.custom_name.tls.certResolver=lets-encrypt 以前に作成した証明書リゾルバーが lets-encrypt このルートの証明書を取得するために使用する必要があります。
  • traefik.port Traefikがトラフィックをこのコンテナにルーティングするために使用する公開ポートを指定します。

この構成では、ポートでDockerホストに送信されるすべてのトラフィック 80 また 443 のドメインで blog.your_domain にルーティングされます blog 容器。

このコンテナを2つの異なるネットワークに割り当てて、Traefikが web ネットワークとそれはを介してデータベースコンテナと通信することができます internal 通信網。

最後に、 depends_on keyは、依存関係が実行された後にこのコンテナーを開始する必要があることをDockerComposeに通知します。 WordPressを実行するにはデータベースが必要なので、 mysql 開始する前にコンテナ blog 容器。

次に、MySQLサービスを構成します。

docker-compose.yml
services:
...
  mysql:
    image: mysql:5.7
    environment:
      MYSQL_ROOT_PASSWORD:
    networks:
      - internal
    labels:
      - traefik.enable=false

このコンテナには、公式のMySQL5.7イメージを使用しています。 もう一度使用していることに気付くでしょう environment 値のないアイテム。 The MYSQL_ROOT_PASSWORDWORDPRESS_DB_PASSWORD WordPressコンテナがMySQLと通信できるようにするには、変数を同じ値に設定する必要があります。 あなたは公開したくない mysql コンテナをTraefikまたは外の世界に割り当てるため、このコンテナをに割り当てるだけです。 internal 通信網。 TraefikはDockerソケットにアクセスできるため、プロセスは引き続きルーターを公開します。 mysql デフォルトではコンテナなので、ラベルを追加します traefik.enable=false Traefikがこのコンテナを公開しないように指定します。

最後に、Adminerコンテナを定義します。

docker-compose.yml
services:
...
  adminer:
    image: adminer:4.6.3-standalone
    labels:
      - traefik.http.routers.adminer.rule=Host(`db-admin.your_domain`)
      - traefik.http.routers.adminer.tls=true
      - traefik.http.routers.adminer.tls.certresolver=lets-encrypt
      - traefik.port=8080
    networks:
      - internal
      - web
    depends_on:
      - mysql

このコンテナは、公式のAdminerイメージに基づいています。 The networkdepends_on このコンテナの構成は、使用しているものと完全に一致します。 blog 容器。

この線 traefik.http.routers.adminer.rule=Host(``` db-admin.your_domain ```) 要求されたホストを調べるようにTraefikに指示します。 のパターンと一致する場合 db-admin.your_domain、Traefikはトラフィックをにルーティングします adminer ポート上のコンテナ 8080.

完成しました docker-compose.yml ファイルは次のようになります。

docker-compose.yml
version: "3"

networks:
  web:
    external: true
  internal:
    external: false

services:
  blog:
    image: wordpress:4.9.8-apache
    environment:
      WORDPRESS_DB_PASSWORD:
    labels:
      - traefik.http.routers.blog.rule=Host(`blog.your_domain`)
      - traefik.http.routers.blog.tls=true
      - traefik.http.routers.blog.tls.certresolver=lets-encrypt
      - traefik.port=80
    networks:
      - internal
      - web
    depends_on:
      - mysql

  mysql:
    image: mysql:5.7
    environment:
      MYSQL_ROOT_PASSWORD:
    networks:
      - internal
    labels:
      - traefik.enable=false

  adminer:
    image: adminer:4.6.3-standalone
    labels:
    labels:
      - traefik.http.routers.adminer.rule=Host(`db-admin.your_domain`)
      - traefik.http.routers.adminer.tls=true
      - traefik.http.routers.adminer.tls.certresolver=lets-encrypt
      - traefik.port=8080
    networks:
      - internal
      - web
    depends_on:
      - mysql

ファイルを保存して、テキストエディタを終了します。

次に、シェルに値を設定します WORDPRESS_DB_PASSWORDMYSQL_ROOT_PASSWORD 変数:

  1. export WORDPRESS_DB_PASSWORD=secure_database_password
  2. export MYSQL_ROOT_PASSWORD=secure_database_password

代わりの secure_database_password ご希望のデータベースパスワードを使用してください。 両方に同じパスワードを使用することを忘れないでください WORDPRESS_DB_PASSWORDMYSQL_ROOT_PASSWORD.

これらの変数を設定して、を使用してコンテナを実行します docker-compose:

  1. docker-compose up -d

次に、Traefik管理ダッシュボードが表示されているのを確認します。

ルーターセクションを調べると、次のルーターが見つかります。 adminerblog TLSで構成:

案内する blog.your_domain、置換 your_domain あなたのドメインで。 TLS接続にリダイレクトされ、WordPressのセットアップを完了することができます。

次に、にアクセスしてAdminerにアクセスします db-admin.your_domain あなたのブラウザで、再び置き換えます your_domain あなたのドメインで。 The mysql コンテナは外界にさらされていませんが、 adminer コンテナは、 internal を使用して共有するDockerネットワーク mysql ホスト名としてのコンテナ名。

管理者ログイン画面で、次のように入力します。 root ユーザー名には、次のように入力します mysql Server の場合、設定した値を入力します MYSQL_ROOT_PASSWORD パスワードの場合。 データベースは空のままにします。 次に、ログインを押します。

ログインすると、Adminerユーザーインターフェイスが表示されます。

現在、両方のサイトが機能しており、次の場所でダッシュボードを使用できます。 monitor.your_domain アプリケーションを監視します。

結論

このチュートリアルでは、Dockerコンテナー内の他のアプリケーションにリクエストをプロキシするようにTraefikv2を構成しました。

アプリケーションコンテナレベルでのTraefikの宣言型構成により、より多くのサービスを簡単に構成でき、再起動する必要はありません。 traefik Traefikは監視しているDockerソケットファイルを介して変更にすぐに気付くため、プロキシトラフィックに新しいアプリケーションを追加するときのコンテナ。

Traefik v2でできることの詳細については、公式のTraefikドキュメントにアクセスしてください。